オドロキの価格で景気回復を狙う!日本一高いと話題のレトルトカレーのお値段、そのワケは?



▲所沢市農畜産物支援事業 所沢農畜産物特設販売開催
2021年9月1日(水)〜9月30日(木)9:00〜17:00、所沢観光情報・物産館YOT-TOKO(よっとこ)で農畜産物支援事業 所沢農畜産物特設販売が開催されています。話題の日本一高額のレトルトカレーの他にもおいしいもの盛りだくさん!お食べのがしのないように!


 

所沢市農畜産物支援事業 所沢農畜産物特設販売開催

合同会社所沢ミートセンターは、事業の継ぎ手がいない畜産農家に対して、生産から販路の開拓までを支援している団体です。所沢市内への精肉の提供などを中心に事業を行ってきましたが、コロナ禍で飲食店への影響は計り知れず、停滞した食材循環を再興させ地域の畜産農家の景気回復の一助となることを目的に今回の特設販売を開催しています。
 

我がまち所沢で育まれた極上の旨みを我がまちで味わう喜び!

所沢ビーフの商品

34万人が暮らす郊外都市・所沢に今も残る牛畜産農家。広々とした環境と厳選された飼料、ゆったりと愛情持って育てられ、絶妙なサジ加減と味の濃い赤身の牛は「A5ランク」などの高い評価を受けています。上質のビーフが使われている人気の「所沢牛Premiumビーフカレー」は1080円(税込)、所沢牛と希少な所沢親鶏を使った新商品「牛キーマハヤシ」…も…1080円(税込)で販売されています。

武蔵野Z豚【所沢豚】の商品

武蔵野Z豚【所沢豚】は、飼育期間が最も長い場所が所沢近郊であり、所沢ローカルファースト事業団が所沢豚魅力創出プロジェクトにて認定された生産者により、5カ月以上肥育された肉豚のうち、公益社団法人日本食肉格付け協会が実施する豚枝肉格付けにより等級づけされたものを所沢ローカルフーファースト事業団が確認買い戻しした豚です。
新商品の「武蔵野Z豚ジャンボンブラン」は…1620円(税込)…!
そして…話題の新商品「GREAT塊CURRY」…武蔵野Z豚 塊肉500g使用 日本で一番高価な超プレミアム商品至高の味を人生に一度!!」

▲GREAT塊CURRY
気になるそのお値段は…

16,200円(税込)です!!

▲これは…

まだまだありますよ…

所沢の豚「武蔵野Z豚」を使った冷凍の加工品やレトルトカレーの特設販売や、
JIGONA Cafeでは豚を使った特別メニューのハンバーガー。

▲豚を使った特別メニューのハンバーガー
祝日や週末はキッチンカーが来て、カレーやタコス、農畜産物もテイクアウトできます。

店内飲食コーナーではジャンボンブランのスペシャルメニュー展開なども…。

期間は9月30日までですよ!

最新情報はYOT -TOKOのインスタで

また、特設のwebサイトは
https://tokochiku.com/

所沢市観光情報・物産館YOT−TOKO(よっとこ)
【所在地】〒〒359-0027 埼玉県所沢市大字松郷143番地の3
【TEL 】04−2968−5414



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。