【リポート】〝eスポーツ大学生NO.1〟を目指す選手が「ところざわサクラタウン」で頂上決戦!


eスポーツ大学生日本一の栄冠は誰の手に?「ところざわサクラタウン」で初開催

〝eスポーツ大学生NO.1〟を決定する「Japan University eSPORTS Championship:U-Champ.~日本学生eスポーツ競技大会~」決勝大会が4月24日(土)、25日(日)に「ところざわサクラタウン」内イベントホール・ジャパンパビリオンで開催されました。大学生日本一の栄冠は誰の手に?大会2日目となる25日の様子をリポートします。

取材:2021年4月25日 寺田由紀子


注目を集める「eスポーツ」とは?

近年、新たなスポーツとして注目を集めているeスポーツですが、筆者がその世界にふれるのは今回が初めて。そもそもeスポーツとは?一般社団法人日本eスポーツ連合(以下JeSU)HPによると『「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技と捉える際の名称』とのことで、2000年から「eスポーツ」という単語が使われ始めたそう。JeSUでは日本国内のeスポーツの普及と発展、eスポーツの振興を通して、国民の競技力の向上やスポーツ精神の普及を目指して活動しています。

 

JeSU主催の初の大学生大会に253校がエントリー!

そのJeSUが主催するのが今大会。日本の大学生eスポーツシーンを盛り上げ、世界で活躍する選手を創出するために新設されたもので、北海道から沖縄まで全国253校がエントリー。3タイトルの大学生NO.1の座をかけて、1日目・24日に「PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS」決勝、そして2日目・25日に実施されたのが「eFootball ウイニングイレブン 2021(モバイル版)」と「ストリートファイターVチャンピオンエディション」の決勝。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をとりながら、会場に選手が集結してのオフライン対戦・無観客オンライン配信で開催されました。

 

「タイトル獲得で人生を輝くものに」大会アンバサダー・武井壮さんが選手にエール!

▲〝百獣の王〟こと大会アンバサダーの武井壮さん。「大学生たちが栄光をつかみとる瞬間をこの目で見届けたい。楽しみです」

オープニングには大会アンバサダーを務めるタレント・武井壮さんが登壇。中央学院大学にスカウトされ、競技歴わずか2年半ながら、日本陸上競技選手権大会十種競技で優勝する快挙を成し遂げるなど、大学時代に日本の頂点を極めた武井さん。
「日本一のタイトルは、その後の人生をずっと一段上に引き上げてくれる栄光になります。私自身も芸能界では、あらゆる番組で元日本チャンピオンと紹介していただいています。ぜひ日本一のタイトルを獲得して、ご自身の人生をもうひとつ輝くものに引き上げてほしい」と選手にエールを送りました。


アクションサッカーゲームの大学生NO.1を決める!

武井さんの力強いエールで幕を開けた2日目最初の競技タイトルは「eFootball ウイニングイレブン 2021(モバイル版)」。モバイルで楽しむことができるアクションサッカーゲームで、今年2021年4月に全世界4億ダウンロードを突破したという大人気のゲーム。オンライン予選を勝ち抜いた上位8名の選手が決勝に進出、4人1組の2グループに分かれての総当たり戦・1ゲーム先取のBest of1方式で2名に絞り込み、グランドファイナルは2ゲーム先取のBest of3方式(延長戦・PKあり)で行われました。


▲「eFootball ウイニングイレブン 2021(モバイル版)」決勝大会の出場選手たち

選手1名の出場辞退があり、会場に7名が出場しての戦いとなったグループリーグ。初戦ではキックオフ直後にゴールが決まったり、同大学対決があったり、各試合それぞれに見所がある展開に。サッカーというメジャースポーツだったことと、実況と解説のおかげで、eスポーツ未体験の筆者でも試合に没頭することができました。

息詰まる延長戦・PK戦!決戦を制したのは?


©Konami Digital Entertainment

そして、グループAを勝ち抜いた福岡大学・ポンジュパリピコ選手(横浜F・マリノス)、グループBを勝ち抜いた駒澤大学・MASASHI 選手(鹿島アントラーズ)によるグランドファイナルがスタート!第1試合は2-2の同点で延長戦に。その延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入!PK戦ではポンジュパリピコ選手が4本連続でPKを止めて勝利をつかみました。
続く第2試合は3-3でまたもや延長戦に。緊張の展開が続く中、MASASHI選手が4-3で延長戦を制しました。
最終決戦となる第3試合は0-0が続く手に汗にぎる展開。ヒリヒリする状況の中、後半にゴールを決めたMASASHI選手が1-0で勝利。日本一のタイトルを獲得しました。

▲優勝の栄冠をつかんだ駒澤大学・MASAHSI選手

最終戦までもつれ込む熱戦を制したMASASHI選手は「素直に嬉しい。第1試合でPK全止めされた時は負けると思いましたが、緊張しないように楽しむ自分の落ち着いたプレーをすることができました。自己採点は100点です」と笑顔。
実況、解説陣からは「決勝にふさわしいハイレベルな戦い」「両者のあきらめないプレーに感動」など選手たちに賞賛の声が送られていました。

▲写真左から、JeSU岡村会長、優勝のMASASHI選手、準優勝のポンジュパリピコ選手、武井さん

◆「eFootballウイニングイレブン2021(モバイル版)」決勝大会 進出選手
【グループA】
◆大阪産業大学・K太郎◆明治学院大学・たよ◆東京工業大学大学院・のすけ◆福岡大学・ポンジュパリピコ

【グループB】
◆東海大学・Effe(えふぇ)◆東北福祉大学・とろ◆駒澤大学・MASASHI(まさし)◆東海大学・Leo(れお)

◆実況 ヒカックゲームズ◆解説 うでぃ・梅澤慧


世界中で人気を呼ぶ格闘ゲームの大学生頂上決戦!

そして、大会ラストを飾るのは「ストリートファイターVチャンピオンエディション」決勝大会。世界中で人気を博す、eスポーツにおける格闘ゲーム分野を牽引するゲームタイトルを目指し、オンライン予選を勝ち抜いた精鋭8人が戦いの舞台に登場。準決勝まではダブルエリミネーション方式のトーナメント形式を採用し、本戦グループラウンドは2ゲーム先取の全試合Best of 3方式、決勝戦は3ゲーム先取のBest of 5方式で行われました。

▲WINNERS SIDEで敗退した選手はLOSERS SIDEへ。WINNERSの勝者と敗者復活を勝ち抜いた勝者がグランドファイナルで戦います

8人の中には、プロゲームチームに所属する選手もいるため「レベルの高い戦いになるのでは」と期待が高まったタイトルマッチ。格闘ゲーム経験がない筆者はキャラクターの特性や技名も知らない状態でしたが、実況、解説と画面上で繰り広げられている格闘シーンがわかりやすかったため、試合ごとにひきこまれるようになりました。

最強大学生は誰もが認めるあの選手!

各トーナメントで白熱の試合が展開され、WINNERSからはプロチームに所属し、優勝大本命の青山学院大学・SNB|ひぐち選手、LOOSERSからは日本大学・工藤選手が勝ち上がり、最終決戦のグランドファイナルがスタート。序盤は工藤選手が先勝しましたが、その後、SNB|ひぐち選手が見事な立て直しで3勝。日本一のタイトルを獲得しました。


©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.


SNB|ひぐち選手の戦いぶりに「修羅場をくぐっている男の勝ち方でベテラン感があった。勝負所を見極めていて、勝つべくして勝った」「トッププロ選手と戦っているプレーヤーで練習量はものすごいものがある。大学最強は誰もが納得の結果だ」と実況、解説、ゲストから勝利を称える声が。

▲見事、優勝の栄冠を勝ち取った青山学院大学のSNB|ひぐち選手

SNB|ひぐち選手は「今日の大会で一番番負けられないのが僕だと最初に言いましたが、達成できた安堵感と、やはり優勝は嬉しいです。練習をたくさんすると手札が増えて、この選択肢は通るなど瞬時に判断できるようなったので、最初はちょっとやられてしまいましたが、うまく対応できました。今日の自己採点は80点ぐらい。今後は見てくれる人が元気になってくれるプレーができたらと思っています」と優勝の喜びを話していました。


▲写真左からJeSU岡村会長、優勝のSNB|ひぐち選手、準優勝の工藤選手、武井さん

◆「ストリートファイターVチャンピオンエディション」決勝大会  進出選手
◆名古屋学院大学・もっちゃん◆日本大学・工藤(くどう)◆青山学院大学・SNB|ひぐち(しのびずむ ひぐち)◆国際武道大学・オニキ◆慶應義塾大学・雫(しずく)◆名古屋大学・まるみ◆大同大学 Kazma(かずま)◆日本大学・ケンシロー
◆実況 アール◆解説 ハメコ。◆ゲスト 板橋ザンギエフ


新しいスポーツとして進化し続ける「eスポーツ」

日本一のタイトルを目指し、大学生たちの熱い思いがはじけた今大会。フィナーレでは、主催のJeSUの岡村秀樹会長が大会成功と選手、視聴者、ファンへ感謝の気持ちを述べるとともに「U-Champ.を年々拡大し、国際大会につながる土台にしていきたい。さらにeスポーツを新しい時代のスポーツとして、歩みをとめず可能性を拡大し、新たな高みにチャレンジし続けていきたい」と今後の抱負を語り、大会を締めくくりました。

今回初観戦となったeスポーツ。ゲーム世代ではない筆者には無縁の世界と思っていましたが、想像以上に楽しむことができました。また、eスポーツにはスポーツゲーム、格闘ゲームのほかにも、バトルロイヤルゲーム、パズルゲームなど、違うカテゴリーもあるとのことなので、自分の好きな競技を見つけたり、実際にプレーしたり、対戦したりすることで、もっと楽しさが広がっていくのかもしれません。

秋には三重県で「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」も開催、さらに注目度が高まっていきそうです。


大会のアーカイブ映像はこちらから

*大会オープニング&「PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS」決勝大会

*「eFootball ウイニングイレブン2021(モバイル版)」決勝大会

*「ストリートファイターVチャンピオンエディション」決勝大会&フィナーレ

*大会公式HP

https://jesu.or.jp/u-champ/index.html#top

*一般社団法人日本eスポーツ連合公式HP
https://jesu.or.jp/

*「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2021 MIE」
6種目の競技エントリー受付中。詳細は競技公式サイトを。
https://jesu-mie.or.jp/2021esports/



記事の執筆者プロフィール

寺田由紀子 Yukiko Terada
元・地域情報紙の編集記者。神奈川県育ちながら、28年間の記者時代に所沢、川越など埼玉のさまざまな場所を取材し〝埼玉愛〟に目覚めました!その気持ちを大切に、所沢の魅力を発信していきます♪趣味は音楽鑑賞&ピアノ。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。