重松流祭ばやしの歴史と魅力を感じる2日間!


所沢市指定無形民俗文化財指定50年
記念事業と記念大会を開催 入場無料

所沢の伝統芸能「重松流祭ばやし(じゅうまりゅう まつりばやし)」が所沢市の指定民族文化財に指定されて50年。「重松流祭ばやし」は、所沢生まれの古谷重松( ふるやじゅうまつ )が編み出した獅子の流派と伝えれ、幕末から明治期以降、所沢を中心として多摩地域にかけて広まったと伝えられています。
その「重松流祭ばやし」の文化財指定50年の記念イベントと記念大会が6月1日と2日に開催。重松流祭ばやしのルーツをテーマにした講演会や演目解説、賑やかな演奏や演舞の披露などが様々なイベントが用意されています。

【日時】
令和元年6月1日(土曜)、6月2日(日曜)

【会場】
所沢まちづくりセンター中央公民館ホール(所沢市元町27-5)
入場無料 申込不要 定員350名

【6月1日(土曜)内容】
午後1時00分から 記念講演「重松流祭囃子のルーツに迫る」 講師:小峰孝男氏
午後2時30分から 重松流祭囃子 演目解説 解説:重松流祭囃子保存会
午後2時30分から午後5時00分 各囃子連紹介コーナー(展示)
主催:所沢市教育委員会 協力:重松流祭囃子保存会

【6月2日(日曜)内容】
午前10時00分から 所沢市無形民俗文化財指定50年記念式典
正午から 各町内囃子連による演奏
午前11時00分~午後4時00分 各囃子連紹介コーナー(展示)
主催:重松流祭囃子保存会 後援:所沢市教育委員会、「ふるさと所沢」文化遺産保存活用実行委員会

【お問い合わせ】
所沢市 教育委員会教育総務部 文化財保護課
住所:〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟6階
電話:04-2998-9253
FAX:04-2998-9128


2019年5月28日
飯塚まりな(イラストレーター/所沢なびライター)



記事の執筆者プロフィール

飯塚 まりな Marina Iizuka
まりな
イラストレーター飯塚まりなです。 親しみや共感をテーマに作品作りをしています。 地元の気に入ったお店や場所をイラストで表現して発信中! 仕事では現在、学習塾やサロンのチラシ、キャラクターデザイン、4コマ漫画など多数描いています。 今年2019年3月、介護福祉士を取得。 介護ではレクリエーションに特化して介護予防に力を入れてきました。 住みやすく、働きやすい所沢でホッとな情報をお届けします!

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様