「おとなのプログラミング寺子屋」in所沢 レポート


所沢なびでも、募集いたしました「おとなのプログラミング寺子屋in所沢」は、2月18日(土)、無事開催できました!

開催日の様子を、ご紹介します。

 

 


今回2回目となった「おとなプログラミング寺子屋」ですが、場所を飯能から所沢にバトンタッチしました。
そして主催も場所に合わせて、なべちゃんからツネちゃんにバトンタッチ。

 

さらに、コンセプトも前回より「呑みながら」を全面に打ち出してみました 笑

おかげさまで10名の参加となり、お酒も前回より進んでたような気がします!!

用意したお酒は地域のお酒、野郎ゴールデン、コエドビール(COEDO)、ゆめところ。

また、会場である所沢ノードの運営者、藤倉さんがビール6缶ご提供してくれました!!

ありがとうございます。_(._.)_

 

当日の流れは下記ように進めました。


まずは皆さんでテーブルごとに簡単な挨拶。
少しは場が和んだでしょうか?
挨拶のあと、本当はもっと和気あいあいとしてほしかったので、乾杯をする予定でしたが、進行のツネはいっぱいいっぱいですっかり忘れておりました。。💦

 

続いて、プログラミングやscratchの説明。
ちゃんと資料用意すればよかったかなーとかちょっと後悔。

 


口頭だけの説明でしたが、わかって頂けたでしょうか?

 


そして、ゲームづくりの定番「ネコ逃げ」を作り始めました。
このあたりから、ゲームらしさが出てきて少し盛り上がってきたかな?
途中、「ネズミがマウスポインタにちょっと遅れてついてくるやり方は?」
と質問が飛び出し、アドリブが効かないあたくしはドギマギしたり。。

まあ、なんとかきりぬけました😌

ココまでで1時間くらい経過してましたかね?

 


その後は、「ネコ逃げ」の改造タイム!!
前回、メンターのトークタイムが多く、参加者の方々の手が止まってしまったという反省点から、今回はメンタートークを控えめに。
それが功を奏したのか、結構みなさんモクモク改造してましたね!
質問も多くでて、メンターさんとのコミュニケーションも楽しんで頂けたと思います。

 

途中にメンターの作品発表をいれたり、子供スクラッチャーの飛び入り発表があったりしましたが、ちょうどよい息抜きになったのではないでしょうか?
そして1時間位改造をしていただいた所で、各自の作品をお隣さんとシェアしてもらいました。
「おー!」とか声が聞こえてきて、ちょっと楽しそうでした。
せっかくなので、よく出来た作品を2名の方に発表していただきました!


1人は「ネコがネズミに近づくと本気を出す(色が変わる)ゲーム」、敵の動きもランダムになっていて面白かったです。
もう一人は「ネコが飛び上がって鳥を捕まえると、鳥が鳥かごに入るゲーム」、動きもカワイイし、キャラクターや背景の選び方がかわいらしくアート性を感じました。
どちらもゲーム性が高まっていてステキな作品でしたね!
そして閉会。

 


最後にホワイトボードにメッセージを書いてもらいましたー
皆さんステキなメッセージをありがとうございます!
本当に楽しい会となりました。

「参加者の皆様、メンターの皆様、本当にありがとうございました!」

 

追伸

この後、参加者とメンターの交流会として飲み会を開きました。


そちらも楽しかったなー 笑

講師 常田 卓磨(Takuma Tsuneda)でした。



記事の執筆者プロフィール

常田 卓磨 Takuma Tsuneda
常田 卓磨 Takuma Tsuneda
.Makeところざわ 広報担当です。CoderDojo所沢の道場主でもあるので、.Makeへの出展準備中です。普段は「伝える」ことを中心にWebマーケティングの会社(コト・エージェンシー)で活動してます。皆様に楽しい情報をお届け出いればなーと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。_(._.)_

この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。