所沢元旦健康マラソン リポート2018


リポート「第40回所沢元旦健康マラソン大会」

お正月休みも明け、いよいよ2018年が始動!
みなさんもよい新年のスタートを迎えられたことと思います。

2018年第1弾のイベントリポートは所沢航空記念公園で開催された「第40回所沢元旦健康マラソン」!

「元旦の朝から体を動かせて気持ちよかった!」
「楽しかった!1年がいい年になりそう!」
と、参加者たちから聞こえてきたた「所沢元旦健康マラソン」は、今年で40年目を迎えました。
家族や親せき、友人やご近所さんが集った恒例の元旦イベントの様子をリポートします!!🌅

1.第40回所沢元旦健康マラソンの様子


ランニングイベントは、全国各地、様々な場所で行われていますが、元旦の朝に開催されるランニングイベントは全国的にも珍しい〝所沢自慢〟のイベントといえるでしょう。

2018年の元旦の所沢は、最高気温12度を超える陽気に恵まれ、参加者は1027名。
「1年の健康を祈って」「今年1年何事にも頑張れるように」と〝元日の願掛け〟で参加した人や、家族や友達、孫たちとの〝レジャー〟として、また「これに参加しないと新年がはじまらない」と年初めの〝家族の恒例行事〟として取り入れている参加者も見受けられました。

主催の所沢走友会によると、参加者は65%が所沢市民で、ほかは、入間、狭山、新座、東村山、清瀬などの近隣から。中には、東京、千葉県からの参加もあったようです。

▼受付の様子
申し込みは当日の午前8時半から。
所沢航空公園内の「所沢航空発祥記念館」横にある常設テント前で行われました。
参加対象は、小学生以上で健康な人。なんと!参加費は無料!!

 

▲会場に駆け付けたゴレンジャー
「みんなが安全に走れるよう守ります!」

 

▲応援にかけつけたトコろん

 


▲開会式の様子 所沢走友会 会長 斉藤良一 氏のあいさつ

 


▲開会式 来賓で参列した所沢市長 藤本正人 氏のあいさつ

▼スタート前にみんなで準備運動
 

▼コース図
ピンク色のルートがコース。1周2.2㎞あります。

▼スタートの様子

 


▲子どもたちはゴレンジャーと一緒にスタート

 


▲タイガーマスク?!もエントリー

 


▲障害のある人もない人も一緒に楽しく汗を流しました

 


▲コース上に給水スポットも用意されています


▲公園内の自然を満喫しながら、家族で声を掛け合いながら、楽しそうに走る姿が多く見受けられました


▲ゴール地点ではゴールした人のさわやかな笑顔が見られます
終了時間は午前11時40分。1周~5周まで、走る距離は各自自由ですが、5周した時点で終了となります。


▲1周~5周まで、それぞれの達成に応じて「完走証」がもらえます

 

2.なぜ人気?!所沢元旦健康マラソンの魅力

①元旦から走れる
元旦から走れるイベントはそう多くはありません。事前申し込みが不要なので、気楽に当日受付時間内に会場に行けば、参加できます。

②参加費無料
参加費は0円。当日受付時に名前と住所、連絡先を記載し、それが保険加入になっていますが、保険料は主催側が負担。大会中の給水も無料で提供されます。

③誰でも参加できる
小学生以上であれば、所沢市民であるか否かに問わず、どなたでも参加できます。

④競争ではない
自分の体力や体調に応じて走れ、速さも問わないので、初心者からエキスパートまで、一緒に楽しめます。

⑤走る距離は自分で決められる
1周2.2キロのコースを、時間内(10:00~11:40am)であれば、1周~5周まで自分で好きな周回を決めて走れます。

3.所沢元旦健康マラソン大会のヒストリー

企画・主催の「所沢走友会」によると、所沢元旦健康マラソン大会がはじまったのは、1979年(昭和54年)のこと。所沢航空記念公園が1978年3月に開園され、翌年の元旦から始まりました。そのころは、現在のような整備された公園ではなく、単なる広い荒野での開催だったそうです。
家族で楽しそうに公園で走る姿からヒントを得て企画したそうで、所沢走友会の会員に加えて、小学生以上を対象に一般市民も気軽に参加できるイベントとしてスタート。元日に汗を流す爽快さと楽しさが味わえるイベントは口コミで広がりました。2016年の統計によると(※)週に1回以上ジョギングやランニングをする人は全国で893万人。2012年の1009万人をピークに年々減少傾向になっていますが、この所沢元旦健康マラソン大会に関しては、前述のとおり徐々に参加人数も増え、全国データとは逆に2012年ごろからは1000人規模のイベントに成長しています。
ちなみに、所沢市市民意識調査(平成29年度版)によると、「スポーツを楽しんでいる市民の割合」は、46.5%。市の目標値の53.3%にはまだ届いていない状況ですが、この元旦イベントがスポーツやリクリエーションを楽しむきっかけになったという人が増えることを期待したいものです。

(※)笹川スポーツ財団が2年に1度行う全国調査「スポーツライフ・データ」2016年版より

4.所沢走友会について

「所沢走友会」は、走ることを通じて健康増進をはかり、会員相互の親睦を深め、地域社会に貢献する活動を続けている団体です。所沢市レクリエーション協会に加盟しており、会員は、20歳代から最高齢は84歳と幅広く、初心者から上級者まで115人が所属しています。「体にいいことを始めたい」と考え始める50代・60代の年代層が多いそうです。

身体を動かし、コミュニケーションを豊かにすることで、健康増進につながり、生活に潤いが出るかも!?所沢走友会では、会員を募集していますので、ご興味のある方は問い合わせを。

<所沢走友会の申し込み>
090-7810-3847(さいとう様)

 

◆活動
定例練習会は
月2回(第2・第4日曜日、4月~9月:8時~10時30分 10月~3月:9時~11時)

◆年間行事
● 春と秋のジョギング教室
市民を対象にしたスロージョギング教室のインストラクターを務めます

●研修会(合宿)
1泊2日で山や湖などで実施

●マラニック&バーベキュー大会
ランニングして温泉につかり、バーベキューを楽しみます

● 航空公園ランナー交流会
航空公園で練習している方々と会員が一緒に持久走を行います

● 所沢元旦健康マラソン大会
毎年1000名もの参加者がある走友会最大のイベントを主催します

● 駅伝大会への参加(年2回)
入間市駅伝や多摩湖駅伝などに参加します

●会報の発行

◆会費
年3000円(ファミリー会員あり)

5.「所沢レクリエーション祭り」に出かけよう!
          ~12種類のスポーツを学んで体験~

2018年2月3日(土)午前9時~正午、
所沢市民体育館・総合運動場野球場兼ソフトボール場で
「所沢レクリエーション祭り」が開催されます。

所沢レクリエーション協会に加盟している所沢走友会では、所沢レクリエーション祭りで「ウォーキング&ジョギング講習会」を開催!(ウオーカーズクラブとの共同実施)

ウォーキングとジョギングの基本からその特徴や効果などをわかりやすく解説。正しい歩きと走りの大切さがわかるはず!また、実技指導も受けられ、その場で効果的なウォーキングやジョギングの方法を体験できる講習会です。

★日時:2018年2月3日(土) 午前9時30分~午前11時30分
★場所:所沢市民体育館 メインアリーナ 2階
★申し込み:当日現地にて
★費用:無料
★持参物:室内用のシューズ、タオル、飲み物

なお、「所沢リクリエーション祭り」では、所沢走友会の「講習&体験会」を含め、所沢市民体育館・総合運動場野球場兼ソフトボール場でフォークダンス、インディアカ、シニアソフトボール、ゴールボールなど12種類のスポーツが体験できます。



記事の執筆者プロフィール

成田 知栄子 Chieko Narita
成田 知栄子 Chieko Narita
メディアの仕事を続けて26年。フリーライターになって11年💗「毎日、新しいことを発見し感動する」ことを目標に、情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」を信念に、2015年からは所沢エリア活性のために活動に専念! エリアに密着すると、意外や意外、これまで以上の新しい発見と感動に出会います。地域のお役に立てるような‟所沢の情報と魅力”を発信していきます!よろしくお願いします。

頂いた応援メッセージ

  1. 地域密着して、個性のある取材を通して地域貢献するのはなかなか良い活動ですね。またその活動を通じて人と人を結びつけて行くのは素晴らしいことですね。私と地域で人々を結びつけるような活動を考えてみます。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様