航空自衛隊の祝賀飛行も!航空公園でイベント盛りだくさん!


フランス航空教育団来日100周年記念イベントなど
~自衛隊機T-4が飛ぶ!食、音楽、文化、歴史を体感~

※祝賀飛行の機体が変更、または天候等により中止になることもあります

今年(2019年)4月6日と7日は、所沢航空記念公園と航空公園駅東口広場で様々なイベントが催されますので、まとめてご紹介します。

もくじ

1.フランス航空教育団来日100周年記念イベント

松本零士さんトークイベントの開催の発表を追加しました(2019年4月6日午後7時)

※天候等により、T-4の祝賀飛行が中止になる可能性があります

2.格納庫の公開、YS-11の公開

3.第34回 市民文化フェア

4.ライト・イット・アップ・ブルー所沢

 

1.フランス航空教育団来日100周年記念イベント

所沢は1911年(明治44年)に日本で初めて飛行場が開設され「航空発祥のまち」として知られています。当時世界一の航空技術をもっていたフランスからフォール大佐が率いる62名の「フランス航空教育団」が所沢に訪れ航空技術を伝えたのは、今から100年前の1919年のこと。所沢市では「フランス航空教育団来日100周年」を記念してイベントを開催します。


Copyright © フランス航空教育団来日100周年記念イベント実行委員会 / 所沢市

 

【開催日】2019年4月6日(土)、7日(日)

【開催場所】所沢航空記念公園内(埼玉県所沢市並木1-13)

イベント会場となるのは3か所。①沈床茶園 ②フォール大佐像 ③野外音楽ステージ

【イベント】

◆食を楽しむ トリコロール広場(沈床茶園)

4/6(土)、7(日) 午前10時~午後4時

「沈床茶園」と呼ばれる場所は、園内の放送塔から直線に伸びる花壇がある敷地。航空発祥記念館に面しています。かつては滑走路だった場所です。その「沈床茶園」は、フランスのトリコロールカラーに彩ったブースがならび「フランスエリア」となります。出店するグルメには、フランス料理、イタリア料理など所沢の食材にこだわった17店舗が並ぶ予定です。
また、ジャグリングやバルーンアートなど多数のストリートパフォーマンスも予定されています。所沢の公認キャラクタートコろんも登場予定。

 

◆限定特別イベント(航空公園内北側)


▲フォール大佐の銅像下のプレートがこの日に新しいものに交換されます

所沢航空記念公園北側にあるフォール大佐像の新プレートが、建立当初の「フランス航空教育団」62名の名前が刻まれたプレートに付け替えられます。

※新プレート付け替えのエピソードはこちら→三上博史さんインタビュー

除幕式には、ローラン・ピック駐日フランス大使をはじめ、当時、航空教育団として来日した教官のお孫さんたちも来日し参列します。日本側からは、柴山文部科学大臣、丸茂 航空幕僚長ほか関係者、漫画家の松本零士さんも参列します。松本零士さんは、松本さんの父親が当時、陸軍航空部隊のパイロットでフランス航空教育団から指導を受けたゆかりがあります。松本零士さんのトークショーが14時30分~15時15分開催。整理券配布など詳細は下記に記述

また、航空自衛隊のT-4による祝賀飛行も予定されています(天候により中止の可能性あり)。所沢市観光大使のJAY’S GARDENも来場。

4/7(日)

●午前10時   フォール大佐像 新プレート除幕式 ※三上博史さんインタビュー

●午前11時   航空自衛隊による祝賀飛行
※天候等により予告なく中止・変更することがあります。

●正午     記念式典(野外ステージ)特別出演:所沢市観光大使JAY’S GARDEN

●午後1時30分 航空自衛隊の音楽隊による演奏(野外ステージ)

 

松本零士さんトークイベント開催

漫画家の松本零士さんが式典後の14時30分~15時15分、所沢航空発祥記念館の大型映像室でトークイベントを開催。

松本零士さんのお父様、松本強さんは、日本軍のパイロットでかつてフランス航空教育団に訓練を受けました。

トークイベントでは、その父からの教えと松本零士さんの作品に込めた思いを語ります。

出演は、松本零士さんと東京大学教授の鈴木真二さんです。

【入場料】無料 ※整理券制で4月7日午前10時より記念館エントランスで配布(先着180名)

【対象】中学生以上

詳細は所沢航空発祥記念館へお問い合わせください 電話 04-2996-2225


 


▲祝賀飛行予定の同機種 T-4(飛行予定、天候により中止の可能性あり)


▲所沢市観光大使 JAY’S GARDEN

 

2.格納庫の公開、YS-11の公開

◆格納庫の公開

航空発祥記念館横の格納庫には、普段展示されていない10数機の実機やレプリカが格納され、2日間にわたって公開されます。

2019年4月6日(土)  11:00~15:00

2019年4月7日(日)  11:00~15:00

★ 今回、入口大扉から庫内を見学だけ可能
★ 機体への搭乗や格納庫への立ち入り不可

◆YS-11の公開

航空公園駅東口広場前に展示しているYS-11の機内に搭乗できます。
※都合により開催日時が変更になる可能性があります。また、雨天の場合は中止となる場合あり

2019年4月6日(土)  11:00~15:00
★雨天中止。無料・予約等不要
2019年4月7日(日)  11:00~15:00
★雨天中止。無料・予約等不要

詳細は、所沢航空発祥記念館
〒359-0042
埼玉県所沢市並木1-13(県営所沢航空記念公園内)
TEL: 04-2996-2225
FAX: 04-2996-2531

 

3.第34回 市民文化フェア

市民文化フェアは、航空発祥75周年の1986年にからはじまった市民が集う文化の祭典です。
市民文化フェアは、「所沢のまちづくり、新しい市民文化創造」を目指して、市民の自主的な参加で組織する実行委員会により、「文化」と「航空発祥」という2大テーマによる春の祭典としての所沢の春の恒例イベントです。
今年も市民茶会、さくらコンサートなどさまざまな催しが予定されています。

市民文化フェアのキーワードは『お茶会(おちゃかい(ひ))』。「お」は音楽、「ちゃ」はお茶、「か」は花、「い(ひ)」は飛行機を表しているそうです。

【日時】2019年4月6日(土)、7日(日)午前10時から午後4時

【会場】所沢航空記念公園地図を見る

詳細は所沢市ホームページ

 

4.ライト・イット・アップ・ブルー所沢

自閉症・発達障害啓発イベント「ライト・イット・アップ・ブルー所沢2019」が航空公園駅東口駅前広場で開催されます。入場は無料。これは「世界自閉症啓発デー」と「発達障害啓発週間」にちなみ世界中のランドマークをブルーでライトアップするイベントです。
所沢では「飛行機のまち」のシンボルとして、西武新宿線「航空公園駅」東口広場にある日本初国産プロペラ旅客機YS‐11をライトアップします。

特設ステージでは、LITALICOジュニア&ピーターパンJr.による啓発ステージに始まり、松山優太、JAY‘S GARENDなどの人気アーティストのライブやダンスが点灯式を挟んで繰り広げられます。点灯式は午後5時55分。家族で楽しめるイベントです。


▲2018年のライトイットアップブルー所沢のYS-11の様子

 

◆4月6日(土)開催 航空公園駅 東口広場

【スケジュール】
16:10 啓発ステージ(LITALICOジュニア&ピータパンJr.)
16:40 桜*style(ダンス)
17:00 とこPAN(スティールパンバンド)
17:30 松山 優太(ヴォーカリスト)
17:55 点灯式 ☆彡
18:05 ピーターパンJr.(J-POPヴォーカルグループ)
18:35 風見 穏香(シンガーソングライター)
19:05 JAY’S GARDEN(J-POPヴォーカルグループ)
19:40 写真撮影
20:00 ライトダウン

詳細は、ライト・イット・アップ・ブルー所沢のホームページへ

取材まとめ:2019年3月30日成田知栄子



記事の執筆者プロフィール

成田 知栄子 Chieko Narita
成田 知栄子 Chieko Narita
ラジオ、テレビでの取材活動を経てフリーになり、ライター活動12年目を迎えました。情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」をポリシーに、所沢の情報を近隣の地域に、そして全国へとお届けして、地域活性化につながればと思っています。ちなみに、所沢住民になって24年、趣味はバイオリン演奏、好きなタレントは「トコろん」です。よろしくお願いします(2019年1月)。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様