第18回 アートでせまるオヤジ達 展


大きな葡萄に秋を表現!葡萄の一粒一粒が個人作品の集合絵画

 

始まりは絵を描くのが趣味の2人の立ち話。
あれよあれよとそれは膨らみ、平成12年より市役所のギャラリーを借りての展覧会「アートでせまるオヤジ達 展」へ。
私たちの「アート」は遥か高嶺に咲く花ではなく、今そのままの自分でも育てられる花。
上手い下手は問題外、評価されるかは想定外。
合い言葉は「本人がアートと言えば、それがアート」。
重要なのは何よりもチャレンジする精神なのです。
小学校以来のお絵かき人、これでもアートでいいですかの人、美術恐怖症の人も巻き込んでの百花繚乱。
油絵・水彩・筆ペン画、切り絵、生け花、書道。
写真・版画・盆栽・盆景。
菊・俳句・川柳に、野菜・木工作品・・・
その他色々妙なもの。
オヤジ達がアートでせまるのは、何よりも自分自身なのかもしれません。

 

平成28年5月の第17回アート展には40名がアート展に参加し、出展作品総数が176点となりました。

下記は、テーマ作品とした「鯉のぼり」

来場者は5日間で848人、所沢市長をはじめ、多くの一般の方に来場いただきました。

 

主催:小手指メンズクラブ


小手指メンズクラブとは・・・

「小手指メンズクラブ」は『ちょっとカッコいい所沢をめざして』活動している仲間たちです。

地域との関わりの希薄な存在であった男たちが、小手指公民館の企画した男性専科の講座『メンズカレッジ』から巣立ち、仲間の輪を広げながら、男の視線でないかできないかを追求し実現しようとする者の集まりです。

各会員が相互の信頼と友情の輪を広げ、地域における生き方の探求に取り組んでいくための機会と場を作ることに資するとともに、様々な活動を通して、快適な地域社会づくりの一助になろうとする目的でこの会ができました。

活動も会主催の毎月行う月例会、月一回の飲み会の一金会、見学と体験のツアー、毎月行う国道463バイパスの清掃と花壇づくり(県の委託)、11月の小手指公民館文化祭への参加、年1回のアート展、毎月行う歩こう会、クラブ活動としてはテニス、ビリヤード、ゴルフ、ボーリング、野菜作りの菜遊会、蛙の会(コーラス)、グランドゴルフが活動しています。

 

(平成10年結成 現在5会員7名)

 

イベント情報


日時:9月3日(日)~9月7日(木) 9時~17時

※9月3日(日)は12時より、9月7日(木)は15時まで

場所:所沢市役所1階 市民ギャラリー



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部
所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。