早朝からオープン!子どもに人気!焼きたてパン工房 PINPONPAN


軽やかで親しみやすい店名「PINPONPAN(ピンポンパン)」。子どもからお年寄りまで、好まれるふんわりとしたパンが特徴の「町のパン屋さん」。

 

昨年8月にオープンし、もうすぐ一周年。オーナーで店長の酒井さんはもともとパンが大好きで、いつかパン屋をしたいと10年以上前から抱いていた思いをついにかなえたそう。お客さんのリクエストにも応えながらパンの種類は徐々に増え、現在70種類ほどのパンが並んでいます。サンドウィッチが一番人気で、4種のサンドウィッチのほか、コロッケ、から揚げ、ハンバーグなどのコッペパンサンドは昼過ぎには売り切れてしまうほど。
また、揚げたてを提供してくれるプレーンときなこの2種類の「あげパン」は、お店を出すときに商品として外せなかったといいます。給食で子供たちの人気を誇っていた「あげパン」を熱々でいただけます。

 

子どもたちの喜ぶ顔が見たいから
店内で、子どもの目線に置かれているのは、ゾウのチョコパンやくじらのクリームパン。クッキー生地を纏うコアラやパンダのパンは、幼児の手のひらサイズ。お店があるのは住宅街で、すぐ隣に幼稚園もあることから、子連れのお客さんが多いとか。
子どもたちが「うわー、かわいい!」と言って喜んでいる姿を見るのがうれしいと、酒井さんは話します。

 

オープンは朝の4時半
パン屋の常識を覆す4時半にオープンする「PINPONPAN」では、いろんなお客さんに出会えるそうです。これから出勤する人、飲み明かして帰宅途中の人、早朝ウオーキングがてら朝食に買っていく人。十人十色の人間模様が垣間見えるのも早朝オープンならではかもしれません。早朝はパンの種類が少ないけれど、それでもお店が開いていればパンを求めてきてくれるお客さんがいる、それに応えて地域に愛される「町のパン屋さん」です。

 

看板商品と季節のパン
オススメのパンは、4種キューブ(チョコ・チーズ・レーズン・あんこ)、バラエティに富んだ米粉のベーグル、夏にうれしいアイスメロンパン。他にも新作だという「コーヒーあんぱんビター」は、生地にも餡にもコーヒーを練り込み、ホイップとのバランスが絶妙です。
季節に合わせて、新作が登場!期間限定の商品もあるので要チェックです。

 

長年の夢がかなってオープンしたお店。かっこいいより親しみやすいお店でありたい。お店を始めてスタッフにも近隣の人にも恵まれ、人の温かさを感じているそう。温かみのある町のパン屋、焼きたてパン工房 PINPONPANです。

 

基本情報


店名:焼きたてパン工房 PINPONPAN
住所:所沢市小手指町2-11-10 1F
電話:04-2968-5949
https://www.facebook.com/PIN-PON-PAN-136217607000469
Instagram:@pinponpan_kotesashi

 

来る7月8日(日)
航空公園で開催されるイベント「パンフェス野老」に出店決定!イベント詳細はコチラ

 



記事の執筆者プロフィール

かすみ Kasumi
かすみ Kasumi
自分にとって心地よい選択をしながら、仕事に子育てに励む日々。変わりゆく所沢の魅力を「食」を中心にお届けします。 #パン #カフェ #キャンプ #地産地消 #ボランティア

頂いた応援メッセージ

  1. かすみさん、同じくパンフェス野老に出展するグリーンピープルズパワーの大島です。
    私たちは天然酵母やオーガニック等エシカルなパン屋さんを応援します。
    安心安全なパンを是非作り続けて下さいね。
    また、出来ましたら再生可能エネルギーで焼く、更にエシカルなパンを作りませんか。
    当日グリーンピープルズパワーのブースでお待ちしています。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様