日本初!光るイラスト マンホールが東所沢に


「ガンダム」「らき☆すた」など人気キャラたちが夜道を守る
KADOKAWAが日本初「LEDマンホール」を掲出!

▲ところざわサクラタウン「参道プロジェクト報告会」で披露されたLEDマンホールの点灯の瞬間の様子
左が「ケロロ軍曹」(イラスト:吉崎観音 ⒸMine Yoshizaki)と右が「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(イラスト安彦良和 Ⓒ創通・サンライズ)のマンホール

 

「角川武蔵野ミュージアム」「武蔵野樹林パーク」の一部区域のプレオープン期間がスタートした8月1日、アニメ原作版のキャラクターやイラストが描かれたマンホール28基(27種類)が、JR武蔵野線・東所沢駅から「ところざわサクラタウン」に向かう歩道に登場。そのお披露目が「ところざわサクラタウン」内の「武蔵野坐令和神社」で行われました。

取材2020年8月1日 成田知栄子


〝日本初〟(*1)の「LEDマンホール」が設置されたのは、「ところざわサクラタウン」(埼玉県所沢市東所沢和田三丁目31-3)の最寄り駅「JR武蔵野線・東所沢駅」から同施設に向かう歩道。
(*1 (一社)日本グラウンドマンホール工業会調べ)

設置数は合計28基27種類。夜はイルミネーションのように光り、なおかつデザイン性のあるマンホールを導入することで、「ところざわサクラタウン」へ向かう来場者の誘導や施設近隣の夜間の防犯効果のほか、下水道事業のイメージアップにつながると期待されています。

所沢市上下水道局では、2018(平成30)年から全国初となるマンホール蓋を広告に活用した事業を始めています。今回設置したマンホールは、さらに夜間でもそのマンホール蓋広告の魅力をアップさせる「LEDマンホール」。

マンホール蓋に広告としての機能性を持たせると、夜間に見えづらく広告の機能が薄らぎます。そこで所沢市上下水道局では、マンホール蓋の広告事業を開始後、「夜間でも広告の魅力を高めることができないか」と検討。そこで生まれたのが、マンホール蓋自体が発光する「LEDマンホール」です。

昨年2019年5月に同局庁舎前の歩道に試作品を設置し、実証実験として1年を通じて寒暖や雨水に対する強度や発光状況、その他の問題などを調査し、改良を重ねて「LEDマンホール」が完成しました。また発光のしくみも、「〝エコタウン所沢〟」の実現に向け、LEDの電源はソーラーパネルを使用し、環境にも配慮したそうです。

▲マンホール発光のしくみ(図 所沢市上下水道局提供)

 

▲LEDマンホールのお披露目の様子 左:藤本正人氏(所沢市長)井上伸一郎氏(KADOKAWA代表取締役副社長)
マンホール左が「ケロロ軍曹」(イラスト:吉崎観音 ⒸMine Yoshizaki)と右が「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(イラスト安彦良和 Ⓒ創通・サンライズ)のマンホール


この最新型の「LEDマンホール」を初めて掲出したのは、出版や映画などを手掛けるKADOKAWAで、デザインには、『Re:ゼロから始める異世界生活』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『らき☆すた』『この素晴らしい世界に祝福を!』など、同社が誇る人気のアニメ原作版のイラストやキャラクターが採用されています。(記事下のマンホール設置場所と作品名を参照)。

▲上左:2『Re:ゼロから始める異世界生活』イラスト:大塚真一郎 ⓒ長月達平
上右:28『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』イラスト:安彦良和  ⓒ創通・サンライズ
下左:10『らき☆すた』イラスト:美水かがみ ⓒ美水かがみ/KADOKAWA
下右:25『この素晴らしい世界に祝福を!』イラスト:三嶋くろね ⓒ暁なつめ・三嶋くろね
※番号は記事下マンホール設置場所

 

人気のアニメ原作版権のイラストを採用し夜に発光する「LEDマンホール」は、ところざわサクラタウンに向かう道しるべの役割も果たし、東所沢の街に明るさと活気を呼び、〝日本最大級のポップカルチャー発信拠点〟としてのPR効果もありそうです。

また、「ところざわサクラタウン」内には、世界の建築家、隈研吾さんデザインの神社「武蔵野坐令和神社(むさしのにます うるわしき やまとのみやしろ)」も建立されていて、「アニメ聖地88」(*2)の「一番札所」に指定されています。このため、「LEDマンホール」が設置された歩道は、その「一番札所」につながる参道としての位置づけになり、アニメファンの心をくすぐります。
(*2 一般社団法人アニメツーリズム協会Anime Tourism Association

もちろん、「マンホール」といえば、アニメファンのみならず、「マンホーラー」と呼ばれる、マンホールのデザイン性を楽しむ人たちも、近年増加中です。日本のマンホールは、デザイン性の巧みさや多彩さが話題で、国内だけでなく、世界からも注目されています。このため、内閣府の「COOL JAPAN(クール ジャパン)戦略」の1つのコンテンツにもなると期待が寄せられています。

28基のマンホールは、2020年8月1日から、毎日午後5時~午前2時まで点灯しています。

「LEDマンホール」に関する問い合わせは、KADOKAWAのサイトから→https://www.kadokawa.co.jp/support/
マンホール広告の詳細は 所沢市上下水道局経営課 電話:04-2921-1087へ

 

▲28基のLEDマンホール設置位置

【28基27種のマンホールのイラストの作品名と設置番号】
①とある魔術の禁書⽬録
②Re:ゼロから始める異世界⽣活
③機動戦⼠ガンダム THE ORIGIN
④ファイブスター物語
⑤アニメツーリズム協会公式キャラ じゅんれいちゃん
⑥⽂豪ストレイドッグス
⑦宇崎ちゃんは遊びたい!
⑧ヤマトタケル
⑨涼宮ハルヒの憂鬱
⑩らき☆すた
⑪スレイヤーズ
⑫デート・ア・ライブ
⑬アニメツーリズム協会公式キャラ じゅんれいちゃん
⑭オーバーロード
⑮ソードアート・オンライン
⑯フルメタル・パニック!
⑰機動戦⼠ガンダム THE ORIGIN
⑱⻘春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を⾒ない
⑲新世紀エヴァンゲリオン
⑳ロードス島戦記
㉑ケロロ軍曹
㉒機動戦⼠ガンダム THE ORIGIN
㉓ヤマトタケル
㉔狼と⾹⾟料
㉕この素晴らしい世界に祝福を!
㉖キノの旅 the Beautiful World
㉗この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる
㉘機動戦⼠ガンダム THE ORIGIN

 


▲武蔵野坐令和神社

 

 



記事の執筆者プロフィール

成田 知栄子 Chieko Narita
成田 知栄子 Chieko NaritaPRO
ラジオ、テレビでの取材活動を経てフリーになり、ライターに転職。フリーライター13年目を迎えました。情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」をポリシーに活動しています。記事情報が、誰かの何かにお役に立ちますように…。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。