大人気の球場グルメがついにご自宅でも! 『おうちでライオンズグルメ』が販売開始! 第一弾は若手選手も食べる若獅子シリーズ12 種をEC 展開



▲若獅子シリーズ全12 種類盛り付けイメージ
 
株式会社西武ライオンズは、ファンの方々に大好評のベルーナドームの球場グルメを冷凍食品としてご自宅で楽しめる『おうちでライオンズグルメ』を、3 月8 日(火)10 時よりオフィシャルEC サイトのライオンズストア オンライン(URL:https://store.seibulions.jp/f/lions-gourmetで販売します。
 
日本の球場としては最大級の約70 店舗、1,000 種類以上のメニューを展開しているベルーナドームでは、カジュアルなファストフードから本格的なレストラン、多種多様なビールやカフェメニューなどがあり、ファンからは「獅子まんま」の愛称で親しまれています
 
「これまで球場でしか食べることの出来なかったグルメがご自宅でもお召しあがりいただき、ファンの皆さまや西武線沿線にお住まいの皆さまにライオンズをより身近に感じていただきたい」という思いなどから、『おうちでライオンズグルメ』は誕生しました。
 

第1 弾として、若獅子寮で選手が実際に食べているメニューを再現した12 種を展開!

 
定番の「若獅子カレー」のほか、昨年12 月のLIONS THANKS FESTA(ファン感謝イベント)でも好評だった「若獅子帯広風豚丼の具」など、ご飯とセットで食べられる商品のほか、「若獅子担々麺」などの麺類、「若獅子サムゲタン風スープ」まで、1 食あたり520 円からの取り揃え。
 
商品は冷凍された状態でご自宅に配送され、湯煎または電子レンジで温めるだけ。ライオンズファンはもちろん、仕事や家事、育児などに忙しいファミリーのほか、一人暮らしの方など幅広い方々におすすめです。
 
EC のほか、プロ野球開幕戦の3 月25 日(金)よりベルーナドームでも販売されます。今後も段階的に商品を追加される予定です。
 

『おうちでライオンズグルメ(若獅子シリーズ)』のポイント

✓選手が実際に食べている若獅子寮のメニューを冷凍食品化!全12 種のうち9 種は初登場!
✓解凍時間は最大約10 分。具材の追加や盛り付けなどで自由にアレンジが可能!
✓長期保存が可能。商品1 つにつき1 食分で食品ロスにも貢献。
 

源田 壮亮選手コメント


▲源田 壮亮選手
これがファンの皆さまのご自宅でも食べられれば、まさに“おうちでライオンズグルメ”だと思います!僕は試合中に食べることができませんので、今度自宅でゆっくり食べてみたいです。ファンの皆さまがベルーナドームにお越しになれない日でも湯煎やレンジでチンをするだけで、ベルーナドームの匂いを感じることができるのは凄くいいですね!たとえば若獅子カレーを食べながら、ご自宅でライオンズ戦を観戦すれば、ベルーナドームにいる気分になれると思います。ぜひファンの皆さまもお試しください!
 

『おうちでライオンズグルメ』 概要

販売日

2022年3月8日(火)10:00~
 

販売場所

・ライオンズストア オンライン内「おうちでライオンズグルメ」特集ページ
URL:https://store.seibulions.jp/f/lions-gourmet/
・ベルーナドーム ゲート内広場 インフォメーション(総合案内)横 球弁特設カウンター
 

販売時間

ベルーナドームでの一軍公式戦開催日の6 回裏終了~試合終了後30 分後まで
 

特典

ライオンズ公式電子トレカ「L COLLECTION」で限定トレカが獲得できる二次元コードが付いたステッカ
ーを、1 食につき1 枚各商品に同封しています。
※獲得できるステッカー、トレカはランダムです。
 

商品ラインナップ

(価格は2022年3月現在のものです)

▲若獅子カレー(ポーク)  580 円
 

▲若獅子カレー(チキン) 550 円
 

▲若獅子カレー(ビーフ) 600 円
 

▲若獅子帯広風豚丼の具 580 円
 

▲若獅子チキン南蛮 520 円
 

▲若獅子ネギチャーシュー丼の具 580 円
 

▲若獅子ねぎ塩鶏丼の具 520 円
 

▲若獅子タコライスの具 650 円
 

▲若獅子ビビンバの具 680 円
 

▲若獅子サムゲタン風スープ 550 円
 

▲若獅子まぜそば 680 円
 

▲若獅子担々麺 680 円
 
※写真は盛り付け時のイメージです。ご飯やトッピングの一部具材はご自身でご用意いただきます。
※価格はすべて税込です。



記事の執筆者プロフィール

Avatar photo
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。