【リポート】所沢のNBAバレエ団の特別なプログラム『リトルマーメイド』と『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』が再演


2021年2月28日に秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタで、所沢に本拠地のあるNBAバレエ団の『リトルマーメイド』が再演されました。同時上演は『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』!

▲秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタ

『リトルマーメイド』は2018年にNBAバレエ団が日本初演!『ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第一番』は完全上演できるのが日本では所沢に本拠地を持つNBAバレエ団だけ!という、いずれも特別なプログラム。これは見てみたい!!と思い行ってまいりました。
 
ところで、フライヤーの裏側にこんな告知がありました。

ワークショップ【開演前のちょこっと体験】開催のお知らせ
毎回ご好評いただいておりますバレエワークショップを今年も開催します!
バレエの基本の動作からしなやかな身体づくりを体験しませんか?

こちら…年齢制限やバレエの経験の有無についての条件がありませんでした。

半世紀ほど生きていてるわたくし…このたびオヒトリサマで参加させていただきました。まずはこちらの様子から…。

みんなでバレリーナちゃんになろう\( ˆoˆ )/


▲バレエは今日が初めてという方から経験者も、年齢も幼児から私のような者もいる幅広さ

一体どんなレッスンになるのかと興味津々…これが楽しかったんですよおおおお!

まずレッスン前にウォーミングアップでストレッチをしました。先生は参加するお子さんに付き添って来られていたパパさんにも「せっかくだからご一緒に」と誘う気さくな感じ。

「バレリーナちゃん」になるにはやせているだけではだめ、訓練されてこそなれるということを習い、バレエワークショップはスタートしました。

バレエの姿勢、基本の動作から始まり…優しい動きからだんだんレベルアップ…最後は汗をかくほどでしたよ。

大人の私がドタバタしたら子どもたちは前が見えなくて邪魔になったりしないかな?と心配でしたが、さまざまな年齢や経験のみんなが一緒に楽しめるすばらしいレッスンでした!機会があったらまたぜひ参加したいです😄

バレエに対する「好き度」がさらにあがったところで会場に向かいました。イメージイラストを交えてリポートいたします。


芸術監督である久保 綋一さんによる舞台前挨拶から始まりました


▲客席を間引いての開催でした。

NBAバレエ団と秩父宮記念市民会館のコラボは今回で3回目。1度目はこけら落とし公演で『ドン・キホーテ』を。2度目は『くるみ割り人形』を上演。

久保さんのご両親のバレエスタジオが秩父にできて半世紀以上!久保さん自身もアメリカから帰国後、秩父に数年住んだことがあり、そんなご縁がコラボのきっかけになっているそうです。

今回の公演については、「NBAバレエ団の『リトルマーメイド』はディズニーやミュージカルとは違うエンディングであること、『ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第一番』は「ザ・バレエ」という感じの鍛え抜かれた体と技術が見せどころ」…というご紹介に、期待に胸が膨らんだところで幕が上がりました😆


日本ではNBAバレエ団だけが完全版を上演できる『ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番』

この作品は38歳の若さでこの世を去った元ABT(※ニューヨークに本拠地を置く世界最高峰のバレエ団の一つである「アメリカンバレエシアター」)プリンシパル(※主役を踊る階級のダンサー) クラーク・ティペットにより振り付けられた作品クラシックバレエをベースに多彩なステップやリフト、複雑なコール・ド・バレエ (※群舞) のパターンを織り込んだコンテンポラリー(※前衛的なダンス)にも視点を置いた華やかな作品。

すごかったのですよ!個性あふれる4カップルのパドドゥ(※2人の踊り)…めくるめく複雑なステップとリフト…。

さらに周りの群舞がですね…。日本の西側で生まれ育った私の感想は正直なところ…「がーーっと来て、ばーーっとなって、グルグルしたりパンパンってなったりして、ほんまにすごいんやで!」です。次は何が起こるのかワクワクが止まらないこの感覚。…そうこれは、航空ショーをみた時の感動に似ています。さまざまな場面で拍手喝采が巻き起こりました。

▲シンプルな背景に美しい色とデザインの衣装が映えて素晴らしく…ニューヨークの香りを確かに感じました


バレエ鑑賞が初めての方にイチオシ!NBAバレエ『リトルマーメイド』


▲秩父宮記念会館内が深海に⁈

振付:リン・テイラー・コーベット CHOREOGRAPHER : Lynne Taylor-Corbett
過去4度にわたりトニー賞にノミネートされ、内2作品で舞台構成・振付においてトニー賞を受賞。 息子との協同作であるミュージカル「Distant Thunder」は2014年秋ニューヨークで公開された。 バレエ団の振付以外にも「フットルース」「マイ・ブルー・ヘブン」「奥さまは魔女」といった映画作品の振付も数多く担当している。  


音楽:マイケル・モーリッツ
劇場やテレビ、オーケストラなど様々な分野で長年活動。ディズニーやディスカバリーチャンネルなどのテレビ番組、「みにくいアヒルの子」や 「グレイトギャッツビー」などのバレエオーケストラの音楽制作を担当する。


芸術監督:久保 綋一
16歳でモスクワ国際バレエコンクールでトップの成績を獲得し、のちに渡米。20年間コロラドバレエ団のプリンシパルとしてすべての公演に出演。ニューヨークタイムズで「完璧なるバレエの巨匠」と評され、日本人では初めてのダンスマガジンの表紙を飾る。2012年より、芸術監督に就任。2014年文化庁芸術祭賞舞踊部門新人賞受賞

 

ではではみんな大好き『リトルマーメイド』の開演ですよ!ナレーションがついているのでバレエが初めてという方にもおすすめのプログラムです!


▲幕開きとともに舞台は深ーい海の底になりました。

16歳の誕生日を迎えたリトルマーメイド。パーティに海のお友達がやってきます。海のお友達、めちゃくちゃ可愛いです。衣装も素敵ですが、バレエの動きが…美しい…。なのにコミカル。

そこに誕生日に呼ばれなかった魔女が現れマーメイドの美しい声に憧れその声を奪おうとして、海の王によって阻止されます。この魔女が…なんとも…魅力的。悪役を好きになるなんて、私ってひねくれ者なのかな?とも思ったのですが、近くの席の同年配の方も魔女が現れるたびに身を乗り出していたので(※席の配置上他の方の迷惑になる行為ではありませんでした。)この方も同じ気持ちなのだと思いました。この魔女…大好きです😆

地上を冒険することになったマーメイドは、船が難破し溺れかけている王子を助けました。ところが、人間のソニアという女性が、助けたのは自分と偽り王子と婚約をしてしまいます。

このシーンには素晴らしい歌声がついているのですが、バレエでセリフを表す動きである「マイム」も素敵。歌うリトルマーメイドが健気で心に刺さります。

そこへ人間になることと引き換えに声を奪うことを画策した魔女が現れリトルマーメイドは取引に応じてしまいました。 王子に助けたのは自分だと伝えたいのに、声を失ったことでその想いを伝えることができません

このシーンは、できることならすぐにでも早戻ししたかったです。リトルマーメイドの気持ちがひしひしと伝わってくる素晴らしい踊りで、繰り返し見てみたいです。

そして王子とソニアの結婚式。 ソニアに結婚前にもう一度だけ歌ってほしいと王子が話すと、歌うことが出来ず助けたのは別人であったことが明るみに…。(実は私、このシーンが一番好きです😆)

そのころ、魔女は海の王との戦いに敗れマーメイドに声が戻ります。 人間界に別れを告げ、海に帰ろうとするマーメイドの歌声を聞いた王子は…!?(続きは是非是非次回の再演で!!)

この作品は「家族について」も考えさせられます。キラキラしたものに憧れた16歳の頃の気持ちや、すっかり大人になってしまった自分の気持ちも見つめ直すきっかけになりました。大人になった私はキラキラを求める16歳の子どもにどう対応できるかなあ…なんて…。

個人的には…3人姉妹の方に、おすすめ度2割増です。実は私も3人姉妹なのですが…リトルマーメイドと2人のお姉さんのシーンにはもう…「3人姉妹バンザーイ!」と心の中で叫びましたよ。

バレエのすごい技も盛りだくさん!私にはもう一度しっかり見てみたいシーンがあれもこれもあります。

次回再演される時は友人と連れ立ってワイワイ舞台鑑賞ができるようになっていることを願うばかりです。

公演情報

The Little Mermaid(リトルマーメイド)
会場:秩父宮記念市民会館大ホールフォレスタ
日時:2021年2月28日(日)14:00
芸術監督・演出:久保紘一
振付・演出:リン・テイラー・コーベット
作曲:マイケル・モーリッツ
ナレーター:綿引さやか
主催:秩父市 後援:秩父市教育委員会 企画・制作:秩父宮記念市民会館/一般財団法人NBAバレエ団


CASTLIST
ブルッフヴァイオリン協奏曲第一番
アクア:須谷まきこ/宮内弘之
レッド:浅井杏里/刑部星矢
ブルー:峰岸千晶/三船元雄
ピンク:勅使河原綾乃/新井悠汰
コールド:岩田雅女/猪嶋沙織/北村桜桃/児玉彩香/白井希和子/鈴木恵里奈/武井由香理/向山未悠/河野崇仁/高橋開/竹内俊貴/多田遥/玉村総一郎/飛永嘉尉/長谷怜旺/古道貴大

リトルマーメイド
海の世界
マーメイド:竹田仁美
メカジキのシルバラード:高橋真之
海の王(マーメイドの父):宮内浩之
海の魔女:浅井杏里
マーメイドの姉たち:猪嶋沙織/阪本絵利奈
カニ:勅使河原綾乃/河野崇仁
ヒトデ:米津美千花
フグ:飛永嘉尉
エンジェルフィッシュ/須谷まきこ
タツノオトシゴ:白井希和子/平井郁乃
イソギンチャク:吉川風音
魔女の脚:多田遥/古道貴大 長谷怜旺/山田悠貴
金魚のこどもたち:小沢悠乃/田口茉子/高野優/持田真衣/山口百彩奈/山上沙良

陸の世界
クリスチャン王子:大森康正
ハンス:新井悠汰
ソニア:峰岸千晶
ソニアの友達:岩田雅女/鈴木恵里奈
城の人たち:北村桜桃/児玉彩香/武井由香理/向山未悠 高橋開/竹内俊貴/玉村総一郎/長谷怜旺
陸の王:三船元雄
陸の女王:関口祐美
護衛兵たち:安中勝勇/刑部星矢

 
NBAバレエ団の最新情報はHPなどで👇😉

NBAバレエ団

TEL04-2937-4931(月-金 9:00-17:00)
URL https://www.nbaballet.org
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCD9m3ofHQO3JFC6Pmy-eYhQ
Facebook https://www.facebook.com/nbaballet/
Instagram  https://www.instagram.com/explore/tags/nbaバレエ団/

秩父宮記念市民会館

〒368-8686 埼玉県秩父市熊木町8-15
TEL: 0494-24-6000
FAX: 0494-23-2298



記事の執筆者プロフィール

カケミヅ KakemiduPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はiPadでイラストを描くことです。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。