所沢一番の繁華街でお店を開こう!


「所沢ノード」VOL.2 ショップブースでビジネスの幅が広がる!

所沢で一番の繁華街「プロペ通り商店街」のビルの中で、あなたのビジネスを応援してくれるコミュニティスポット「所沢ノード」を紹介!
今回は、所沢ノードが提供している「ショップブース」の利用者に取材させていただきました。今回お話をうかがったのは、「手書きPOPショップ」のオーナー、手書きPOPデザイナーの遠藤みさきさんです。

▲店内でPOPデザインの実践を披露する遠藤みさきさん

取材:2019年8月2日 成田知栄子


「所沢ノード」は所沢駅西口から徒歩3分「所沢サンプラザ」のビルの3階にあり、シェアオフィスやイベントスペース、コワーキングスペース、会議室、そして、今回クローズアップしてご紹介する「ショップブース」を備えています。
ショップブースは、全部で5区画。調理が必要なビジネス以外なら、ほどんどの業種で開業の夢が叶えられるスペースになっています。

今回取材させていただいた遠藤みさきさんは、知る人ぞ知る〝所沢の手書きPOPデザイナー〟。遠藤さんは、西武線沿線ではご存知の方も多いCDショップ「WAVE」の販促デザイナーを経て独立。現在は大手書店チェーンや食品メーカー、家電メーカーなどの手書きPOPを制作しているデザイナーさんで、「所沢ノード」にショップエリアができた昨年(2018年)6月から「手書きPOPショップ」を開いています。


▲所沢ノード内には6区画ショップエリアが用意されています

ショップ内で教室が開ける!

——ショップエリアを利用しようと思ったきっかけは何ですか?
遠藤さん
「私はPOPデザイン会社を経営しているんですけれど、企業やお店から受注したPOP制作だけでなく、今後はPOPの楽しさを伝える『手書きPOP教室』を開きたいと考えていた時に、『所沢ノード』にショップエリアができるという話を聞いて、レンタルすることにしました」

——どんなふうに利用されているのですか?
遠藤さん
「基本的には受注した作品は、自分のオフィスにこもって制作していますので、ここは『手書きPOP教室』を開催するための目的で『手書きPOPショップ』をはじめました。お店を開いてみると、それ以外でも利用できるシーンが結構あるんですよね。」

制作依頼の打ち合わせに便利!

——どんなビジネスシーンで利用されていますか?
遠藤さん
「POP制作を依頼するお客さんの打ち合わせ場所にも最適です。
打ち合わせの時『会社に来てください』とは、それまではちょっと言いにくかったんですよね。受注いただいているので、お客さんの会社に出向いて打ち合わせをさせていただく立場なのですが、お店をはじめてからは『私、お店もやっているので、お店に来ていただけると、サンプルもいろいろお見せできますよ』というと、お店にきてくださいます。また逆に、お客さんのほうから『お店に行きます』と言ってくださることも多いです。
ちょっと特殊な仕事なので、描いているところを見ながらデザインの打ち合わせがしたいということもありますので、そんな時は、この店内には手書きPOPに必要な道具を全部おいておくことができますから便利です。」


▲POPデザイン教室の様子

——駅からのアクセスもいいですからね。
遠藤さん
「そうなんです。駅からすぐというのは、お客様に来ていただくための必須条件だと思います。所沢を知っている人だったら、〝プロペ通り商店街〟ときけば、『あ、行きます!』とすぐに言ってくださいます。これまで、お客さんは誰もここに来るのに迷ったことがないんですね。みなさん遅れることなく、時間通りにきてくださるんですよ。」

会議室やイベントスペースも追加料金なしでOK

——立地面のほかにどんなメリットを感じていますか?
遠藤さん
「このショップ内で、教室を開く場合は、スペース的に3人までが定員なのですが、時々グループや企業からの、セミナー依頼を受けます。先日もコンビニエンスストアの店員さんたちからお申し込みをいただきましたが、受講生が4人以上になった場合、8名までなら〝ミーティングルーム〟が借りられますし、それ以上になれば、〝イベントスペース〟を借りられます。月8時間までなら追加料金なしで使うことができます。その点は、他にはないサービスではないでしょうか。」


▲ショップ内の様子


▲ショップの看板

ビジネスのPR効果も抜群!人気番組も取材に来店!

——他の場所に事務所もあって、ショップも賃貸料がかかり、採算は取れますか?
遠藤さん
「私の仕事は、受注したPOPを制作するのが中心で、今のところ、ひと月に多くの教室を開いていないという状況なので、POP教室だけの収支でみると厳しいです。でも、お店を持つことで、いろいろな人の目に触れる機会が多くなり、PRというか、宣伝効果は高いと思います」


▲テレビ東京の人気番組「モヤモヤさまぁ~ず2」に来店取材された時の記念写真

——テレビにも取材された時の写真が店内にありますね!

遠藤さん
「そうなんです。テレビ番組が来てくださいましたね。その放送から半年ぐらいたっているんですけれど、いまだに『テレビ見ました!』と言ってくれる方がいます。これもやっぱり、お店をもったことのメリットですよね。」

——今後の予定は?
遠藤さん
「実は店舗型の『手書きPOP教室』はかなり貴重です。自治体や企業が主催する講座は不定期開催が多く、習いたいタイミングと合わない場合も多いです。そこで、私は『好きな時に好きなことを学べる』にこだわって教室を運営しています。
まだ決定はしていないのですが、考えていることがあって…。
今は、POP教室は完全予約制で行っていますが、もっとPOPデザインの楽しさもこの「所沢ノード」から発信していきたいので月に1回開催する日を定期的に決めて、教室というよりは、部活のようなPOP教室ができたらなと考えています。例えば、毎月第●の●曜日・・とか決まっていれば、その日、描きたい人がPOP教室にきて、みんなで一緒に描いたりとか・・・そんな企画を今後やっていきたいです。一応、仮名称も考えていて『POP倶楽部』にしようかなと思ってます。」

——素敵な計画ですね!
遠藤さん
「POP教室を始めたら、定期的に何回も来たいという方もいらっしゃって、いちいち予約するのも面倒くさいらしいです。それよりも日にちが決まっていて自分が行けるかどうかの方が楽だとおっしゃるんですよね。もし『POP倶楽部』(仮名称)をやることが決まれば、ホームページでおしらせしますので、是非、チェックしてみてください」

遠藤みさきさんのホームページは、こちら↓

まずは借りてみる!アイディアも生まれる

——最後になりますが、所沢ノードのショップブースのレンタルを検討している方にアドバイスいただけますか?

遠藤さん
「何か始めたい方は『とりあえず借りてやってみる!』がいいと思います!お店をオープンさせてみると何を求められているのか分かりますし、意外な方向性も見えたりします。私自身ショップを借りた段階では漠然としたプランしかなかったのですが、今はアレもコレもやりたくなって困っています。一緒に所沢ノードのショップを盛り上げる仲間募集中です(笑)」


所沢ノードの料金についての情報は下記

 


「所沢ノード」の利用料金

イベントスペースの利用者の取材はこちら↓
多目的活用の「イベントスペース」
http://tokorozawanavi.com/news-narita20190626/#link02

詳細は、「所沢ノード」のホームページ、または、電話やメールで問い合わせを。
メール(node.tokorozawa@gmail.com)
TEL&FAX 04-2006-1314
受付対応時間:9:00~17:00
休館日:年末年始
ホームページ:http://tokorozawa.work/
所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3階(MODE OFF とサイゼリアが入っているビル)

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

成田 知栄子 Chieko Narita
成田 知栄子 Chieko Narita
ラジオ、テレビでの取材活動を経てフリーになり、ライター活動12年目を迎えました。情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」をポリシーに、所沢の情報を近隣の地域に、そして全国へとお届けして、地域活性化につながればと思っています。ちなみに、所沢住民になって24年、趣味はバイオリン演奏、好きなタレントは「トコろん」です。よろしくお願いします(2019年1月)。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様