所沢にキラリと光る感性


〜光の園アート企画展〜

毎年、所沢市内のどこかで観ることができる「光の園企画展」。今年は茶畑の見える「galleryみかじま」であっといわせる個性豊かな作品達が登場!

こんにちは、所沢なびライター兼イラストレーターの飯塚まりなです。
私が2年前、所沢市役所でたまたま観た「光の園作品展」。入った瞬間に「この作品いいな!」「絵が可愛い!!」と興味津々で見入ってしまいました。その日から密かなファンです。

光の園は所沢市狭山ヶ丘ある福祉施設です。障害をお持ちの方達が様々な技法でアートに触れ、豊かな想像力を養い、日々作品作りに励まれています。スウェーデン刺繍のペンケースや巾着などの小物作りも一つ一つ丁寧に仕上げ、販売しています。

今回はどんな作品達と出会えたかご紹介!
こちらの会場は三ヶ島中学のそばにある「みかじまgallery」です。モダンな雰囲気に包まれ、家具や骨董品もおしゃれに飾られています。色あざやかな作品と共に一体化した空間が素敵です。
好きなソファーに腰かけて座って鑑賞するのもオススメです。

毎回ガラス作品に心惹かれます。今回はこの一点のみ。
どんな発想で作っているのか制作風景が気になりますね。

砂絵も素敵です。全体に絵が生き生きしています。
きっと描いてもらったお花も喜んだことでしょう。
割りかし大きな作品が多く、制作場所がしっかり確保されていることがわかります。
やはり作品作りに場所は大切です。

こちらは虫の作品!本物ならこわくて嫌がる虫もイラストタッチで描いてある作品が目を引きます。懐かしい記憶が蘇ってきました…小学生の夏休みといえばカブトムシですよね。

素敵な作品ばかりで見とれてしまい時間があっという間でした。私がお邪魔した時は誰もいませんでしたので贅沢な時間を過ごせました。バラエティーに富んでいて目が喜んでいます。

こんなシュールな作品もあって笑ってしまいました!
「サザエさん!?ではなくソゾウさん?」
ネズミなのか宇宙人なのか…謎に包まれています。
「絵本みたいな絵だからお話にならないのかしら。」と今後に期待しちゃいます。

このギャラリーは普段は市内の方が作品を展示したりいろんなことに活用されているそうです。それにしても素敵な場所でした。外のバルコニーも天気の良い日は是非のぞいてみてください。青々とした茶畑が広がっています。

作品展は今月7月31日(水曜)まで!
そろそろ終わりに近づいてますので日程を合わせてお早めにご来場くださいね!是非初夏を迎え元気をもらいたい人にオススメです。鑑賞しながら明るい気持ちになりますよ。

取材:2019年7月10日 飯塚まりな


【光の園アート企画展】
《開催期日》2019年5月15日(水)〜7月31日(水)
《時間》10:00〜16:00
土日祝は休廊

《会場》galleryみかじま
埼玉県所沢市三ヶ島3−1421(三ヶ島中学校隣のローソン横道入り右2軒目)
ギャラリーは2階がメイン。1階も作品が数点展示。
エレベーターなし。

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

飯塚 まりな Marina Iizuka
まりな
イラストレーター飯塚まりなです。 親しみや共感をテーマに作品作りをしています。 地元の気に入ったお店や場所をイラストで表現して発信中! 仕事では現在、学習塾やサロンのチラシ、キャラクターデザイン、4コマ漫画など多数描いています。 今年2019年3月、介護福祉士を取得。 介護ではレクリエーションに特化して介護予防に力を入れてきました。 住みやすく、働きやすい所沢でホッとな情報をお届けします!

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様