古民家通信Vol.2 ~「つばきのわ」さんの古民家、オープン日が決定しました!~


 一般社団法人「つばきのわ」さんによる椿峰ニュータウン、丘の途中の古民家リノベーション計画をお伝えしております「古民家通信」、引き続き経過を報告いたします。
 

 
 今回は、その後の作業の進み具合と、子どもたちも加わった内装作業の様子、オープンに向けた各種情報をお伝えします。古民家、いよいよみなさまのお目にふれる機会が迫ってきました。
 

取材:2020年9月19日 ボランティアライターじん

 

① 外の様子です。みなさまを迎える準備が着々と進んでいます。

 前回の古民家通信で草むしりの様子をお伝えしましたが、(前回記事「古民家通信スタート」)庭などがきれいになったことにより他の作業もはかどるようになりました。
 まずは、道路沿いに看板を設置することができました。
 

 

 
 これで、道いく人たちにもいろいろお知らせできるようになりました。
 「何だろう?ここ?」って興味を持ってもらえそうですね。
 

 
 ひさしも新しくなりました。雨の日でも安心してみなさまに来ていただけそうです。
 

 
 庭からも簡単にアプローチできるように準備をしています。つまずかないように木の根も丹念に抜きました。
 

② 中の様子です。ペンキ塗りと棚づくりをしました。

 「つばきのわ」さん、9/12にもメンバーと早稲田大学所沢キャンパスに通う学生さんとで作業して、部屋の中の旧押入れの部分にペンキ塗りを行ったそうです。今日はその続きの作業を行いました。地域のお子さまたちも加わって一緒に作業してくれました。
 

 

 

▲内装だけじゃなく手作りベンチにも塗ってくれました。
 
 大人も子どもも初めてのペンキ塗り、ちょっと洋服や肌についちゃったりもしたけれどきれいに塗れました。
 前回の古民家通信でお伝えした「シェア本屋」「レンタルボックス」用の棚の準備も進んでいます。
 

 

 

 
 実は僕自身もこのレンタルボックス既に予約ずみです。何を置こうかな。
 

③ 椿峰・山口を楽しくするアイデア交換会を実施します!


 
 9月26日(土)と10月10日(土)にアイデア交換会を実施します。地域コミュニティの拠点施設を目指している「つばきのわ」さん、自分たちの想いと地域のニーズを融合させようとしています。椿峰に何が必要なのか、どんな場所が求められているのか、アイデア交換会で是非ともみなさまから直接伺いたいとのことです。途中参加・途中退出OK、事前申込不要とのことなので、「地域を楽しくしたい方」是非お気軽にご参加ください。
 

④ オープン日決定!そして所沢なび読者のみなさまに特典いただきました。


 
 古民家拠点施設、ついにオープン日が決まりました。10月3日土曜日です。オープンに向けて準備を進めていくとのことです。
 
 そして、所沢なび読者のみなさまに特典がございます。
 オープン当日受付で「所沢なびを見た」と伝えていただければ駄菓子を一つプレゼントいただけることになりました。「つばきのわ」さんありがとうございます。
 
 ここまで継続して取材してきて思います。この場所は走りながら成長していくのだと。③でもご紹介したように、広く地域の方の意見を取り入れていくことにより、地域にとってなくてはならない場所になっていくことを期待しております。
 これからも古民家通信つづけていきます。明るい椿峰の未来をともに見届けるために!
 

 
 アイデア交換会やオープン日に関する詳細は「つばきのわ」さんのホームページ(https://tsubakimine.com/)をご参照ください。



記事の執筆者プロフィール

じん Jin
じん Jin
写真を撮ったり、ランニングしたり、サイクリングしたりしながら、自然の中で過ごす時間を大事にしています。 すぐそばに素敵な自然が残されてる所沢が大好きです。 少しでも所沢の魅力がお伝えできるようにがんばります。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。