2019年 埼玉西武ライオンズ3つのポイント


今年初投稿になります、所沢なび 埼玉西武ライオンズ担当ライターの浮間六太です。いよいよ春季キャンプが始まり、野球ファンの期待が昂り始める今日この頃。ライオンズはここまでほぼ脱落者もなく、今年のキャンプの滑り出しは上々と言えそうです。今回は迫りくるプロ野球開幕に向け、今シーズンの埼玉西武ライオンズのポイントを挙げてみたいと思います。

 


2018年のホーム開幕戦 3塁側外野指定席の様子
 

2018年のホーム開幕戦 3塁側内野指定席の様子
 

ポイント1 三番打者、二塁手は誰が務めるのか

打っては三番打者として昨年のパ・リーグ打点王に輝き、守っては正二塁手にして好守で何度もチームのピンチを救った浅村選手。彼のFA移籍の大きな穴を埋めるのが、今季のライオンズ打線の一番の課題といえます。

現在3番打者候補に名前が挙がっているのは、秋山翔吾、外崎修汰、森友哉の各選手。いずれもパンチ力のあるバッターですが、打率、打点、本塁打数と秋山選手が頭一つ抜けている印象です。とはいえ、出塁率4割を超える秋山選手が三番に座ることで、今度は一番打者に穴があくというジレンマも。となると、足も使える外崎選手、勝負強い森選手にも十分三番のチャンスがあると思われます。

それにしても、打点王の流出という大きなダメージを受けたにも関わらず、すぐに次の三番候補の名が何人も出てくるあたり、「山賊打線」の本領発揮といえます。

また、二塁手のレギュラー候補ですが、元々セカンドが本職の外崎と、即戦力の呼び声高いルーキーの山野辺翔の争いになりそう。このレギュラー争いに、呉念庭、金子一輝、永江恭平などの若手がどれだけ絡んでこれるかが、ライオンズ野手陣の底上げに繋がりそうです。

 

ポイント2 先発投手は?

菊池雄星のメジャーリーグ、シアトル・マリナーズへの移籍が決まり、ローテに大きな穴が空いたライオンズ先発陣。昨年14勝した穴は、さすがに容易に埋まるものではありません。しかし、もし誰か一人の投手に雄星の代役を期待するのであるならば、それは昨年のドラフト一位指名の松本航投手をおいて他にありません。質の高い直球と多彩な変化球を操る安定感抜群のピッチングで、「大学No.1投手」と呼ばれた右腕には、即戦力として大きな期待がかかります。

あとは、中堅・十亀剣の復活と、今井達也、高橋光成、伊藤翔、郭俊麟といった若手が、どれだけ去年より勝ち星を上乗せできるかがペナントレースを勝ち抜けるカギになりそうです。

個人的に関心を寄せているのが、炭谷銀仁朗選手の人的補償で巨人からライオンズに移籍してきた内海哲也投手です。今年4月で37歳を迎えるという年齢、ここ5年二桁勝てていないという実績からすると、今季いきなり大活躍、というのは考えにくいかと思われます。しかし、古巣を離れ新しい環境で、ローテ入りを目指して一から地道に頑張る姿は、若手を牽引するベテラン不在のライオンズ投手陣に、かならずや良い影響を与えてくれるでしょう。内海投手は、もはや一年一年が勝負といえる年齢。キャリアの終着点が徐々に近づきつつあるベテランが見せる、男の戦う姿に注目しましょう。

 

ポイント3 第三の捕手争い

森友哉、炭谷銀仁朗、岡田雅利の3人でがっちり固められ、若手の入り込む余地がなかった昨シーズンの一軍捕手陣。しかし炭谷選手の移籍により、席が一つ、ぽっかりと空きました。この大きなチャンスを誰がものにするのか。

キャリア10年で一軍経験もある中田翔多が一歩リードの状況ですが、昨年から長距離打者として覚醒の兆しを見せ始めている駒月仁人を第三の捕手兼右の代打として一軍に置いてみるのも面白いと思います。

育成の齊藤雅人、中熊大智も、この機会にアピールして支配下登録を目指したいところ。

さて、いかがだったでしょうか。大分期待交じりのポイント紹介となりましたが、「ああでもない、こうでもない」と好きなことを言うのもこの時期のお楽しみということで、ご容赦願えればと思います。

待望のプロ野球開幕は3月29日、ライオンズのメットライフドームでのホーム開幕戦は4月2日。今から首を長くしてその日を待ちましょう!


ラッキーセブン ビクトリーバルーン



記事の執筆者プロフィール

浮間六太 Ukimarotta
ukimarotta
埼玉西武ライオンズの試合をホーム、ビジター合わせて年間100試合以上生観戦するライオンズ熱愛者。この溢れるライオンズ愛をみなさんに無理矢理お裾分けすべく、思い入れと思い込み全開のライオンズ情報をお届けします!

頂いた応援メッセージ

  1. 頑張って下さい。
    駒月選手!
    応援してます。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様