【リポート】住友治療室でカイロプラクティック


〜原因不明の不調がある方、趣味に打ち込んでいる方にもおすすめです〜


▲住友治療室
 
なんとなく、調子が悪い、ということはありませんか?どの部位がどう痛んでいるのか、それをどう説明したら伝わるのか分からない状態って、ありませんか?
 
体のあちこちに不調のある私ですが、健康診断ではいつも「異常無し」。念のため検査もしてみましたが、やっぱり「異常無し」。また、睡眠時無呼吸症候群にも該当しそうな症状があったので検査を受けたのですがこちらもやっぱり「異常無し」。首や肩の凝りに関しては通院した方がいい、と勧められましたが、諸症状の原因が何なのかは分かっていなかったのです。
 

住友治療室はこんな症状の方におすすめ

●肩、腰、膝、頭、首の重さや辛さがある方(急性から慢性まで対応します)
●不眠、やる気が出ない、カラダがだるい、火照り、冷え性の方
●むくみ、O脚、X脚の方
●椎間板ヘルニア、脊椎管狭症、すべり症と言われた方
●顎関節症と言われた方
●運動能力を向上したい方、ご自身のバランスを知りたい方など

(住友治療室リーフレットより)

 
私は…いろいろと当てはまっていたので、受診してみました。
 

▲治療室前の立て看板。「住友治療室は「首の専門院」首への施術で全身に変化!ガチガチがフワフワに」!?
 

▲治療室内にあるボード。赤く囲われている「治る方向への手助け」に期待が高まります
 
まずはカルテに現状を記入です。その後姿勢をチェック。(住友治療室の施術に関する記事はこちら
 
私が一番診てもらいたかったのが張りに張っている左首筋。実は張っているところを少し刺激すると…のどから変な音がでていました。それはとっても「ゲップ」に似ている音(汗)。しかも…首の痛みがひどい時は喉が痛くなるほど大きく長い音…。こんな症状、何科を受診すればいいのかわかりませんでした。生活に支障があるわけでもないので、放置していました。
 
私の姿勢は左肩が落ちている状態でした。
 

▲まさにこの図のような…
 
右の手が左より長く、脚も左が短い状態。
 
詳しく診てもらって言われたのが、「胃の調子が悪くないですか?」。
 
正直…「胃だったんだあ。」という気持ちでした。
 
私は食後しばらくしんどくなり、数十分休まないと動けない状態でした。手足が熱くなり、だるくなるような感じ。これを自分の口で表現すると、「どこか分からないけれど、体になんとも表現できないだるさがある。」。でも必ず食後なので、「胃の調子が悪い」という言葉はしっくりきました。
 
状態をざっと言うと、内臓の位置が下がって引っ張られているのと、首から出ている横隔膜へ行く神経の問題でゲップの様な音がでるのだとか…。
 
毎日左首、左肩を揉んだり湿布を貼ったりしていましたが、痛みの原因は右側にありました。
 
また、体の歪みは呼吸にも影響しているようです。いつも2~3時間に一度目が覚める状態でしたが、横隔膜の問題で呼吸が浅くなっているのが理由かも…。気になるいびきの原因にも、なっていたのかも…。
 
一度の施術は60分程度。
 

▲トムソン・テーブルによる施術の様子
 
トムソン・テーブルの音が少し大きくて、撮影者に「痛くない?」と心配されましたが、痛みは全くありませんでした。
 

自分の姿勢がゆがんでいることを目で見て確認できたこと。施術前後、首や手足の可動域が変わるのが実感でき、改善していることを実感しました。
 

▲肩の高さが変わりました(画像提供:住友治療室)
 

▲背筋が真っ直ぐになりました(画像提供:住友治療室)
 
治療室からの帰り、うどん定食を食べました。家に帰ってケーキとコーヒーも。おなかはいっぱいになりましたが、だるくなることはありませんでした!久しぶりに「食後のお休みタイム」が不要でした。それから、久しぶりに、ぐっすり眠ることができました。
 
ゲップ風の音は濁点が取れて「コホッ」と言う感じ…。
 
と言っても、一回で劇的に全てが治るわけではありません。私は3週間後に2度目の治療を受け、徐々によくなっていると感じているところです。
 

自由診療である理由

 
通院する時に、「保険診療かどうか」を判断基準にすることってありませんか。
 
怪我や病気の「治療」ではないので今回のような治療は「保健診療」ではできないそうです。
 
治療ではなく「自然治癒力が働く環境の手助け」、「あとはご自身の力で治すスタンス」とのこと。詳しくはこちら(住友治療室ホームページ)。

▲施術の様子
 

趣味のスポーツも応援します

体の凝りや不調で受診したところ、大好きなアウトドアやスポーツを「やめたら直る」と言われたこと、ありませんか?自分の楽しみが体を痛めつけているのだとしたら、罪悪感もあります。
 
その点住友先生は…「治療して、ご自身の身体に自信を持って好きなことをやっていただきたく思っています。」( ˆoˆ )/
 
私の場合は、施述後ストレッチをしてみたら、後ろにそる動作が断然変わり、左右の歪みが取れたと実感できました。加齢かもしれないと思っていた不調が改善されていくのが分かり、まだまだ好きなこと、興味を持ったことに挑戦できそうだと思います。
 

二足の草鞋だから安心

住友先生は現在も整形外科で勤務を続けられながら勉強を続けているので、カイロプラクティック以外の治療が必要な症状は適切に状況判断し、それを改善する技術の選択をすることができます。
 
実際施術していただいて、何よりも、「相談しやすかった」のが一番の印象でした。自分ではとても気になっていた症状ですが、医療機関が大変な状況でゲップなんかで病院にかかりづらい…。でもどうしてこんなにゲップみたいなのが出続けるのか気になっていたし、何よりも首の痛みにこれ以上耐えられそうになかったのです。
 

▲先生の右手のボール、頭の重さと同じ5kgの重さです。こんな重さを支えてくれている首をいたわってあげないと…と思いました
 
いつもと違う状況になり、いつもと違う運動量になって、現れる不調もありませんか?気になる方はまず、住友治療室ホームページや治療室のリーフレットをご覧になってみてはいかがでしょうか?
 

▲このリーフレットは治療室前にもありますよ
 

店舗詳細

住友治療室
住所:〒359-1115 埼玉県所沢市御幸町5-1 ルイシャトレ 103
ご予約・お問い合わせ(完全予約制) 080-4194-9996
住友治療室ホームページ
facebbok:https://www.facebook.com/naorusumitomo
instagram:https://www.instagram.com/sumitomochiryoshitsu/


大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様