所沢で噂の屋台「ぽっとらっく屋台」を手書きPOPでご紹介!


手書きPOPデザイナーのみさきです。
子供の頃から馴れ親しんだ所沢を拠点に活動しています。
所沢の面白いことをデザイナー目線で切り取り発信中です。
手書きPOPの書き方と合わせてご紹介します。

 

みなさんは所沢に出没する「屋台」をご存知ですか?
その名は「ぽっとらっく屋台」です。

 

屋台のメニューはドリンク数種類のみ。
ドリンクに使われる氷は、こだわりの所沢産!

 

え??それだけ??
そんな屋台の何が面白いの?と思いますよね(笑)

 

ところが、私はこの屋台がちょっと気に入って
常連メンバーになりかけています。

 

ここで私の本業アピール。
この屋台の面白さを手書きPOPにしてみました♪

 

 

 

FOOD(食べもの)
MEET(出会い)
TOPIC(話題)
IDEA(アイデア)

 

そう、この屋台はみんなで色々なものを
「potluck(持ち寄る)」屋台なんです。

 

食べ物や屋台にないお酒は適当に差し入れ感覚で持参。
足りないときは誰かが近所のお店で調達します。

 

それってただの家呑みじゃないの?
そうそう、そうです、そんな感じです。

 

屋台に来ると誰かがいて
適当に喋って、適当に帰る。

 

居酒屋に集まる常連メンバーみたいな感じ?

 

そうそう、まさにそんな感じです。

 

そこにちょっとだけビジネスの要素がプラスされて
様々なジャンルのプロが交流できる屋台なんです。

 

「あ!面白いね!」
「それ、やろーよ!」
「それ、こうしたら?」

 

そんな会話が飛び交う屋台です。

 

 

ある夜は、イラストについて談笑。
「この本が参考になるよ」と教えてもらいました。

 

同じテーブルでお仕事している方もいます。
なにやらWEBで打合せがあるらしく
その隙間時間を屋台で過ごしています。

 

こちらは若者とおじさんが語っています。

 

今度はおじさんとおじさんが語っています。

 

その後ろでは先ほどまで隣のスペースで
会議をしていたメンバーが合流して立ち話。

 

そんな感じで、みんな自由きままに過ごしています。
クリエイティブで自由な空間がとても心地いい屋台です。

 

「仕事をください!」ではなく
「一緒に何かやろうよ!」なノリ。

 

こんな交流の場、かなり貴重です!

 

 

さてさて、この謎の屋台は誰が何のために運営しているか?

 

屋台の店長はこの方。
屋台に情熱を燃やす男、吉池拓磨さん。

 

 

所沢ノードにある「ミニリヤカーゴ」を使って
「モバイル屋台プロジェクト」として開催しています。

 

所沢ノードとは・・・http://tokorozawanavi.com/news-20160426/

 

屋台がやりたくて、屋台のできる場所を求めて
川崎からはるばる通ってきています(笑)

 

所沢に着くと、その日に使用する氷を小谷野商店さんに買いに行っています。
48時間かけて作られる不純物を含まない氷なんだとか。

 

そんな話を聞けるのもこの屋台の面白いところです。

 

私もこのプロジェクトを手書きPOPで応援!
作成したPOPを持ってまた遊びに行ってきました。

 

 

この手書きPOPのイラストは
この屋台の常連さん、澤田昂明さん(写真右)が
スケッチしていたものをいただきました。

 

デザインを考えているときに
屋台のイラストが入れたくなりました。

 

そうだ!そうだ!
屋台をスケッチしている人がいた!

いつも持っているノートに書いていた
スケッチをいただいてPOPに入れました!

 

これも「potluck(持ち寄る)」です!

 

このコラボ作品、改めて大きな看板になる予定です。

 

この「ぽっとらっく屋台」は現在は屋内開催ですが
イベント時には所沢ノードを飛び出して屋外での出店もあります!

 

こちらは「野老澤行灯廊火」に参加した屋台の様子。

 

この日は「ハイボール」「モヒート」「ノンアルモヒート」の3種類で出店。
もちろん氷は所沢の小谷野商店さんから調達。
暑い中、何往復もして運んでいました。

 

果汁ぎっしりのライムとミントたっぷりの
モヒートが大人気だったそうですよ。

 

イベント前に屋台に顔を出したときに、
ブラックボードのメニューを書いてみました!
(道具が揃っていなかったので即席です・・・)

 

まだまだ始まったばかりの屋台プロジェクト。

 

参加方法はあなたのアイデア次第です。
もちろん飲みに来るだけでも大歓迎~。

 

なぜ屋台なの?
儲かってる~?
この屋台を今後どうなるの?

 

聞いてみたいことがあったら、ぜひお立寄りを!

「ぽっとらっく屋台」で吉池店長に聞いてみてくださいね。

熱い(いや、暑苦しい?)話をたくさん聞けますよ(笑)

吉池拓磨さんの奮闘記はこちらで読めます~。

 

とことこリヤカー屋台日記
https://note.mu/yoshiike/m/m31b5ea52263f

 

<ぽっとらっく屋台への参加方法>
所沢駅から徒歩2分、プロペ通りにある所沢ノードにて
毎週水曜日と木曜日の18時に開催しています。
開催日時は変更になる場合がありますので、
事前に吉池拓磨さん携帯080-2028-6281にお問い合わせください。

 

<手書きPOPの依頼お待ちしています♪>

手書きPOPでお店や商品をアピールしたい方!
インタビュー形式でお話するだけ!おまかせでPOPを作ります!
お気軽に「Tegakipop.com」よりお問合せください。
その際「所沢なび」を見たと書いてくださいね。

 



記事の執筆者プロフィール

みさき Misaki
みさき Misaki (手書きPOPクリエイター)

お店の方に代わって「手書きPOP」を作成するデザイナーです。
お店の方の想いを手書きPOPにしてお客様に届けています。
所沢駅に小さなオフィスを借りて活動しています。
子供の頃から慣れ親しんだ所沢の「美味しい」や「楽しい」をお届けできればと思います。
制作に煮詰まったらプロペ通りの100均をハシゴして気分転換\(^o^)/

頂いた応援メッセージ

  1. POPは当然人を寄せ付けるための販売促進のための広告媒体ですが、
    近藤さんの記事なかなか面白く、次はどうなるんだろうか?と、人を寄せ付ける文章力に思った。
    また、笑いながら読ませていただきました。

    >こちらは若者とおじさんが語っています。
    >今度はおじさんとおじさんが語っています。
    私もおじさんの仲間で今度参加します。
    今後も「所沢なび」のため貢献ください。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。