冬の森写真館 ~ノスタルジックウィンター~


萌黄色の早春、新緑の季節、木陰が恋しい夏、紅葉の秋
森はそれぞれに美しい表情をみせます。
それに比べて冬の森はどんな印象を受けますか。
今回は「冬の森写真館」、所沢の森をモノクロームの世界で表現してみました。

 

では早速、冬の森に足を踏み入れます。

聴こえてくるのは鳥の声と、物影で何かが動く音
落ち葉を踏みながら、ゆっくりと歩いてみましょう。

 

その音と感触を楽しみながら。

 

秋に落ちきれなかった枯れ葉が時折風に舞ってきます。

 

もの思いにひたりながら歩くのは、この時季ならでは。
多彩な季節とは違った冬のモノトーンの世界

 

 

 

森のそばには人間の営みも。人と自然とが共存した里山の風景です。

 

 

 

郷愁に浸った後は、センチメンタルな場所に。
森を抜けるとそこには雄大な夕景が広がります。

 

 

撮影地:雑魚入樹林地、堀口天満宮、北野の谷戸、狭山湖



記事の執筆者プロフィール

じん Jin
じん Jin
写真を撮ったり、ランニングしたり、サイクリングしたりしながら、自然の中で過ごす時間を大事にしています。 すぐそばに素敵な自然が残されてる所沢が大好きです。 少しでも所沢の魅力がお伝えできるようにがんばります。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様