『グランエミオ所沢』オープン!~施設説明・紹介~


 

待ちに待った「グランエミオ所沢」へ、近隣の方より一足お先に内覧会へ行ってきました。

施設に関する説明会

企画・開発の西武プロパティーズ、商業施設運営管理の住友商事株式会社 住商アーバン開発株式会社の説明会へも参加し、コンセプトやこれからのことなど詳しく聞くことが出来ました。


西武プロパティーズ 開発事業部マネージャー 川上氏

グランエミオ所沢のファーストステージ(第Ⅰ期)は、所沢エリアの開発のスタート。
将来的には、ワルツ所沢奥の「西口エリアの開発も含めて所沢周辺を段階的に魅力的な沿線にしていくこと」をコンセプトに。

「以前は、狭山市や入間市などの近隣から買い物客が多かったが、アウトレットや大型のショッピングセンターができ、所沢駅周辺の方も含め利用客が減っってしまった。魅力ある商業施設を創り、また所沢を利用して頂きたい」と川上氏。

 


住商アーバン開発株式会社 西森氏

店舗数は、Ⅰ期で77店舗、Ⅱ期(2020年開業)にさらに40~50店舗増え約120店舗を超える規模に。

 

説明後の質疑応答で所沢なびから質問させて頂きました。

Q1 所沢なびをご覧頂いている方からのコメントも多かった「大型書籍」等の出店予定はありますか?

A1 ここでは断言できないが「お楽しみに(笑)・・・」

 

Q2 なぜ「グランエミオ所沢」という名前になったのですか?

A2 西武線沿線の駅ナカ商業施設「Emio」が浸透してきて、「Emio」のさらに上質な施設として「グランエミオ」となった。
他の沿線の方にもEmio=西武の施設として浸透して頂けるように。

説明会は約30分開催されました。

 

公共施設や駅・施設利用者の方に設備等のご紹介

まず、以前にもご紹介した「西武ライオンズ」とのコラボした3階にあるキッズトイレです。


埼玉西武ライオンズのイメージカラーであるレジェンドブルーを基調にしていて、バットとボールの取手になっています。
そのキッズトイレの前には、ベビールームがあります。
(ベビールームは2階と3階に設置)

 


「調乳専用 浄水給湯器」と流しのスペース


おむつ替えのベビーシート2台


扉の奥には、授乳室が2室

お子さま連れにも心地よく過ごしてもらえるような設備が充実しております。

 

多目的トイレも広々としております。

 

 

4階 学習塾と駐車場、公共施設のフロア


所沢市役所所沢駅サービスコーナー

 


所沢市パスポートセンター

通路には、パスポート申請に必要な写真機も2台あります。
 

 

 

2階コンコース

所沢駅構内からの通用口を施設内から見るとこんな感じ。


駅利用者がそのまま利用できるのは便利ですね。

東口も新しくなりました。

階段・エスカレーターを上がるとグランエミオ所沢の入口があります。

各フロアに整備されたレストスペース。

2階ノースプラザは吹き抜けになっております。

ここノースプラザでは、“所沢らしさ”や“地元共生”を意識した取り組みとして、地元企業・学校・サークルなどの発表の場、特産品の販売催事なども行われる予定です。

 

施設の説明及び、設備のご紹介はここまで。
明日以降は、各フロアの店舗などご紹介します。



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

頂いた応援メッセージ

  1. スタート時点で書店ないのは失敗。コーチャンフォー呼ぶくらいじゃないと。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様