「グランエミオ所沢」第Ⅱ期 48店舗の出店が決定!



所沢駅東口駅ビル計画「グランエミオ所沢」は 第Ⅱ期 48 店舗の出店、開業ならびに新たに整備する駅設備の供用開始を2020年9月2日(水)に決定しました。
 

(第Ⅰ期開業時の記事はこちら

<今回のポイント>
◆ 所沢駅直結の商業施設「グランエミオ所沢」第Ⅱ期について
✔開業日が9月2日(水)に決定 2014 年から推進する所沢駅東口開発計画が完了
✔48 店舗が決定 ⇒Ⅰ期を含めた 全体では126店舗 (うち1店舗未定)となり、周辺エリアで最大規模
✔西武ライオンズが初めてプロデュースするレストランや 西武線沿線初となる店舗が数多く出店
✔開放的な多目的スペース「セントラルプラザ」、屋上庭園「 とこにわ 」など、レストスペースが充実

◆ 所沢駅 新改札等の新たな駅設備について
✔新たな駅設備の供用開始日が9月2日(水)に決定
✔新改札、橋上コンコースの新たな自由通路によって利便性・回遊性が向上
✔新たな駅設備のシンボル 待合スペース「とことこひろば」
✔池袋線・新宿線を走る電車を一望できる 屋外デッキ

 

充実したレストスペース

「セントラルプラザ」


▲セントラルプラザ(イメージ)

大型サイネージやWi-Fiなどのデジタル設備完備!シンボルツリーを中心に緑が溢れ、吹き抜けからは自然光を取り入れた開放的で多目的なオープンエアーの空間が新改札まで続きます。


▲セントラルプラザインフォメーション(イメージ)

「とこにわ」


▲とこにわ(イメージ)

屋上庭園として、明るく開放的な芝生広場やベンチなどを多数配置した屋外広場。地域や駅利用者の憩いの場として提供されます。休憩、読書、お子さまさまの遊び場など自由に過ごすことが可能です。所沢駅リニューアル前に展示されていた鉄道モニュメント(レールやマクラギ、電車の車止めなど西武線で実際に使われていたもの)の展示も復活し、屋外空間を活かしたイベントの開催も予定されています。
 

所沢駅の新たな駅設備のシンボル

待合スペース「とことこひろば」

新たな駅設備として、おむつ替えコーナーや授乳室、パウダールームなどを備えたお子さま連れの方をはじめ、どなたでも使いやすい待合スペース「とことこひろば」が新設されます。
新改札のコンセプトである“あたたかみのある空間”をベースとして、木調の仕上げを随所に取り入れ、窓際の木調格子より差し込む光や、円形のチェアでやさしさを表現した空間となっています。


▲とことこひろば(外観)(イメージ)


▲とことこひろば(内観)(イメージ)

 

池袋線・新宿線を走る電車、線路を一望できる屋外デッキ

新改札内正面には屋外デッキが設置されます。この屋外デッキでは遠方の風景と池袋線と新宿線の線路を一望できる大パノラマが広がり、2020年6月5日に鉄道友の会制定のブルーリボン賞を受賞した特急車両「001系ラビュー」をはじめ、池袋線と新宿線を走るトレインビューを満喫できる新たなスポットです。


▲屋外デッキ
 

「グランエミオ所沢」第Ⅱ期 各フロア概要及び出店テナント

1.フロア概要フロア概要

店舗面積は約18,500㎡の規模となり日常生活に不可欠な生鮮食品・グロサリー、惣菜等に加え、所沢市パスポートセンター・の食物販に加え、所沢市パスポートセンター・サービスコーナーなど日々の生活をサポートするサービス、さらにライフスタイルを提案するサービス、アパレル・ファッション、雑貨等、その他にも書籍、カフェ・レストランなど、約130の多様なテナントを集積した4層からなる店舗フロアで構成されています。店舗以外に憩いの場等も設置し、買い物以外でもご利用いたの場等も設置し、買い物以外でもご利用いただける施設となります。

 

2.出店店舗について


西武ライオンズが初めてプロデュースするレストラン「LIONS BUFFET BIG DINING」、1971年創業の老舗中国料理店の「北京飯店」、伝統的な韓国家庭料理と厳選された黒毛和牛を提供する「焼肉名菜 福寿」をはじめ、さまざまな食事を楽しめるダイニングやバーなどが揃います。ボリューム感のあるパンケーキで有名なハワイアンフード「Eggs’n Things Coffee」や、地域最大級の在庫冊数18万札を誇る「TSUTAYA BOOKSTORE」がカフェを併設して出店するなど…。

最新情報は グランエミオ所沢Ⅱ期開業の公式サイトでご確認下さい。

 

新改札、橋上コンコースの新たな自由通路によって利便性・回遊性が向上

西武鉄道の2大本線(池袋線・新宿線)の重要な交通結節点である所沢駅構内に、新改札や待合スペースなどの新たな駅設備が加わり、ますます便利で快適に利用できるようになります。

▲新改札エントランス(イメージ)


▲南側に広がる新改札内コンコース(イメージ)

 

今後 、ますます発展が見込まれる「所沢エリア」

2021年には「メットライフドームの改修計画」、「西武園ゆうえんちリニューアル」が完了予定。所沢駅西口では、広域集客型の商業施設を核とした大規模開発を 2020 年代半ばの開業に向けて推進中。
グループ外の動きとしても、文化複合施設や住宅など多くの開発が進行中です。



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様