ところざわサクラタウン開業2周年記念イベント『武蔵野回廊文化祭 powered by ニコニコ』が11月12日・13日に開催決定!


2020年11月6日にグランドオープンした 埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」。
開業2周年を迎えることを記念し、 文化・芸術の力で地域を盛り上げる『武蔵野回廊文化祭 powered by ニコニコ』(以下『武蔵野回廊文化祭』)が、 2022年11月12日(土)・13日(日)に開催されます。

 

「ところざわサクラタウン」開業2周年

「ところざわサクラタウン」は2020年11月、日本最大級のポップカルチャーの発信拠点としてKADOKAWAが埼玉県所沢市に開業した大型文化複合施設。グランドオープン以来、アニメ、コミック、アート、文芸、音楽、食、スポーツなど様々な文化・芸術・体験イベントを開催し、日本のポップカルチャーの発信地として多くの方が訪れています。

今回開催される『武蔵野回廊文化祭』では、開業2周年を記念した施設イベントはもちろん、ドワンゴによる地域参加型イベント「ニコニコ町会議2022 特別版」、ところざわサクラタウンが所在する「武蔵野」の自然や伝統文化をテーマにした地元連動アート企画などを同時開催し、文化・芸術の力で所沢を盛り上げるイベントが行われます。

 

「ニコニコ町会議2022 特別版」とは?


「ニコニコ町会議」は、ドワンゴが運営する「ニコニコ」の超巨大イベント「ニコニコ超会議」の全国出張版として、2012年から全国各地のお祭りに連動して開催している地域密着のユーザー参加型ツアーイベントです。コロナ禍により2019年でストップしていた大人気町おこしイベントが、この秋、特別版として所沢で2日間限定で復活。
「あなたの町のニコニコに会いに行く」をテーマに、町会議でお馴染みのユーザー参加企画「踊ってみた」を中央広場や千人テラスといった屋外スペースで行うほか、ジャパンパビリオンのホールAにて「歌ってみた」、音楽ライブ、俳句・短歌バトルなど、地元の方との交流を楽しむ様々なイベントが開催されます。

また、『武蔵野回廊文化祭』全体の様子はニコニコ生放送で中継され、人気のMCによってイベントの様子は全国に発信されます。

 

多様な地元連動アート企画

熊手制作ワークショップ

明治3年創業、熊手の出荷数日本一を誇る地元所沢の老舗、 株式会社面亀(めんかめ)による、 小学生を対象とした熊手制作ワークショップ。
伝統の手工芸を子どもたちに伝えます。

▲縁起物の熊手を制作してみよう
 

武蔵野ピンポンフィールド

現代アーティストの原倫太郎+原游による、 天板に「武蔵野」をイメージしたイラストが描かれた卓球台が登場。回転しながらプレイする卓球台や、球が天板にあたる度に木琴のような音が鳴る卓球台など、ユニークな仕様の遊べるアート作品が展示されます。

▲アーケード卓球 写真はイメージです
 

他にも、体験型書店「ダ・ヴィンチストア」店舗企画として、名物店長が視聴者にぴったりの1冊をリコメンドするニコニコ生放送や、誰でも参加できるeスポーツ体験イベントや、地元の子どもたちによる「KIDS DANCE テラス」、キッチンカー出店、記念グッズ販売なども行い、期間中はまさに文化祭のような雰囲気で複数イベントを同時開催いたします。

 

記念グッズも販売

『武蔵野回廊文化祭』開催を記念し、ところざわサクラタウンロゴ、イベントロゴをそれぞれあしらった記念グッズも中央広場の臨時ブースで販売されます。
武蔵野は古くから紫色の染料となる「紫草(むらさき)」が生える土地として知られ、紫草は「古今和歌集」「伊勢物語」にも歌われてきました。武蔵野の美しさを象徴する色にちなんで、記念グッズにも紫色が取り入れられています。

 

開催概要

開催日:2022年11月12日(土)・13日(日)
開催時間:10:00~19:00(予定) ※開催日時については企画により異なります
料金:無料(ワークショップなど一部有料イベントもあり)
会場:埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン
主催:KADOKAWA
運営:KADOKAWA、ドワンゴ
後援:所沢市
特設サイト:https://tokorozawa-sakuratown.com/event/musashino-kairo.html


過去の記事へ
現在2420本無料公開中