贈って喜ばれるこだわりの「だし醤油シリーズ」


深井醤油~安政3年創業の伝統の味~

贈って喜ばれるこだわりの「だし醤油シリーズ」

日本料理に欠かせない調味料の1つ「醤油」。醤油は、大豆、小麦、塩が原料、麹菌や酵母、乳酸菌の発酵によってつくられた、自然の力が生み出す調味料です。

安政3年から所沢の伝統と武蔵野の味を守りつづけている「深井醤油」の本店を訪ね、この時期の人気商品を取材しました。

本店の外観
本店の外観
店内だな2
店内には多くの種類の醤油が並んでいます。

深井醤油株式会社

  • 住所
  • 埼玉県所沢市有楽町7-5
  • 電話
  • 0120-46-2015
  • ただいま閉店中
  • 4/1リニューアルオープン予定

この時期、お歳暮やお年賀、帰省の手土産として重宝されるのが、深井醤油のだし醤油シリーズ。深井醤油のだし醤油は、「こんぶだし」「いりこだし」「かつおだし」「そばつゆ」の4種類があり、出汁をとらなくても、これ1本で〝時短〟で料理ができ、〝料理の腕もグンとあがる〟アイテムとして人気があります。

「こんぶだし」こだわりの素材でうまみを追及

「こんぶだし」は、昆布のグルタミン酸がうまみ成分として料理をおいしくします。一般的に昆布だしは、京料理に使われているように、風味に癖が少なく、素材の味を引き立てる効果があります。

そんな昆布の特徴を生かして、深井醤油では、北海道の高級品質の利尻昆布だけを使用。しかも、厚みのある〝一等級〟のものだけを買い付け、自家工場で炊いて、丁寧にうまみ成分を抽出し、「こんぶだし」をつくっています

鍋と出汁醤油
「こんぶだし」は海鮮鍋にもぴったり
湯豆腐
湯豆腐にも「こんぶだし」でおいしく

「いりこだし」ご家庭でもプロの味を再現

一般的な「だし」として、よく利用されるのは「いりこだし」。
「いりこだし」は煮干しを炊いて作られますが、煮干しのうまみ成分は「イノシン酸」とよばれるアミノ酸です。煮干しの「イノシン酸」の含有量は高く、コクとまろやかさをあわせ持った旨みが感じられます。

深井醤油の「いりこだし」は、所沢市内の小料理店でも使用されているほど評価が高く、「これ1本で、ご家庭でもプロの味の料理が作れる」と好評です。

この季節、ご自宅であったかおでんのつゆを手軽に作ってみませんか?

「かつおだし」万能調味料〝関東の味〟

深井醤油のだし醤油シリーズの中でも〝関東の味〟として一番人気なのが「かつおだし」。料理の用途は多く、うどんのつけつゆ・かけつゆ、かつ丼、肉じゃがなど、あらゆる料理に便利な万能調味料として重宝されています。

「そばつゆ」かえし醤油をリニューアル!

深井醤油の「そばつゆ」がリニューアル。かえし醤油をより熟成させて味を再調整しました。まろやかさとコクが増し、「醤油のコクが伝わる味に仕上がりました」と職人さんの自信作

お蕎麦のつけ汁、かけ汁に。年越しそばにこれがあると便利ですね。

お世話になったあの人に。ご家庭用にも。

ご紹介した商品のお求めは、本店や西武所沢S.C.のほか、通信販売でも取り扱っています

深井醤油のだし醤油シリーズの料理の用途はたくさん!
2018年11月8日取材 成田知栄子

深井醤油株式会社(本店)

  • 住所
  • 埼玉県所沢市有楽町7-5
  • 電話
  • 0120-46-2015
  • FAX
  • 04-2928-9517
  • ただいま閉店中
  • 4/1リニューアルオープン予定

深井醤油株式会社(西武所沢S.C.1階)

  • 営業時間
  • AM10:00~PM8:30(土日祝: 10:00~PM8:30)(年中無休)


この記事を書いた人

Avatar photo

成田 知栄子 Chieko Narita

ラジオ、テレビでの取材活動を経てフリーになり、ライターに転職。情報は「人と人とを繋げ、生活をより豊かにする」をポリシーに活動しています。記事情報が、誰かの何かにお役に立ちますように…。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。

過去の記事へ
現在2420本無料公開中