面白いトイレを作る水道屋さん


所沢の熱いプロ集団がここにいた!


▲ここはいったい何屋さん?
 
所沢航空記念公園へ行く道すがら、いつも気になっていた、アメリカンな外装のこの建物。カフェ?美容室?いったい何屋さんなんだろうと、ずっと気になっていたそこは、、、水道屋さんだった〜!?
面白い動きは見逃せない「所沢なび」。早速、お話を伺ってきました。

 

日本一かっこいい水道屋さんに

まず、駅からファルマン通りを通り、途中、「旭橋」を通って、東川に向かって進みます。

▲西武鉄道の電車が見えます
 
左手の小道に入って進んで行くと…

▲線路沿いをまっすぐ
 
目に飛び込んでくるこちら!
外壁にカラフルで面白いトイレの蓋がずらり。
 

▲見て楽しめるように、さまざまなデザイントイレがお出迎え
 
一見すると、カフェのよう。こちら、石和設備工業さんの社屋だったのです。

▲有名なサインペインター金子裕亮さんが手がけた社屋の窓
 
石和設備工業さんは、昭和44年に設立した「水道工事業」つまりは、町の水道屋さん。これまで、個人のお客さまはもちろん、所沢市内のさまざまな公共施設の工事・修理を手がけてきました。
 

▲2011年に社長に就任した小澤大悟さん
 
昔から、水道の配管工事など専門技術的な仕事が大好きだった、小澤代表。しかし、水道工事業に対するイメージに加えて、床下や壁の裏など、いくら綺麗にやっても、見た目には見えず、なかなか喜んでもらえない仕事でもあると感じていたそうです。
水道工事業の技術を活かして、「何か、自社商品を作れないか・・」。そんななか誕生したのが、新事業となる「デザイントイレ」。それを機に、会社の外観やロゴ、ユニフォームなども、これまでの水道屋さんのイメージを一新するようなデザインにチェンジ!!2019年からは、水回りのプロが手がける「トイレ空間プロデューサー」としての営業もスタートさせました。
 

まずは、見てみて!これまでのデザインを一部ご紹介

トイレ空間のプロデュースって?百聞は一見に如かず。
石和設備工業さんがこれまで手がけたデザイントイレの一部をご紹介します。
 

ティファニーブルーなトイレ

世界的有名ブランド「ティファニー」のカンパニーカラーである、ティファニーブルーを取り入れたデザイントイレ。海外のラグジュアリーなホテルをイメージしてデザインしたこのトイレ。もともとは、1階トイレの修理から始まり、まるまる1軒リノベーションを依頼されたケース。トイレの蓋に採用したシャイニーシルバーは、お客さまへのサプライズで、予想以上に喜んでいただけたのだとか。
 

▲真っ白な腰壁との組み合わせが絶妙
 

トイレトレーニングに最適!

「とにかくラクに、楽しく、トイレトレーニングがしたかった」と言う4人の娘さんをもつ小澤代表。実際に、娘さんたちが、実質1週間ほどで”トイトレ”を完了させたと言うこのデザイントイレ。トイレットロールホルダーの蓋には、簡単に剥がせるシールがあり、トイトレ用のご褒美シールになる工夫も。市販の中性洗浄シートでお掃除可能であること、簡単に貼って剥がせる、模様替え感覚での利用ができる点は、主婦目線からも嬉しいポイントです!
 

▲プリンセスバージョン。
 

▲蓋の裏までカワイイ!こちらは、電車バージョン
 

所沢市内飲食店にも、導入中!

伝えたいメッセージを、トイレから楽しく発信!こんな伝え方もイイですね◎
新所沢にあるホルモンバグジーの店内トイレ。

オーナーの写真を前に、「パンツを下ろせない(笑)」と男性が座って利用してくれるようになる効果もあり、トイレのクリーンさがアップしました。(オーナー談)

 

▲「はい、わかりました〜!」の声が聞こえそう
 

愛犬との思い出をトイレに

室内に大切に飾られていた、愛犬が描かれたステンドグラスから発想を得て計画。
これまで多くが、「すごいね!」「可愛い!」と言う依頼者の一言目が、この時は、「○○ちゃん…」と愛犬の名前で、人の気持ちを少しでも動かすことができたと、代表をはじめ、思い入れのあるデザイントイレの1つなのだそうです。
 

▲愛犬にいつでも会える空間
 

ピカピカ黄金トイレ!

▲石和設備工業さんのオフィス内に発見!1日一回拝みたくなる輝き

 
これまでの多くのデザイントイレ導入のきっかけとなったのは、「トイレの修理」から。今では、トイレ空間全体のリノベーションのみならず、家の中のさまざまな空間づくりへのリクエストに繋がっているそうです。お客さまとお話をしていくなかで、好みのアイディアを提案したり、望んでいる空間を創り上げる。まさにこれこそ、トイレという枠を超えた「空間プロデューサー」!
 

トイレを通じて、人のライフスタイルをポジティブに!

毎日使う空間だからこそ、「トイレからライフスタイルを変えるきっかけになってほしい」という願いが込められているこの事業。実際に、デザイントイレを導入したお客さんで、これまで以上にもっとキレイに使う意識が持てたり、物を減らして、ときめく空間に変化させていたりと、“ポジティブ”な流れが生まれているのだとか。

今後は、このデザイントイレを、公共施設や商業施設でのイベントプロモーションや、災害時・コロナ対策等で活用できないか検討しているところだそうです。また、2020年には、KAWAYA DESIGNとして新ロゴと共に、本事業をより一層パワーアップさせて行く狙いがあるそうです。
 

▲とてもおしゃれなデザイントイレ事業の新ロゴを見せてくださった小澤代表
 
どんな状況下でも、アイディアと情熱を絶やさず、常に行動を止めないエネルギーさに、話を聞いている私もワクワクしました。所沢をはじめ、いろいろな場所で、所沢発のデザイントイレを目にする日も近そうですね!
 

▲取材にあたり、丁寧に対応してくださった小澤代表と、奥さまの小澤知希(さき)さん
 
また、航空公園へ行く際にも、アメリカンなオフィスをぜひチェックしてみてくださいね!!

石和設備工業(kawaya-design)
〒359-0035 埼玉県所沢市西新井町21−3
Website: https://kawaya.net/

↓いろんなデザインを見ているだけでも楽しくなる!石和設備工業さんのインスタがオススメ!
Instagram :https://www.instagram.com/kawaya_design/

 

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

ハル かおり Kaori Hurrell
ハル かおり Kaori HurrellPRO
元地銀広報ライター。家族4人暮らしの”新米”所沢市民です。西武鉄道、トコろんが大好き。地域の様々なイベントや情報を共有できたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

頂いた応援メッセージ

  1. すごい😵こんなアイデアを実現されている人がいるんですね!!

  2. 筆者です。コメントありがとうございます。そもそもは水道工事業の会社なのでそちらがメイン、でも、こんな面白いアイディアもいっぱいなのがとても興味深かったです。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。