西とこって面白い街って知ってほしい!西所沢駅周辺5カ所でアート・音楽・マルシェ・WSを楽しむ【西とこ文化祭2022】


所沢にはなんと11駅も駅があるそうなのですが、そのうちのひとつ「西所沢駅」。その西所沢駅周辺の店舗・スポットを舞台に2022年9月17・18・19日の三連休に「西とこ文化祭」なるイベントが開かれようとしています。初の試み、いったいどんなイベントなのでしょうか?
 

西所沢ってオモシロい街って知ってほしい! 発端はいち住民のそんな思いから

西所沢ってどんな街か、皆さん思い描けますでしょうか? 
所沢駅の隣駅、西武球場に行くとき乗り換える駅、改札を出てもこれと言って何もない駅……。

正直、市内外の皆さんからの印象は薄いかも知れません。しかしながら、近年個人の個性的な事業者さんがお店やスポットをオープンさせ、そんな方々のフォロワー・ファンが訪れる場所になっています。


▲古書店・サタデーブックス


▲古民家をリノベーションした所沢の最小商業施設「W Commons house」(吉祥リビング運営)

なにより、私がその一人! 古民家リノベカフェで片手鍋自家焙煎珈琲をいただき、古書店での読書会に参加し、マルシェで出店者さんと顔見知りになる……。
西所沢駅周辺で、食・カルチャー・コミュニティ、私にとって生活を楽しむいろいろなことが満たされているのです!
申し遅れました、私西所沢エリアに住んで7年になるライター・前原と申します。

私は結婚出産を機に、夫の実家のある所沢にやって来ました。もともと私にとって所沢は縁もゆかりもない土地でしたが、楽しもう! と思えば行われている様々な催しを発見することができ、面白いことをやっている方にたくさんお会いすることができました。
そんな私が、ここ数年で住まいのある西所沢駅周辺のポテンシャルが上がってきていることをヒシヒシと感じ、この地域の面白さをもっと皆さんに知ってほしい! 住んでいる人はもちろん、イベントをきっかけによそから来る人にも楽しんでほしい! と思って企画したのが「西とこ文化祭」です。
 

私設図書館を立ち上げた高橋真理奈さんとの出会い

実は、私がイベントを企画したきっかけのひとつに、昨年西所沢駅徒歩3分の場所に事務所&私設図書館を立ち上げた、高橋真理奈さんの存在があります。

高橋さんは所沢出身でこそあれ中高大と都内の学校に通い、都内の会社で働いていた典型的な「埼玉都民」でした。新卒で就職した設計事務所で忙しく働いていましたが8年勤めたのち独立を志します。その際、当初は都内で事務所を開こうとしていましたが「自分が生まれ育った所沢を選択肢から除外していいのか?地元の所沢は好きではないから、という理由で東京で開業していいのか?」と自分の行動にブレーキがかかったそうです。

所沢に対し「ダサくて特徴がない」と感じていた高橋さん、大学から数えるとかれこれ12年程度設計について勉強し実務を経て技術や知識を身につけた今「所沢の街を見るたびに複雑な気持ちを今後も抱き続けるのは嫌だな。それなら所沢でアクションを起こす、建築家としての活動を始めることに意義があるのでは」と思い始めました。
さらに、所沢で開業をするにあたっては、誰にも認識されることのない賃貸の一室で設計活動を始めるのではなく、地域の人が集えるような場所、そして、高橋さん自身が所沢の市井を調査できる場所があるとよいと考えました。そこで、誰もが安心して集える場所として私設図書館「シン図書館」を立ち上げることにしました。


▲シン図書館にて高橋真理奈さん 撮影:平本仁一さん

「シン図書館」を立ち上げる際、高橋さんはクラウドファンディングを実行していました。
そこにあったのが「図書館を貸し切り利用できる」権。
これを見た私の夫が「ここで知人の絵などを展示し西所沢でアート展を開いたらどうだろう?」と言い出しました。
夫も、西所沢生まれ(瀬戸病院です)西所沢育ちですが、ここ数年の西所沢の変貌には希望を感じている人間の一人であります。文化的に面白みのあるものがこの街に生まれるのを歓迎していました。

それならば! この図書館を使って西所沢でアート展を開いてみたい。そして、できれば音楽ライブなども同時に行い西所沢に来る理由を増やし、普段ここに来ることのない人たちを呼んでみたい。西所沢って面白い街だよ、って知ってほしい!
私はそのように考えました。

そこでアート展を依頼したのが、以前より地元のイラストレーターとして活動しているのを垣間見させていただいていた澤田昂明さん。


▲展示構成を打ち合わせする澤田昂明さん(右)と高橋真理奈さん(左)

澤田さんは街並みや人をスケッチするイラストレーターさんです。彼独自の視点が気になり、展示を依頼しました。
西所沢でアート展を行う。初の試みながら、澤田さんは快くお引き受け下さりました。
 

店主が”音楽愛好家”なカフェ「西乃処珈琲」の存在

私が西所沢でイベントをやるならぜひ入れたい! と思うものが「アート」、そしてもうひとつが「音楽」でした。
自分自身も小中高大と学生時代音楽をやっていましたし、子どもの頃から両親にライブハウスに連れて行かれ、生の音楽に触れることで心動かされることを実感していたからです。
しかし、西所沢駅近辺にはライブハウスのようなハコや音楽的スポットはありません。
所沢駅周辺では路上ライブが行われたり、小手指駅・新所沢駅周辺にもスタジオやライブができるバーがありますよね。
西所沢の町にも音楽的なスポットがあればいいなとぼんやりと思っていたところ、2021年7月、小さなカフェですが”店主が音楽好き”という好条件のスポットがオープンします。それが「西乃処珈琲」です。


▲西乃処珈琲

ここは店主のイトウマサヒコさんが淹れる片手鍋自家焙煎珈琲が自慢の古民家をリノベーションしたカフェ。
イトウさんとはカフェ開業準備中から知り合う機会があり、私はオープンを楽しみにしていました。カフェオープン後は、イトウさんとお話しイトウさんの音楽の趣味を伺うなかで、私が好きな音楽ジャンルと重なるなあ、と感じ「ここでミュージシャンの方を呼んでライブができたらいいですね」なんて話にも発展していきました。
もちろん、イトウさん自身も「西乃処珈琲」で旧知のアーティストさんをブッキングしたライブを開催、西所沢に音楽を楽しむ時間が生まれていったのです。
それならばと、私も西所沢の雰囲気に合いそうなアーティストさんを呼ばせていただこう! と具体的に動きだしました。

お声がけしたのは、17年前より友人が縁で音楽を聞かせていただいていたシンガーソングライターのサボテン高水春菜さん。
穏やかな声ながら、私たちの日常でふとした瞬間に頭をよぎる「本当の気持ち」を代弁してくれるような歌が魅力的です。

▲西乃処珈琲にて左から店主イトウさん、サボテン高水春菜さん、筆者・前原

 

テーマはRe-view、「身近なものも視点をずらすと違う何かが見える」

アート・音楽というコンテンツはそろいました。
でも、せっかく西所沢でイベントを行う、というのであればカフェと図書館の2箇所だけでなく、他のお店やスポットも巻き込ませていただければ! と考え、兼ねてより交流のあった「サタデーブックス」さん、メディアでも話題の面白シェアスペース「SAVEAREA」さん、そしてセンスのある20代の若者が営業する「STAR NEST CAFE」さんにもお声がけしました。
皆さん、いち市民の持ち込み企画に耳を傾けてくれて、開催に合わせイベントを当ててくださることとなりました!


▲サタデーブックス 大竹悠介さん


▲倉庫を改装した面白シェアスペース SAVEAREA


▲STAR NEST CAFE 店主・沼倉史弥さん(左)、小林裕人さん(右)

さて今回のイベント、テーマはこちらです。

リビュー(Re-view)
身近だからこそ普段目を向けていないものに、目を向けてみよう。住んでいる街、一緒に過ごす家族・友人、そして一番身近な自分自身に。少し視点をずらしてみたり、目をこらすと、今までとは違う何かが見えてくる。

このテーマを考えてくれたのが、シン図書館の高橋さん。
高橋さんは、小手指生まれの30代ですが、曰く「所沢に30年間興味がなかった」とのこと。
前述したように、退職したタイミングで地元に戻り、そして個人事務所を開設するに当たり都内に赴くことに疑問を持ったことから所沢を見直す機会があり、結果的に西所沢に事務所を構えた方です。

高橋さんに言わせると、西所沢というのは所沢市内の中でも面白いエリアなのだそうです。
彼女が書いてくれた「西とこ文化祭」イベント概要にそのことが書かれています。

「近年の所沢は駅ビルがリニューアルオープンし、駅付近には多くのタワーマンションが建設されるなど再開発が進んでいます。所沢は都内へのアクセスも良いため、ベッドタウンとして発展してきましたが、気付けば駅前のプロぺ通りはチェーン店が並ぶ、味気ない商店街となってしまっています。確かに便利な街ではありますが、魅力があるかといわれれば、首をかしげるような人も多いと思います。
ただ、そんな中でも西所沢駅周辺は、駅前再開発が進む所沢と宅地開発された小手指の中間地点にあり、個人店や古い住宅などが混在したモザイク状の街並みを作っています。」

確かに、その視点で街を眺めると古い建物が残り、その傍らに小道があり、また行く先々には線路があり……街歩きをすれば意外と面白いものに出会えるのです。

実は7月、イラスト展示を行っていただく澤田さんとともに”西とこ街歩き”を敢行しました。会場のひとつSAVEAREAまでの道のりを歩き、その中途で見つけた気になるものをスケッチしていただき、展示いただく予定です。


▲西とこ街歩きロケハンを敢行中のようす。
 

会場は西所沢駅周辺の5カ所

それでは西とこ文化祭の会場となっている5カ所とそこで行われるイベント内容をお伝えします。
 

サタデーブックス|古書店

毎週土曜にだけ開店する古書店。地域やまちづくりに関する書籍を多数取り扱っています。西とこ文化祭では、通常営業のほか、西所沢のMAPづくりのワークショップを開催します。また、9/19(月)は通常通り営業しますが、「西とこ文化祭実行委員会」が一日店長として営業します!

◆営業時間
9/17(土)11:00~19:00
9/18(日)11:00~19:00
9/19(月)11:00~19:00:一日店長の日

◆イベント
「西埼玉・観光mapをつくるワークショップ」in 西所沢
日時:9/18(日)11:00~19:00
あなたの西所沢のオススメの場所・物・人・事を教えてください!サタデーブックス店内に用意する大きな白地図にオススメの場所を付箋で張り出して、オリジナルの「観光マップ」を作りましょう!随時参加&退出可能です。

 

シン図書館|私設図書館

毎週土曜にだけ開館する建築設計事務所が運営する私設図書館。開館日は無料で本を読んで過ごすことができます。西とこ文化祭期間中は、アート展示を行う特別開館とします。本とアートが一体になった空間をお楽しみください。

◆特別開館
9/17(土)11:00~19:00
9/18(日)11:00~19:00
9/19(月)11:00~19:00

◆イベント
1)Re view-風景採集
日時:9/17(土)~9/19(月)11:00~19:00
会場:シン図書館
狭山市出身のイラストレーター澤田昂明によるドローイングを展示。西とこ文化祭のために「所沢の風景」を描いた新作を加え、多数のドローイング作品を展示予定。シン図書館の本と一体となった展示空間をお楽しみください。

2)インスタレーション
日時:9/17(土)~9/19(月)11:00~19:00
会場:きちじょう荘(シン図書館のある建物の名前)入口階段
所沢市出身のアーティスト代佑介によるインスタレーションを展示。シン図書館とサタデーブックスが入居するきちじょう荘の空間に合わせた新作を展示予定。きちじょう荘の空間ならではの鑑賞体験をお楽しみください。

 

西乃処珈琲|カフェ

片手鍋で店主が自家焙煎する珈琲を楽しめる古民家をリノベーションしたカフェ。西武鉄道を走る電車を眺めながらコーヒーを楽しめます。西とこ文化祭では、通常営業のほか、高水春菜さんのアコースティックライブを開催します。

◆通常営業
9/17(土)12:00~19:00
9/18(日)12:00~14:00, 17:00~19:00
9/19(月)12:00~19:00

◆イベント
サボテン高水春菜アコースティックライブ
日時:9/18(日)15:00~
ギター、ピアノ、ウクレレ弾き語りを軸に、物語性溢れる歌世界をソロとバンドで展開するシンガーソングライター高水春菜によるアコースティックギターライブを西乃処珈琲のこだわりのドリンクと共にお楽しみいただけます。
▼詳細はこちら
https://www.nishitokobunkasai.com/event/

 

STAR NEST CAFE|カフェ&ダイナー

所沢牛バーガーやタコス・チキンオーバーライスなどを提供するカフェ&ダイナー。コーヒーは小手指の人気店の豆を使用しています。西とこ文化祭では、通常営業のほか、ライブペイントのイベントを開催。また期間中店内には若手クリエーターの写真やアートを展示します。

◆通常営業
9/17(土)11:00~20:00
9/18(日)11:00~20:00
9/19(月)11:00~20:00

◆イベント
サインアーティスト桃李子によるライブペイント
日時:9/18(日)15:00~
入場無料、ただし入店の際、一人一品オーダー下さい。

 

SAVE AREA|シェアショップ&レンタルスペース

所沢で面白いことをしたい人たちが集まる不思議スポット。定期的にイベントも開催しています。西とこ文化祭では、通常営業に加え、マルシェなど多数のイベントが開催されます。

◆通常営業
9/17(土)11:00~18:00
9/18(日)11:00~18:00
9/19(月)11:00~18:00

◆イベント
1)CVC MARKET
日時:9/17(土)
CVCモールのショップオーナーに会える?!しかも初期メンバーも集結予定!ここでしか手に入らないグッドレアアイテムから思い出話まで…CVCモールのラスト営業&イベントをお楽しみ下さい。
2)Re:FRESH MARCHE
日時:9/18(日)11:00~16:00
『ココロとカラダにイイコト』がコンセプト。あのFRESH marcheがリターン!“リ”フレッシュ マルシェとして生まれ変わります。CVCモールではラストの開催です!
3)CVC BBQ
日時:9/19(月)お昼頃~
CVCモールの最終営業日はCVCモールを眺めながら楽しくBBQで食べて飲んで語り尽くしましょう!

 

9月17.18.19日の三連休、西所沢に来てみませんか?

いち住民が考えた「西とこ文化祭」、ご紹介させていただきありがとうございました。
西所沢に来て「なんだか面白いな」と思ったら、あなたが住む街や、あなたが思うあなた自身も、今までと違った見方ができるかも知れない。
そんなきっかけになればと思っています!

▶西とこ文化祭 公式サイト
https://www.nishitokobunkasai.com/

▶西とこ文化祭 Instagram
https://www.instagram.com/nishitoko.bunkasai/



記事の執筆者プロフィール

Avatar photo
前原 麻世 Asayo Maehara
タウン誌編集5年ののち、ライターへ。長野県出身→沖縄で大学時代→東京で就職→所沢で子育て中、6年になります。夫は埼玉都民2世。カフェや、子連れで行ける音楽イベントが好きです。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。