【こども記者が行く】『津田さん、雲のことをおしえて!』気象予報士 津田紗矢佳さんに雲の楽しみ方を聞いてみた【夏の特別講座開講8/20(土)】


今日の空にはどんな雲?気象予報士 津田紗矢佳さんに、こども記者が直撃🎤

今日の空にはどんな雲?雲にはどんな種類がある?こどもに聞かれても知らないことがいっぱいの編集部スタッフ。こどももだけど、私も雲にちょっと詳しくなりたい!8月20日開講の「夏休み特別講座 夏の雲と仲良くなろう」を前に、こども記者2人といっしょに、気象予報士津田紗矢佳さんに「雲の楽しみ方」を伺いました。
 

▲気象翻訳者、気象予報士、防災士の津田紗矢佳さん
 

板チョコみたいな雲?コッペパン雲?いったい雲は何種類?

7月末、所沢なび初登場の小学生こども記者2人が、気象翻訳者、気象予報士であり、防災士の津田紗矢佳さんにお会いしました。この日の空は、いろんな雲いっぱいの青空!
 

▲武蔵野坐令和神社と青空
 
会う前、いろいろと質問を考えていた2人も、いざ会ってみると緊張した面持ち…。さぁ、インタビュースタートです!
 
こども記者:今日はどんな雲が見えますか
雲は大きく分けると10種類くらいに分類できます。ところざわサクラタウンは、角川武蔵野ミュージアムを中心に、周囲にいろんな雲が見られます。「今日は、空が高いところには巻雲。また、低いところには積雲もでていて、いろいろな種類の雲を見ることができますね!」と津田さん。



▲例えを使いながら、ていねいにわかりやすく説明する津田さん
 
「名前がわからないけど、板チョコみたいな、ぼこぼこした雲を見たことがある!」と、こども記者。
実践的なことでもいいし、チョコレートみたいな雲、コッペパンみたいな雲なんていう見方もよいですね。いつでもどこでも自分の好きなタイミングで雲を観察してみる、その実体験がとても大切です。
 
こども記者:雲はどうしたらできるんですか?
雲は、すごく小さな水や氷のつぶでできていて、空に浮かんでいます。空に浮かんでいるけれど、雲自体に重さもある。じゃあどうやって浮かんでいるのかというと、下から上に向かう風、上昇気流によって雲が浮かんでいるんです。
 
こども記者:「石雲」って名前の雲はありますか
石雲という名前の雲はないけれど、ゴツゴツした「石雲」だな、形から「恐竜雲」だな、「チョコレート雲」だなっていう楽しみ方も素敵ですね!じゃあ、正式な名前はなんだろう?と調べてみるのも楽しいですね。
 
こども記者:雲を触ることができますか?
触ることができますよ。雲は、水や氷のつぶが集まってできています。 
例えば、炊き立てのごはんの「湯気」も雲の仲間。ちっちゃな水の粒の集まりなので手が通り抜けちゃうけれど、
手軽に実体験できるのでぜひ試してみてください。
 

▲夏空にある「積乱雲」の説明も
 
こども記者:雲を知っていると得なことってありますか?
大きく2つあります。1つ目は、”出会いたい雲に、出会いたいときに会えるようになる”ことです。例えば、明日は低気圧が近づいてきます、西から天気が下り坂ですよ、というとき、雲の名前と現れやすいタイミングを知っているだけで、自分の好きな雲に出会える確率が高くなります。
もう1つは、天気の急変を予想できるようになることです。夏休み中、外で遊ぶ機会も多いと思いますが、天気の急変をもたらす夏の雲である「積乱雲」は、なかなか正確に予測できないものです。雲の変化をみることで、この雲が積乱雲になりそうだな!とか、さらに空模様の変化に気をつけてみると、天気を予想しながら外遊びを思いっきり楽しむことができますよ。
 
質問すればするほど、新たなギモンがでてきたこども記者たち。
 

最後に、津田さんに「推し雲」を聞いてみました!
私の推し雲は、「巻雲」です。
空の高いところにふわっと出てきて、見た目がかわいいのですが、すごく空の高いところでにできるので、風が強い、低い気温のなかにいる雲。かわいい見た目と環境のギャップが好きです、と津田さん。

 
皆さん「巻雲」ってどんな雲かわかりますか?ぜひ調べてみてください。
 
最後に、窓から見える雲についてお話してくれた津田さん。こども記者の目線になって、どんな質問にも優しく質問に答えてくださり、ありがとうございました!

▲あの雲のかたち、面白いね!
 

8月20日(土)に津田さんの講座「夏休み特別講座 夏の雲と仲良くなろう」が開講されます

「ところざわサクラタウン」をホームベースにしたカルチャー講座「角川アカデミア森の学校」の夏休み特別企画として8月20日(土)に気象予報士・津田紗矢佳さんによる【夏の雲と仲良くなろう】を開講。本講座は、雲研究者・荒木健太郎先生のベストセラー『すごすぎる天気の図鑑』シリーズをベースに、雲の基本や分類、空の虹色や朝焼け・夕焼けのしくみや観察のコツ、夏によく見かける「積乱雲」のしくみや天気の急変の予想のしかたについて紹介します。

気象予報士・津田紗矢佳さんより
雲を知らない方も、大好きな方も楽しめるよう、クイズをしたり、大画面できれいな雲の映像を見ながら進めていきます。雲の名前など基本的なことを紹介したり、きれいな雲を見るコツもご紹介します。講座の帰り道にすぐその楽しみ方を実践できます。この夏、さらに空を見上げるのが楽しくなるような講座にしたいと思っていますので、ぜひご参加ください。

 

 

「夏休み特別講座 夏の雲と仲良くなろう」

▶受講申し込みはこちらから:https://natsugumo-academia.peatix.com/


【開催日時】8月20日(土)13時00分―14時30分
【受講料(税込)】
一般 4400円
高校生 2750円
小中学生 1650円
お申し込みの先着20組に、パーセルくんのキーホルダーをプレゼント!
【会場】ところざわサクラタウン ジャパンパビリオンホールB​​



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。