所沢シティマラソンが遂に30回記念!


参加しやすい理由とは?あなたも走ってみませんか?

2019年12月1日(日)、メットライフドーム周辺で所沢シティマラソンが催されます。元々1度だけの予定だった企画が好評を得て定期開催になり、遂に30 回!眺めも良く、走りがいのあるコース。年齢や走行距離でのクラス分けが参加しやすいと人気の大会です。

2019年8月29日カケミズ


▲2019所沢シティマラソンのチラシ

1回の予定が遂に30回!所沢シティマラソンの魅力とは?

所沢シティマラソンは市政40周年の記念事業として、1回限りの予定で企画されたマラソン大会でした。ところが実施したところ、好評を得て、毎年開催することになり回を重ねていきました。記念回である今回限りの特別企画を始め、その魅力をお伝えします。


▲2018所沢シティマラソン ファミリーの部は家族が一緒に走れます

30周年記念Tシャツが参加賞に

例年の参加賞はスポーツタオルですが、今回は30回の記念回、ハーフと5kmの大人部門だけ、記念Tシャツにグレードアップ!さらに表彰台の対象は1位〜10位を表彰されるとのことです!

申し込みはお早めに

各クラスに定員があり参加者人数は限定になっています。毎年、定員に達する期間も短くなってきているとか。所沢シティマラソンが広く周知され、受け入れられてきていることがうかがえます。

埼玉西武ライオンズ選手も参加(予定)

毎年、プロ野球球団「埼玉西武ライオンズ」の若手選手がファミリー・オープンの部に参加しています。

観光物産展で所沢も満喫

所沢の名産品やランニンググッズなどの販売を行う観光物産展も開催されます。


▲2018所沢シティマラソンの様子 会場にはグルメ屋台も

ハーフコースがオススメ!

第29回大会から、ハーフの部は狭山湖の堤防を駆け抜けるコースになりました。マラソンの魅力の一つは風景を眺めながら走ること。狭山湖を眺めながらの走りは爽快なこと間違いなしです。

また、コース設定は所沢市西武の狭山丘陵を中心になっています。特にハーフコースはアップダウンのある走りがいのある設定になっています。

参加しやすいクラス分け


▲2018所沢シティマラソン ファミリーの部 スタートの様子


▲2018所沢シティマラソン スタートを待つ 5km男子の部

種目部門が23クラスに分けられていて、どなたでも参加しやすくなっています。

1.ハーフ 男子(39歳以下)
2.ハーフ 男子(40歳〜49歳)
3.ハーフ 男子(50歳〜59歳)
4.ハーフ 男子(60歳以上)
5.ハーフ 女子(39歳以下)
6.ハーフ 女子(40歳〜49歳)
7.ハーフ 女子(50歳〜59歳)
8.ハーフ 女子(60歳以上)
9.5km 男子(39歳以下)

10.5km 男子(40歳〜49歳)
11.5km 男子(50歳〜59歳)
12.5km 男子(60歳以上)
13.5km 女子(39歳以下)
14.5km 女子(40歳〜49歳)
15.5km 女子(50歳〜59歳)
16.5km 女子(60歳以上)
17.5km 中学男子
18.3km 中学女子
19.3km 小学男子(5・6年生)
20.3km 小学女子(5・6年生)
21.オープン 高校生以上の男女
22.ファミリー 小学1〜4年の児童1人と保護者
23.ファミリー 小学1〜4年の児童2人と保護者


▲2018所沢マラソンのゴールの様子 完走したランナーの清々しい笑顔

魅力がいっぱい!どなたでも参加しやすい所沢シティマラソン!30回の記念回に参加してみてはいかがでしょうか?

開催日時 : 令和元年12月1日(日)7:00〜12:20(雨天決行・荒天中止)
申し込み期間 :令和元年9月4日(水)〜30日(月) 所沢市民先行申し込み:令和元年9月1日(日)〜 3日(火)

詳しい申し込み方法とと詳細内容は第30回所沢シティマラソン大会【公式】のHP をご覧になってください。
http://tokorozawa-marathon.jp

大会に関するお問い合わせ先
所沢シティマラソン大会事務局

〒359−8501
埼玉県所沢市並木1ー1ー1
所沢市教育委員会 スポーツ振興課内

TEL 04−2998ー9248
(月〜金/8:30〜17:15 ※土・日・祝日を除く)

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

カケミズ Kakemizu
カケミズ Kakemizu
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。 趣味は茶道です。茶所に来られてワクワクしています。カメラを始めたばかりです。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様