会社人間から地域人間へ


小手指発~おかげさまで20年目。
オヤジ達のアート展開催‼


▲第20回アートでせまるオヤジ達展 チラシ

セカンドライフをイキイキと楽しむ「小手指メンズクラブ」主催のアート作品展「第20回 アートでせまるオヤジ達展」が、9月1日(日)~5日(木) 所沢市役所1階 市民ギャラリーで開催されます。
普段はアートとは無縁のメンバーが中心となって活動する、小手指メンズクラブのチョット粋な企画展(第20回アートでせまるオヤジ達展)をご紹介します。

文:2019年8月22日 坂本 隆二

 

★第20回アートでせまるオヤジ達展

「本人がアートだと言えば、それがアート」である!
このスローガンが、小手指メンズクラブのオヤジ達にとってのアートの定義です。
この展示会は、アートを趣味にしている人だけが制作・発表するだけではなく、
この機会に不慣れなことにもみんなで挑戦してみようという人を中心として活動しています。
「上手くなくていいんです。アートを通してセカンドライフの地域交流を図ろう、自由に楽しもう」という狙いです。作品は、油絵・水彩画・筆ペン・切り絵・陶芸・書道・写真・盆栽・俳句・川柳・木工細工・ボタン絵など様々です。

▲昨年のアート展 展示の様子

年に1回のペースで回数を重ねて、今年で第20回の節目を迎えます。先ずは、1点1点の作品のご紹介。腕に覚えのある方の作品も展示されます。


▲昨年の個人作品(絵)


▲昨年の個人作品 Oさん(書)


▲昨年の個人作品 Aさん(陶芸)

昨年(第19回)は、参加者39名・作品総数173点が出展されました。個人作品の展示ばかりではなく、会員の合作の企画展示があります。(むしろ企画展示のほうが特徴的かも!?)
なかには制作者さんも自認するほど、1作品を単体で取り上げるには気恥ずかしい作品もあるらしいです。ジャンルも絵や写真・書道・陶芸など様々なので、個別に掲げると雑多な印象を与えかねないこともあり、メンバー多数の合作としてレイアウトし、一つの作品にまとめて展示したそうです。
昨年の展示会は5月だったこともあり、ひとつひとつの作品を鯉のぼりのうろこに見立てて飾りこみました。


▲昨年の企画作品。個々の作品がパーツになって鯉のぼりが仕上がってます。

腕前に不安なメンバーさんもこれなら安心ですね。「敢えて自身の不慣れさを晒すことに挑戦することも意味がある」とのことです。

今年の企画展では、9月ということもあり、個々の作品を「大きな葡萄に秋を表現!葡萄の一粒一粒が個人作品の集合絵画」として枠組みされる予定です。
昨年の事例を踏まえると、なんとなく集合絵画のイメージは湧きますね。

今年の出展作品数も昨年と同数くらいの出展がありそうです。
来場者数も年を重ねるごとに増加し、昨年は601名に。市役所に用事があって訪れた方ばかりではなく、この展覧会を見るのを楽しみにしている方もどんどん増えています。
賞がもらえるわけではなく、不得手なことに挑戦する意義を掲げるこの企画。普通の展示会と違う、チョット粋なイベントです。入場は無料ですので、是非みなさん足を運んでご覧になってください。

 

第20回 アートでせまるオヤジ達展

【開催日時】9月1日(日)~9月5日(木) 9時から17時
〔1日(日)は12時~、5日(木)は15時まで〕
【開催場所】所沢市役所1階 市民ギャラリーにて
所沢市並木1-1-1
【主催】小手指メンズクラブ
第20回アートでせまるオヤジ達展 実行委員会
問い合せ:04-2921-5361 横田一二三さんまで
※展示会に関するお問い合せのみ

大きな地図で見る

 

★小手指メンズクラブについて

平均年齢70歳前後の会員(男性のみ)が50名前後で活動するクラブ。
毎月第3土曜日小手指公民館本館において例会を開催し、
各種ボランティア活動やサークル活動の方針や報告・連絡を行っています。
ボランティア活動としての「彩の国ロードサポート」(国道436号バイパスの花壇作りと清掃)、「ところざわ夢あかり音楽会」への参加、小手指公民館「子どもまつり」への協力。
他に当「アートでせまるオヤジ達展」、毎月第一金曜日実施の懇親会「一金会」、
地域を知る・歴史を知る「歩こう会」、見聞を広める「見学と体験ツアー」、
サークル活動として、テニス、ゴルフ、ボーリング、ビリヤード、グランドゴルフ、野菜作りの「菜遊会」、慰問などを行うコーラス「蛙会」、木を楽しむ「木学会」など。

<小手指メンズクラブ>

主たる活動場所:小手指公民館 本館
所沢市北野南1-5-2
電話:04-2948-1295
※小手指メンズクラブの活動・会員加入等のお問い合わせは上記連絡先の、
小手指公民館にお願いします。公民館より小手指メンズクラブ側に連絡が入ります。

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

坂本 隆二 Ryuji Sakamoto
坂本 隆二 Ryuji Sakamoto
31歳の時に所沢に引越し。仕事の都合で移住した、元ベッドタウン族です。 離職をきっかけに「所沢」という街を知りたくなり、地域活動デビュー。まだまだ地元の方には及びませんが、ぼちぼち活動していこうと思います。よろしくお願いします。

頂いた応援メッセージ

  1. とても分かりやすくて、読みやすかったです。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様