「変われる」という才能 辻󠄀発彦監督 


「この日がいつ来るか、いつ来るかと望んでいました。私のミスも多々ありましたけれど、選手達が本当に助けてくれました。本当に嬉しかったです」
2018年パシフィックリーグ優勝インタビューの最中、辻󠄀発彦埼玉西武ライオンズ監督は、胴上げされている時とは打って変わって、普段と変わらないよう努めているかに見えた。

それまで3年連続Bクラスだったチームを就任一年目からクライマックスシリーズに進出させ、2年目には一度たりとも他チームに首位の座を明け渡すことなくリーグ制覇を成し遂げた。その手腕への評価は、昨年のCSで福岡ソフトバンクホークスの前に敗れても下がることはなかった。

かつての栄光を知る者ならば、信じられないようなドン底にあったライオンズ。そんなチームを、辻󠄀監督がこの短期間で優勝に導くことができた理由を考える時、頭に浮かぶ言葉が2つある。それは、「変わらないこと」と「変われること」だ。

 

「変わらない」という芯の強さ

周囲に流されず、自分の考えを貫き通す。こうと決めたら、テコでも動かない。辻󠄀監督には、そんな頑固なところがある。例えば、源田壮亮内野手。

守備の評価は高かったものの、打撃に不安のあった源田を、辻󠄀監督は入団一年目のキャンプから、ショートのレギュラーでいこうと決意。すると源田は、新人離れした守備はもちろん、長らく破られることのなかった長嶋茂雄の新人最多安打の記録を塗り替える打撃、リーグ2位の盗塁と、走攻守全てで大活躍を見せた。つい「あの選手もこの選手も」と試してみたくなるところを、ぶれることなく源田一本に絞った結果が、最良の形で実を結んだ好例と言える。この、容易に考えを変えない芯の通った我慢強さは、辻󠄀ライオンズの強さを作る大事な要素の一つと言えるだろう。

 

「変われる」という真の強さ

しかし、辻󠄀監督の最大の武器は、「変わらないこと」とは正反対の、「変われること」ではないだろうか。

社会人時代は4番を任されていた辻󠄀監督だが、プロに入るとバットを短く持ち、右打ちに徹した打撃スタイルに変更する。何故か。プロの世界で生き残るためだ。彼は、自身の長距離打者としての能力に限界を感じ、コツコツと単打を重ねる道を選んだ。

もし彼がホームランへの魅力を捨てきれていなかったなら、秋山や清原、デストラーデといった希代のスラッガー達の間に埋もれてしまっていたことだろう。

生き残るために自分を変えた結果、一流選手が居並ぶ黄金期ライオンズにあって、走攻守三拍子揃ったリードオフマンとして、不動のレギュラーの座を手に入れる。自分を変える、という決断ができたからこその成果だ。

そして、監督になってからも大きな変化があった。広岡達朗、森祇晶、野村克也という、知将として名を馳せる名監督たちの元でプレーした辻󠄀監督の身に染み付いている、守りを中心とした緻密な野球。それは、自分が監督として指揮を執る際にも標榜していたはずのスタイルである。しかし、現在のライオンズは、12球団一の攻撃力と、12球団最下位の防御率という、オフェンス偏重のアンバランスなチームだ。辻󠄀監督は、この攻撃力という特徴を徹底的に活かそうと決めた。

むろん、トレードや外国人選手で投手を補強したり、自ら野手に守備を指導するなど、ディフェンスの改善には余念がない。しかし監督は、「守備重視」という自身の理想に執着することなく、攻撃力こそ今のライオンズの最大の武器と割り切り、取られた以上に点を取るという戦い方を選んだ。

象徴的だったのが、2018年CS最終戦。大量失点を繰り返し、ソフトバンクに崖っぷちまで追い詰められた状態で挑んだ試合だったが、スタメンに起用されたのは守備のいい炭谷や木村ではなく、勝負強いバッティングの森や栗山だった。さらにDHにメヒアを入れ、守りを固めずに超攻撃的布陣で勝負に打って出た。ライオンズはこの試合に敗れてしまうものの、「最後の最後に頼れる、このチーム最大の長所は攻撃力である」という辻󠄀監督の考えがよく表れたスターティングラインナップだったといえる。

変えたのは戦い方だけではない。他球団でのコーチ時代、辻󠄀監督はもっと取っつきにくかったという。しかし、ライオンズの監督になってからは、自分から選手に対して積極的にコミュニケーションを取るようになった。若手中心の明るいチームカラーに合わせ、自らの態度を変えたのだ。試合中のライオンズベンチの、なんと明るいことか。そしてこの明るさが、何点リードを許していても「試合が終わるまで、何が起こるか解らない」とファンに期待させてくれる、あの山賊打線の原動力なのだ。辻󠄀監督が、戦い方を変え、自分を変えた結果。それが、ライオンズ10年ぶりのリーグ優勝だった。

プロ野球は、間もなく新しいシーズンを迎える。先発の大黒柱である菊池雄星、打点王の浅村栄斗、日本一の経験を持つ炭谷銀仁朗がチームを去り、ライオンズは否応もなく変化を迫られる。しかし、変化こそが辻󠄀野球の真骨頂。今年の辻󠄀監督は、選手を、チームを、自分を、どう変革していくのか。日本一への思いだけは決して変わることのない辻󠄀ライオンズの戦いの幕開けは、もうすぐだ。



記事の執筆者プロフィール

浮間六太 Ukimarotta
ukimarotta
埼玉西武ライオンズの試合をホーム、ビジター合わせて年間100試合以上生観戦するライオンズ熱愛者。この溢れるライオンズ愛をみなさんに無理矢理お裾分けすべく、思い入れと思い込み全開のライオンズ情報をお届けします!

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様