つくるを、楽しむ 〜木とペンキ編~ ー.Makeところざわ(ドットメイク・トコロザワ、所沢)ー


所沢駅周辺の再開発で取り壊される廃ビルを有効活用し、「所沢の未来を共創する」とのコンセプトのもと開催されるイベント『.Makeところざわ(ドットメイク・トコロザワ、所沢)』の中で展開される企画の一つです。

こどもたちとワクワクするときを楽しみたい

普段なかなか遊べない、木材やペンキを使って遊びます。
所沢市の建材屋さん塗装屋さんから譲り受けた木材とペンキを使って、剣、飛行機、人形の家、お城、魔法のステッキなど、好きなものを作りましょう。
かわいく飾りたい子向けに、キラキラの飾りも用意しています。

.Makeところざわでは、ビル全体でイベントが行われていて、バルーンプールで遊んだり、2017年2月26日にオープンした「パーフェクトビール」、食べ物の販売もあります。
GW最後の日(5/7日曜日)に、のんびり楽しんでいただけたらうれしいです。

 

ワークショップの詳細

日時/2017年5月7日(日)11:00〜14:00。製作時間は約30分。

定員/30分ごとに3人ずつ、予約を受付。

対象/3才以上どなたでも

小学生以下は保護者同伴

参加費/200円(材料費として)当日会場でお支払い

スタッフはボランティアで参加しています。

持物/作ったものを持って帰る袋 汚れてもよい服でお越しください

 

 

木材を好きな形に組み立てます。

木材にペンキで色をつけます。

シールなどを貼って完成です。

 

家族イベントユニット「Sprouty(スプラ)」のご紹介

「Sprouty(スプラ)」とは、武蔵美卒と多摩美卒のそれぞれ2児のこどもを育てる女性美術ユニット

大道あゆみ(omichi ayumi)香川県高松市出身

・映像、写真作家
・家族イベントユニット「Sprouty(スプラ)」代表
・多摩美術大学 映像コース卒業
・映像制作会社にてCM/TV番組/映画などの映像制作業務に従事後、現在IT企業にてマーケティング業務に従事
・2児の母

 

篠原ひろみ(shinohara hiromi)所沢市在住

・武蔵野美術大学空間デザイン科卒
時々イラストを描きながら、子どもエコクラブ「ウルセーズ」の代表サポーターとして、子どもと地域の関わりを模索。荒幡町内会行事のお手伝いも生活の一部。
・描き屋(イラストレーター)
・所沢荒幡の「あらはたまんま」店主
「あらはたまんま」は、荒幡地域の良いところ(地域活動で積極的に交流し輪をつなぐ地域性)をそのまんま残していきたいという思いから。人を繋ぐ時と場を提供、企画する。
・2児の母
・「家族の繋がりを写真や作品として形にするイベント」を開催する「Sprouty(スプラ)」を主催。

 

過去の開催イベント

2016年4月 母の日イベント
母の日のプレゼントを作ってママに送りました。
フォトフレームとメッセージカードを作りました。
その様子は→こちら
2016年6月 父の日イベント
おそろいのTシャツづくり&親子撮影イベントを行いました。
その様子は→こちら
2016年8月 大人もこどもも書を愉しむ会
子供たちは習字の先生に習いながら書いて、大人は和紙の絵葉書に文字を書き、色で彩る
その様子は→こちら
所沢ノード、あらはたまんま(所沢市荒幡973-1、下山口駅徒歩3分)などで、上記イベントを開催中。

 

イベント情報

「WOOVE Photo Exhibition Tokorozawa」.Makeところざわ(ドットメイク・トコロザワ、所沢)イベント内)
日時 2017年4月16日(日)~5月13日(土)
うち毎週 土曜日・日曜日 10:00 ~ 16:00
会場 埼玉県所沢市東住吉11-10 大地ビル2F

西武新宿線・池袋線 所沢駅西口 徒歩2分
所沢西武デパート裏手の信号を渡り早稲田アカデミー脇の小道を入った駐車場横のビル

 

 


記事のタグ:

記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター

2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。