映画 『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』所沢上映会のご案内


映画 『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』
所沢上映会

貧困援助がビッグ・ビジネスに?
あなたの”善意”が、誰かを傷つけているかもしれない

 

「貧しい気の毒な人たちのために手を差し伸べよう」
「彼らは無力で何もできない」

そんなイメージを謳い、繰り広げられてきた営利目的の途上国開発は、今や数十億ドルに及ぶ巨大産業となっている。その多くの援助活動が失敗に終わり、援助の受け手がもともと持っている能力やパワーも損ないさえする。
私たちの「支援」がもたらす問題は?正しい支援のあり方とは?途上国とどう向き合うべきなのか?
ハイチやアフリカを主な舞台に、“支援される側”の人たちの生の声を伝えるドキュメンタリー。

 

営利目的の途上国開発業者や巨大なNGOなどにより、数十億ドルにも及ぶ「貧困産業」が生まれ、そのなかで先進国は途上国開発の指導者として地位を獲得してきた。慈善活動のビジネス化が歴史上これほどまでに発展を遂げたことはない。
しかし、「気の毒な人々を何とかしなければ」「彼らは無力で何もできない」といったイメージを先進国側の人々に植え付けるプロモーションや、一方的な押し付けで受け手側の自活力を損なうような援助のやり方に、反対の声をあげる途上国側のリーダーは増えている。
本作『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』(原題:POVERTY, INC.)は、靴を一足購入するごとに途上国に一足贈るトムスシューズや、途上国発の太陽光パネルベンチャー企業、国際養子縁組やアメリカの農業補助金などについて取り上げながら、私たちに、支援のあり方について問いかける。20ヶ国で200人以上に行なったインタビューは、もはや無視することができない、“寄付の不都合な真実”を浮き彫りにする。
配給ユナイテッドピープル 時間91 分

 

映画『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』予告編

 

所沢ノードで開催するミニシアターに来てみませんか?

私たちCSR研究会は所沢を中心に埼玉西部地区の発展と、この地区のエシカル度を上げる活動をしています。
「エシカル」ってなんだよ?と思われる方も多いかと思います。
直訳すると倫理的とか道徳的とか言われています。真面目で硬いかもしれません。

 

それでは何をしたらいいの?

私たちの普段の生活の中で、食べたり、着たり、使ったりするものを環境に配慮したものにしてゆく
例えば、フェアトレードされた商品を買う、オーガニック野菜等を買う、リサイクルやリユース商品を選ぶ等です。
はじめてのエシカルのキーワードは「お互いさま」「おかげさま」「もったいない」です。
そうなんです昔からあった言葉です。

そんな「CSR研究会」が始めたのが「エシカルシアター」です。
身近な社会課題から、世界の社会課題解決の提案を、ユナイテッドピープル配給の映画で感じていただきます。
是非この機会にこの貴重な映画をご鑑賞ください。

 

上映会詳細


映画 『ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~』所沢上映会
開催日時 :2018 年1月31 日(木)18:30~20:30
開催場所:所沢ノード(所沢市日吉町4-2所沢サンプラザ3F )
主催:エシカルシアター実行委員会/CSR研究会
共催:所沢なび
参加費:事前申し込み500円、当日800円(フェアトレードコーヒー付)
定員:20名
映画の詳細は下記のユナイテッドピープルホームページをご覧ください。

会場 所沢ノード▽

 

お申し込みは氏名・ 所属・電話番号を E-Mail/TELでお知らせください
E-Mail: oshima@ca2.so-net.ne.jp(大島) TEL:090-1104-3611
いただきました個人情報は、本上映会関連のご連絡以外には使用いたしません。

 



記事の執筆者プロフィール

CSR研究会
CSR研究会 ライター
[新]CSR検定の目的はCSRの理解者を企業や社会の中に増やし、CSRの裾野を広げることです。より多くの皆さんに「CSRとは何か」「なぜ重要なのか」を理解して頂き、業務に活かして頂きたいと考えています。CSR検定で所沢をエシカルな都市にしていくことが目標です。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様