触って馴染んでレザー製品の魅力


革専門店LEATHER工房YANAIで素敵な革製品小物を制作してみよう!

こんにちは。突然ですがみなさんは革製品の小物を持っていたりしますか?

西所沢で西武池袋線西所沢駅から徒歩4分。素敵な革製品を作る職人さんにお会いしました!

取材日:2020年2月5日飯塚まりな

▲革職人矢内昌巳さん

革職人に教わるレザー体験

こちらの工房では革製品小物の教室を昨年春から行っています。

体験を予約し最初は2時間コースでお持ち帰りの作品が出来上がります。

当日作りたいものはこちらの3種類から選べるので好きなものをチョイス!

▲色も選べます

取材したこの日は生徒さんが二人。体験ではなく一般コースで通われている方でした。

楽しそうな様子も見えますが真剣勝負の時間でもあり、黙々と作業を続けること3時間。

集中して作っていると時間があっという間に過ぎていくとか….。

「ここはどうしたらいいですか?」「曲がってきちゃった!」など声を聞くとすぐ矢内先生が駆けつけてくれます。

▲カードケースを作っていたそうです

生徒さんは現在女性が8割ですが、男性も大歓迎!

ぶきっちょさんでも大丈夫です、作りたい気持ちを大切にし楽しく取り組める環境です。


工房はこんなところ!

こちらは工房の中をチェック!玄関のドアを開けると革職人の矢内さんが普段仕事で使って

いる道具がどーんと目の前に。好きな人には何時間いても見飽きない場所でしょう。

私が取材した時もオーダーメイドでご注文されている男性も見かけました。

みなさん自分のオリジナルのバッグやベルト、お財布が欲しくて矢内さんの元に駆けつけます。

▲ここで作っています

「好きなことができているので嬉しいです。」と静かに微笑む矢内さん。

やはり自ら工房をオープンしただけあってとても素敵な工房です。

普段、レザーに興味がない方でも帰る頃にはすっかり虜になる可能性大!

私ももっと厳つくて縁遠いように思っていましたが、可愛くて思わず手に取りたくなる品物がたくさんありました。

▲好みのものが見つかるはず

オーダーメイドの他にも革製品のリペアや革製品コーティングも受け付けています。

何かの時には相談に乗って頂けるので、「家にあるおばあちゃんの形見の大切な革のバッグ、汚れや古さがあるけど本当は使いたい!」って方にも希望が持てます。

ビフォーアフターの写真を見たら驚きますので是非行かれてみてくださいね。

工房の外に出たら不思議な自販機が!

こんな自販機は全国どこを探しても見つからないでしょう。

そんな面白い自販機はこちら!

▲ジュースだけではない自販機

すごいですね、思わず近づいて覗いてしまいました。

多分、お店に勇気がなくて入れない方ようなのかと思いました。

「気軽に買えるならここでひとまず買ってみようかな。」ってお金入れちゃう人がいるんでしょうね。それともデート前にかっこつけたい人が慌てて買うのか…よくわかりませんがどんな方が買われるのか気になって仕方ないのでした。

▲一番人気はどれ?

最後に駅から近いので電車で来て正解だと思いました。

駐車場はありませんので車の場合はコインパーキングを探してからお越しくださいね。

革は時間が経つほど色の深みや味が出て、良い感じに手に馴染みます。

変化のある物って買った最初だけでなくいつまでもワクワク感を持てるからいいですよね。

是非みなさんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

春は習い事の季節ですので今のうちにチェック!


革専門店LEATHER工房YANAI
〒359−1142 埼玉県所沢市上新井2−1−11
電話:04−2928−0066
定休日:火曜
営業時間:10:00〜20:00
ホームページ lether-yanai.com


大きな地図で見る


記事のタグ:

記事の執筆者プロフィール

飯塚 まりな Marina Iizuka
まりなPRO
イラストレーター飯塚まりなです。 親しみや共感をテーマに作品作りをしています。 地元の気に入ったお店や場所をイラストで表現して発信中! 仕事では現在、学習塾やサロンのチラシ、キャラクターデザイン、4コマ漫画など多数描いています。 今年2019年3月、介護福祉士を取得。 介護ではレクリエーションに特化して介護予防に力を入れてきました。 住みやすく、働きやすい所沢でホッとな情報をお届けします!

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。