人気急上昇中!?所澤神明社の初詣&熊手市レポート


手書きPOPデザイナーのみさきです。
子供の頃から馴れ親しんだ所沢を拠点に活動しています。

みなさん、初詣は行かれましたか?
私は古くから「お神明さま」の愛称で親しまれる所澤神明社に行ってきました。

 

所澤神明社は銀座通り(所沢市宮本町)にある神社です。
大晦日から元旦にかけて大勢の人が参拝に訪れます。

日本最初の飛行場として開設された所沢飛行場で、初飛行のパイロットとなった方が正式参詣したことから、飛行機と空の安全に関する祈願のために参拝される方もいらっしゃるんだとか。

境内は青々とした樹木がしげり街の喧騒とはほど遠い神秘的な空気が漂います。
年間を通して様々な行事が行われているため、市民にとってはお馴染みの神社なんですよ。

私も初詣は所澤神明社に決めています。
私の場合は「ご近所の神様にお願いしたい」という単純な理由からです(笑)

昔から「ちょっと歩いて行ってくる」感覚の神社だったため
毎年参拝する日も時間もとくに決めず気が向いたらふらっと♪

ところが所澤神明社、年々参拝客が増えている様子です。
私は今年は仕事始めの4日の午後に行ってきました。

参拝の列に並んでいる方の話をちらほら耳にしていると・・・

「元旦に来たらすごい列で諦めて帰ったわ〜」
「今日はまだ人が少ない方よ〜」

60代くらいのご近所に住むおばちゃんは何度も出直しているようでした。
子連れのママさんは参拝の列に並ぶのを断念、また暖かい日に来る様子です。

航空公園駅西口より徒歩6分
所沢駅西口より徒歩15分

という立地も人気の理由かもしれませんね。

 

そこで年々参拝客が増えている様子の所澤神明社をレポート。
みなさんの来年の初詣の参考になれば幸いです。

1月4日、午後の所澤神明社はこんな様子です。

家族連れ、カップル、友達同士がたくさん来ていて賑やかです。
そして一人で来ている方もたくさんいました。

天気が良い日は澄みきった青空に樹木が美しいです♪
空気が冷たくて「あ〜、お正月だな」という気分に浸れますよ。

 

お守り頒布所やおみくじも賑わっています。

お正月らしい賑わいを求める方は元旦から5日までの昼間がおすすめです。

おみくじには「子どもおみくじ」もあるそうです。

こんなキュートなおみくじ、子どもたちも楽しいですよね♪

そしてこちらの所澤神明社、大晦日の夜中から元旦にかけてもおすすめです!
昼間とは打って変わり幻想的な光景に立ち会うことができるんです。

 

大晦日の夜から所澤神明社には続々と人が集まります。
午前0時、神主さんの鳴らす太鼓の合図で新年を迎えます。

そして1月1日の午前0時〜早朝まで日本で一番はやく開催される「熊手市」があります。

ここからは「熊手市」の時間に所澤神明社にいたハマジュン氏のレポートにバトンタッチします!

 

手書きPOPデザイナーのみさき氏よりご指名を頂きました、作家・エンタメプロデューサーのハマジュンです。ここからは大晦日明け〜元旦の所澤神明社の事を覚えている範囲で書こうと思います。

まずは、何故僕がそんな夜中に所澤神明社にいたのか??から説明すると、
単純に年越しを【所沢ザ・ベッド&スパ】というサウナでしていたからです。

(所沢ザ・ベッド&スパに関しては僕の記事をご覧下さい)
ハマジュン記事一覧→こちら

 

今まで、年越しといえば、フェスに行ったり、ライブに行ったり、自分のクラブイベントのカウントダウンパーティーをしたりと賑やかだったんですが、今年はもうゆっくり過ごそう。と決め、サウナ施設でテレ東の<孤独のグルメ>を見て、その後、カウントダウン・ロウリュに参加しました。実に充実した年越しでした。

年も明け、深夜1時半頃、ベッド&スパを出て、所澤神明社に向かいました。
プロペ通りには年末お決まりの酔っぱらって謎の言葉を発している若者がいましたが、基本は静かでした。

そのまま、プロペ通りを抜けて、神明社に向かいます。
同じく神明社に向かう人達が結構いました。

部屋着スタイルのカップル。親と一緒にいるのが煩わしいのか、
友達と一緒に階段に座り、話し合う2人組の女の子。年明けに合流し合う男達。

様々な人間模様の中、神明社へ。

丁度、2時頃でしょうか。着いた時にはかなりの人達でした。

とりあえず、参拝の列に並びます。少し待ちましたが、新宿、
原宿、秋葉原あたりの有名神社の参拝の列をくぐり抜けて生きてきた身
としてはそこまで待つのは苦痛ではありませんでした。

面白かったのが、参拝の際、お金を入れる場所の上で神主さんが大麻(おおぬさと読みます。たいまとも読むらしいですね。でも、あのキメるタイプの大麻ではないのでご安心下さい 笑)を振り続けているのです。あの白いフワフワしたのが先に付いてる棒の事です。

こういう参拝は初だったので面白かったです。
動画を撮りたかったのですが、バチが当たるのが嫌だったので辞めました(笑)

参拝が済むと、とりあえず、甘酒を買って飲みます。
年明け早々に飲む甘酒の美味しさは格別ですね。

そして、みさき氏が書いてくれている様に熊手も派手に売っていました。
日本で一番早く売るとは初耳でしたが。

 

 

元旦明けの空気感が伝わると嬉しいですが、こんな感じで
キラキラと輝いていました。基本は商売繁盛が目的で買うみたいですね。

後は、三三七拍子をしている軍団も。
今年こそは!と皆さん、思っているんでしょうね。

甘酒後、おみくじを引きます。
【吉】でした。<人と争うべからず>と書いてありましたが、
既に争っている人がいるので、まぁ、これからは気をつけますよ(笑)

神社内をブラブラし、里芋汁という豚汁に近い汁物が売っていたので
買って飲みます。一味も振ります。いやー、暖まりました。
なんせ、この時、気温−1℃でしたからね(笑)

そして、即帰りました。この帰り道が寒かった。
2018年、良い年になります様にと願いながら。

ちなみに何を参拝の時に願ったかは秘密です。
ここでは口に出来ない様な内容なので(笑)

以上、熊手市の時間に神明社にいたワタクシのレポでした。
ここから、また皆さん、大好きな手書きPOPデザイナーのみさき氏に
バトンタッチしたいと思います。また別の記事でお会いしましょう。

 

再び、みさきです!

 

熊手市の写真が幻想的でとってもステキですよね〜!
なぜ写真が1枚しかないのか!って??

それは・・・ごめんなさい!!
私が事前に記事を書く段取りをしていなかったからです。

どんなに写真があっても音や空気感は伝わりませんから、
お正月のひんやりとした空気、賑やかな人混みの音、ライトアップの光・・・
ぜひみなさんの目で耳で肌で味わっていただければと思います(笑)

 

最後に所沢なびのライターから集めた所澤神明社の混雑状況を時系列でお届けします。

 

<元旦の夕方>

参拝は少し並んでいたそうです。
昼間は混雑する駐車場もすんなり止められた様子です。

<2日>

ご近所の方の話では参拝は階段の下まで行列。

<3日の午前中>

手水の列が数メートルになっていたそうです。
参拝の列は混んでいなかった様子。

<3日のお昼前>

手水の列が長かったとのこと。
おみくじには大勢の人がいたようです。
綿あめの屋台では1本おまけのサービスもあったようです♪

<3日の午後>

手水が20〜30メートルほど並んでいたようです。
参拝の列は10メートルくらい。(比較的空いている?)

<4日の午後>

参拝は階段の下まで行列でした。
手水は空いていました。

 

所澤神明社は年間を通して様々な行事が行われています。
最近は新たな楽しみ方のできる地域イベントも開催され、
ますます市民に親しまれる神社になっています。

 

所澤神明社の年中行事はこちらをチェックhttp://www.shinmeisha.or.jp/index.html

 

<手書きPOPの依頼・セミナー依頼をお待ちしています♪>
手書きPOPでお店や商品をアピールしたい方!
手書きPOPを学んでみたい方は「Tegakipop.com」よりお問合せください。
その際「所沢なび」を見たと書いてくださいね。

 



記事の執筆者プロフィール

みさき Misaki
みさき Misaki (手書きPOPクリエイター)
お店の人に代わって「手書きPOP」を作成する手書きPOPデザイナーです。 子供の頃から慣れ親しんだ所沢駅に小さなオフィスを借りて活動しています。 手書き文字を使ったロゴ、チラシ、ブラックボード、手書きPOP教室やワークショップなどなど。 愛情いっぱいのPOP作りで店舗を応援します!POPのことで困ったらご相談ください\(^o^)/

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様