災害時の避難所の切り札としてトレーラーハウスの魅力再発見!!所沢ノードで開催☆

所沢ノードにて開催の「トレーラーハウス」のワークショップのご案内です。

 

トレーラーハウスというと、リゾート地での宿泊所がパッと思い浮かびますよね。

まさしく、あのおうちがトレーラーハウスです。

ハウス1

その、トレーラーハウスのワークショップ???

最近よく耳にする、ワークショップ。

私は、何かものを作るところをイメージしていましたが、

ワークショップとは「ある主題での研究集会」のことでした。

色々な方に参加して頂き、知識を分け合う場です。

 

今回、所沢ノードで地域ドキュメンタリーの制作プロジェクトなどを手がけている一般社団法人協働プラットフォームが主催で、トレーラーハウスを知ってもらおうと、このワークショップが開催されることになりました。

一般社団法人協働プラットフォームのHPはコチラ

 

熊本地震で被災した益城町が、障がい者や介護が必要な高齢者、妊娠中の女性ら要援護者用の「福祉避難所」として、トレーラーハウスを導入しました。

関東でも、今後いつ大きな地震が起こるかわからないのでこのような活用にご関心のある方は、ぜひご参加下さい。

 

現在協働プラットフォームは、熊本地震災害支援で現地に足を運びトレーラーハウスを福祉避難所として設置しました。

ハウス5

車いすでの入室が可能なようにスロープが取り付けられています。

 

ハウス2

他にも、グランメッセ熊本に次々と搬入されています。

冷暖房完備なので、これからの季節にも対応できます。

テント生活・車中泊を続けている方も、トレーラーハウスを利用し少しでも快適な暮らしができることを、願っています。

 

ハウス4

大きなハウスの中は・・・

ハウス3

ロフトのようになっていて、広い室内になっています。

 

リゾート地でも活用されているトレーラーハウスですが、災害時には仮設住宅としても利用できる素晴らしい設備です。

読売新聞でも取り上げられました!

新聞

 

今回のワークショップでは、こんな方にも参加して頂きたい!!

所沢でトレーラーハウスの利用希望者・製造に参入したい事業者・デザインなどに貢献したいプロボノにも参加頂いたいと思います。

自治体関係者、民間事業者、もちろん個人で興味のある方、たくさんの方のご参加お待ちしております。

 

 

ワークショップ概要(2回開催)


日時:①6/14(火)19:00~21:00 ②6/28(火)19:00~21:00

場所:所沢サンプラザ3階 SEED×地域未来塾 所沢ノード

定員:1回20名

参加費:無料

 

応募はこちら

 

【お問い合わせ】

メールアドレス:tokorozawanavi@gmail.com

TEL:04-2924-0527 (平日10:00~16:00)

 

 

 

記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。
  • facebook
  • twitter