シリーズ累計572万部作家【井沢元彦さん】待望の特別講座!第1回目は今話題の北条義時【角川アカデミア森の学校】


〜こんなに面白い歴史講座があったんだ!〜人気シリーズ「逆説の日本史」で知られる作家の連続講座【武蔵の国から日本を見る】が所沢で開催!(オンデマンド受講も可能です)


▲作家•井沢元彦さん
歴史音痴の私が作家井沢元彦さんによるスペシャル講座【武蔵の国から日本を見る(全5回)】をご案内します。井沢さんから歴史音痴脱出のヒントも伺うことができましたよ。

2022年3月22日 カケミヅ

2022年4月開講の特別講座【武蔵の国から日本を見る(全5回)】。各テーマをまずはご覧ください!

第1回:北条義時と鎌倉幕府ー日本史最大の分岐点
第2回:渡来人の到来と巨大古墳の誕生ー豊穣の大地の開発
第3回:平将門の乱と武士団の登場ー武蔵に育まれた在地勢力
第4回:鎌倉政権と承久の乱後の武蔵ー西遷御家人の系譜
第5回:関東公方と動乱の武蔵ー南北朝から戦国時代への道

井沢元彦さんが!所沢で‼︎今!この内容で‼︎…すごくないですか?

でも…歴史に詳しくなくても受講していいものでしょうか?…井沢さんに直接聞いてみました。(講座の内容に関しては少しだけお伝えします。)

井沢さんに聞いてみた

講座の内容をズバリ聞いてみた

北条義時の重要性とは?〜北条義時を知れば日本の独自性が分かる!〜

「海外にはない日本の歴史の最大の特徴を語るとすれば、北条義時を語れば良い」と井沢さん。 
 義時は天皇になることもできた。なぜなら後鳥羽上皇が義時追討の院宣を出したから。天皇を倒して自分が天皇になることもできたのに、そうしなかったところがまさに日本史最大の分岐点!「日本史最大の特徴」はここに!

武蔵野に巨大古墳が誕生した理由とは

これは統一政権ができて武蔵の国に大きな力が備わったからなのだとか。稲荷山古墳から出土した鉄製の剣に刻まれた文章からも、中央との強いパイプと信頼関係が推測されるとのこと。大和朝廷に信頼された純朴な武蔵の武人の気風がしのばれます。

歴史に詳しくなくても講座に参加できますか?

「もちろん大丈夫です。」と井沢さん。歴史音痴から脱出できそうな大きなヒントもいただきました。「歴史というのは、特定の時代にばかり詳しくなるのではなく、大きな流れをつかまないと…。」

そんな井沢さんのYouTube配信からお薦めのチャンネルを、帰宅後拝見しました。

YouTube「井沢元彦の逆説チャンネル」おすすめは?

「井沢元彦の逆説チャンネル」は「歴史を深く理解して欲しい」という趣旨で配信されています。
お薦めのチャンネルは、井沢さんが「日本人にとって一番肝心なことを教えたい」という使命感に駆られて作成されたものです。
●「教科書は教えてくれない!キリスト教徒イスラム教、仲が悪い理由とは!?」
https://youtube.com/watch?v=1HYjGWj04Bs&feature=share

「角川アカデミア森の学校」井沢元彦さんによるスペシャル講座【武蔵の国から日本を見る(全5回)】受講チケット絶賛発売中!

◆講座内容◆

武蔵の地に根づいていた人々の潜在的なエネルギーと進取の気性が関東武士団を生み、 鎌倉政権の誕生と承久の乱後の全国一律支配へとつながった。 その背景には古くからの人々のいとなみがある。古代には数多くの古墳が築かれ、有力首長や武人の遺跡が確認されている。 渡来人の入植が多く、縄文以来の土着の伝統と新たな文化が混交し、独自の東国世界が展開した。やがて平将門に象徴され る武人の伝統が育まれ、各地に生まれた武士団は鎌倉幕府誕生の原動力となる。歴史に登場した武蔵国の重要性に大きな視点から光を与える。(講師より)


 
※本講座は、会場受講のほかオンデマンド配信受講も可能です。詳細・お申し込みはこちらから。⏩https://www.kadokawa-zaidan.or.jp/other/academia.html
【回 数】 全5回
【受講料】 19,250円(税込) ※5回通しての受講料になります。
【日にち】 2022年、4/16、5/21、6/18、7/16、9/17 土曜日 14:00~15:30
【会 場】 KADOKAWA所沢キャンパス イベントスペース

■講師紹介
井沢元彦(いざわ もとひこ)
作家。1954年2月1日、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。TBS入社後、報道局記者時代に『猿丸幻視行 』にて第26回江戸川乱歩賞を受賞。31歳で退社し、以後作家活動に専念。歴史推理・ノンフィクションに独自の 世界を開拓し、週刊ポスト連載の「逆説の日本史」は1,300回を超え、近現代史に入っている。近年は「逆説の 世界史」の執筆にも取り組んでいる。主な著書に、『言霊』『穢れと茶碗』『隠された帝』『逆説の日本史』(古代黎 明編から既刊26巻、コミック版も3巻まで刊行中)『世界の[宗教と戦争]講座』『恨の法廷』『信濃戦雲録』『英傑 の日本史』シリーズなどがある。

 



記事の執筆者プロフィール

カケミヅ KakemiduPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はiPadでイラストを描くことです。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。