あと半年 ‶無病息災〟で乗り切ろう!


所澤神明社と中氷川神社の「夏越の大祓」

6月のこの時期、寒暖差や暑さや湿気などで疲労がたまっていませんか?
1年のちょうど半分が終わる6月30日に、日本の神事では「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われています。今年前半の疲れや余病を慰労して、これからの半年の無病息災を願うもの。所沢市内の所澤神明社と中氷川神社の祭典情報ご案内します。

文:2019年6月10日 Ryuji Sakamoto


▲過去の所澤神明社の「夏越の大祓」の様子

6月30日に開催される「夏越の大祓」は、半年間の罪や穢れを洗い落とし、残り半年の無病息災を祈願する神事です。
歴史的には日本神話の「蘇民将来」信仰まで遡り、神事としては奈良時代から宮中行事として定まれていた由緒あるものです。
その祭典行事として「茅の輪くぐり」が行われます。「茅の輪くぐり」は、正月から半年間の罪や災いをはらい、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります。「茅の輪をくぐることで、禊(みそぎ)をして邪悪な穢れ(けがれ)をはらい、災難を予防するといわれています。心身の弱りや悪化・衰えを祓って、この先半年の健康を祈願する祭事です。


1.所澤神明社

▲所澤神明社 大祓の神事「茅の輪くぐり」の様子

■ 夏越の大祓

【受付】2019(令和元)年6月22日(土)~6月30日(日)
【玉串料】一式3000円(神札・茅輪守り・家族分の形代・晦日祓)
※神札と形代のみは1000円
※大祓の神事(下記)に参加できない場合は、6月30日迄に御神札と形代を受けて茅の輪をくぐるとよい

■ 大祓の神事

【日時】2019(令和元)年6月30日(日)
13:00 15:00 18:00 20:00
※15分前までに集合
【神事内容】茅の輪くぐり後 拝殿にて大祓詞奏上
※大祓は拝殿内で行うため、昇殿可能な人数に限りがあり。上記の4回のうち都合のよい時間を前日までに社務所まで予約のこと。神明社社務所 04-2922-3919

【住所】所澤神明社:所沢市宮本町1-2-4 電話:04-2922-3919


2.中氷川神社


▲中氷川神社の境内に設置された茅の輪

■水無月夏越祓

6月30日(日)から境内に茅の輪が設置され、半年間の罪穢れを除き、心身の清浄を祈念する「茅の輪くぐり」が斎行されます。
【期間】6月30日(日)~7月7日(日)・七夕
【受付時間】午前9時30分~午後4時30分まで

■大祓 祭典

【日時】6月30日(日)午後2時~

【住所】中氷川神社 埼玉県所沢市山口1849番地
【電話】04-2922-8888 (受付:午前9時半~午後4時)
【FAX】04-2001-9579 (FAX24時間受付)


詳細は各神社の社務所にお問い合わせください。

文:2019年6月10日 Ryuji Sakamoto



記事の執筆者プロフィール

坂本 隆二 Ryuji Sakamoto
坂本 隆二 Ryuji Sakamoto
31歳の時に所沢に引越し。仕事の都合で移住した、元ベッドタウン族です。 離職をきっかけに「所沢」という街を知りたくなり、地域活動デビュー。まだまだ地元の方には及びませんが、ぼちぼち活動していこうと思います。よろしくお願いします。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様