ブルーインパルス、河合郁人さん、そして埼玉西武ライオンズ たくさんのエールをもらえた日


3月25日、待ちに待ったプロ野球が開幕しました。

 

▲センターバックスクリーン後方のLビジョンに映る選手たち
 

今年も無事開幕を迎えられただけで嬉しい! という野球ファンは多いと思います。しかし今年のライオンズの開幕戦では、野球ファンにもそうでない人にも嬉しいプレゼントがありました。

 
まず一つ目は、「-夢、希望、感動、笑顔を- GO!ライオンズ! Supported by 航空自衛隊ブルーインパルス」
 
航空自衛隊の「ブルーインパルス」が、今年から名称を「ベルーナドーム」と改めたライオンズ本拠地球場とその周辺の上空を駆け巡る「展示飛行」と呼ばれるイベントです。
 
開幕戦当日、ベルーナドームにはブルーインパルスの華麗な展示飛行を見ようと開場前から多くの人が集まりました。


15時20分、中部航空音楽隊による吹奏楽演奏に続き、いよいよベルーナドーム上空に6機編成の飛行隊が姿を現します。
 

▲画像02©SEIBU Lions
 

▲画像03©SEIBU Lions
 

▲画像04©SEIBU Lions
 

▲画像0©SEIBU Lions5
 
航空自衛隊隊員の方のアナウンスに合わせ、空を舞う白鳥をイメージした「スワン・ローパス」、十字隊形の「グランドクロス・ローパス」など、約20分のあいだに5つのフォーメーションを披露してくれました。
 
編隊が最高速度マッハ0.9(時速約1,040km/h)のスピードであっという間に上空を駆け抜ける様子に、観客はすっかり魅入られ、編隊が去り顔を下ろした時には、皆一様に興奮したような笑顔を浮かべていました。
 
ブルーインパルスの飛行は昨年4月にも実施が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。所沢の近隣である航空自衛隊入間基地で毎年行われている「入間航空祭」もまた、新型コロナの影響により2年連続で中止となってしまいました。
 
球場の周辺地域でもこの展示飛行を見ることが出来た方も多いと思いますが、ブルーインパルスを心待ちにしていた人、初めて展示飛行を見る人、それぞれの心に勇気や感動を与えてくれる素晴らしいデモンストレーションでした。
 
もう一つの「嬉しいプレゼント」、それは、アクロバティックでキレッキレなパフォーマンスを披露してくれるアイドルグループ “A.B.C-Z” のメンバーであり、最近ではバラエティー番組やMCでも活躍、今やテレビで見ない日はないくらいの超売れっ子・河合郁人さんによる始球式です。
 

▲画像06©SEIBU Lions
 

▲画像07©SEIBU Lions
 

河合さんは所沢のお隣の東京都武蔵村山市出身で、大のライオンズファン。この日のために4つ年上のお兄さんと練習してきました。始球式もご家族全員ライオンズのユニフォームを着てスタンドに見に来ていたとか。
 
投球前やストライクを取ったあとにパフォーマンスを決め、余裕のあるように見えていましたが「コンサートのときより全然緊張した」そう。
 
「次は始球式ももちろんまたやりたいですけど、レオとライナと、あとダンサー(ブルーレジェンズ)のみなさんと踊ってみたいなと思いました」
 
と、始球式はもちろん、それ以外のチャレンジにも意欲満々な様子でした。その時にはなんと「(A.B.C-Zのメンバーを)全員連れてきますんで。5人全員で踊りたいですね」
 
これは絶対見たい! 今からとっても楽しみです!
 
ちなみに、A.B.C-Zのメンバーからは、始球式が決まったと聞いて「凄いね! 芸能人じゃん」と言われたそうです (笑)

 
最後に、新たなシーズンに船出したライオンズへのエールをくれました。
 
「今日から開幕です。僕もこどもの頃からずっと応援していて、もちろん今年もしっかり応援します!埼玉西武ライオンズの皆さん頑張ってください!」

 

▲画像08©SEIBU Lions
 
ブルーインパルス、河合郁人さん、そして開幕戦は惜しくも敗れたものの、「今年は昨年とは違うぞ」と手ごたえを感じさせてくれたライオンズ。多くの人たちからエールをもらえた一日でした。
 
プロ野球はまだ開幕したばかり。これからもライオンズからもらったエールを力に変え、また我々からのエールをライオンズに送り、互いに応援しあってこの困難な時代を一緒に乗り越えましょう!
 

▲画像09©SEIBU Lions
 



記事の執筆者プロフィール

Avatar photo
浮間六太 Ukimarotta
埼玉西武ライオンズの試合をホーム、ビジター合わせて年間100試合以上生観戦するライオンズ熱愛者。この溢れるライオンズ愛をみなさんに無理矢理お裾分けすべく、思い入れと思い込み全開のライオンズ情報をお届けします!

この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。