戦国時代にタイムスリップ!歴史を体感


第8回 戦国 滝の城まつり開催

甲冑で武装した住民がゾロゾロ。忍者も登場。「あれ?!今は・・・確か令和時代…、いや戦国時代だったっけ?」
今年も「第8回 戦国 滝の城まつり」が、5月26日(日)午前10時~午後3時30分、滝の城跡・城山神社周辺(所沢市城537)をメイン会場に開催されます。子どもから大人まで、地元のゆかりを知って歴史を体感できるほか、地元グルメも楽しめます!まもなく開催されるイベントのプログラムと見どころをご紹介します。


▲過去のメイン会場の様子

メイン会場となる「滝の城跡」は、城山神社にある所沢で初めての県指定文化財。
今年で8回目を迎える「戦国 滝の城まつり」は、住民主体の地域活性化イベントで、甲冑に身を包んだ武士の武者行列や迫力ある合戦絵巻、よさこい踊りや忍者ショー、紙しばい、南永井囃子、天神太鼓・剣舞など見どころ盛りだくさんです。プログラムは下記(※変更の可能性あり。主催者に確認を)

【開催日時】2019年年5月26日(日曜)
午前10時~午後3時30分 ※小雨決行

【会場】
滝の城跡ほか(所沢市城537番地ほか)
※会場周辺は車輛通行止めとなる区間あり

 


其の一:武者行列出陣:東所沢駅/東所沢駅バスロータリー 午前11時

            武者行列着陣:滝の城跡 午後0時30分頃

寄居町鉢形城や八王子城で活動している甲冑団体(三鱗会)の協力により、JR東所沢駅からメイン会場まで、甲冑や当時の女性の衣装を身にまとって行進します。

其の二:合戦絵巻:メイン会場でフィナーレ 午後3時~3時30分

戦国時代さながらの迫力ある合戦絵巻を披露。火花が飛び散る大砲は、ばくおんが響き渡り迫力満点です。

其の三:所沢風炎祇神伝~雅~:北条をテーマにしたよさこいを披露 午前10時5分~10時35分

其の四:大型紙芝居の実演:午前11時5分~ (滝の城の竜)日本一大きな紙芝居

其の五:滝の城めし:フードコーナー

模擬店も出ているので腹ごしらえ。人気が出そうなのは、「ハッピーいちご園のいちご削り」。地元いちご園のいちごを氷らせて、そのままかき氷に!

其の六:滝の城スタンプラリー:昨年大好評!中学生までの子どもが参加できるスタンプラリー。スタンプを5個集めたら、景品をゲット。先着300名分の景品を用意。スタンプラリーで「滝の城」に詳しくなれるはず!参加の受け付けは、当日、メイン会場の城山神社で。

 

詳細は、柳瀬まちづくりセンター(☎04・2944・2113)まで。
/主催:戦国滝の城まつり実行委員会

【交通アクセス】
*西武池袋線/新宿線「所沢駅」東口から西武バス(志木駅南口行)に乗車、「城」バス停下車すぐ
*東武東上線「志木駅」南口から西武バス(所沢駅東口行)に乗車、「城」バス停下車すぐ
*JR武蔵野線「東所沢駅」下車 徒歩約30分



記事の執筆者プロフィール

成田 知栄子 Chieko Narita
成田 知栄子 Chieko Narita
ラジオ、テレビでの取材活動を経てフリーになり、ライター活動12年目を迎えました。情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」をポリシーに、所沢の情報を近隣の地域に、そして全国へとお届けして、地域活性化につながればと思っています。ちなみに、所沢住民になって24年、趣味はバイオリン演奏、好きなタレントは「トコろん」です。よろしくお願いします(2019年1月)。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様