種類豊富な手芸素材「いせき」
ネットで楽々。新サービス登場!

種類豊富な手芸素材「いせき」
ネットで楽々。新サービス登場!

生地や手芸用品の種類が豊富で「何でもそろう店」と評判の「いせき」。所沢で明治26(1893)年から続く老舗として知られ、トレンドもいち早く取り入れ、お買い得価格で提供してくれる店として人気です。ネット通販も充実しています。

2020年11月取材


▲「いせき」店舗前で(昭和通り入口)。㈱いせき5代目代表取締役社長 井関克行さん(右)とネット店の店長 町田夏美さん(左)

 

約130年続く所沢の老舗店
「買う人の気持ちになって売る店」

「いせきさんがあって助かった~」。と、そんな声が所沢のママさんたちから聞こえてきます。

お子さんの入園や入学に必要な上靴入れやカバン作りのシーンで、また学校の家庭科の授業で必要になった時など、地元のほとんどの人たちが頼りしているお店が「いせき」ではないでしょうか。

「布材料や手芸用品なら、いせきに行けば手に入る」。
種類の豊富さで知らせる「いせき」は、1893(明治26)年から続く所沢でも有数の老舗店。元は所沢織物の買継商だったそうですが、戦後は、化粧品や文具、衣料品、呉服などを取り扱う商品を地域のニーズに応えながら小売業を営んできました。現在は5代目の井関克行さんが経営を引き継いでいます。

「トレンドやお客さまのニーズを敏感に感じ取り、お買い得価格で提供することを大切にしている」と話す井関社長。昭和初期の店脇の看板には「買う人の気持ちになって売る店」と書かれていることから、代々お客様目線の経営理念で、地域の人の信頼を集めてきたことがわかります。

▲上の写真は1952年(昭和27年)の店舗。2代目福太郎さん(中央)と3代目武七さん(右2番目)。左看板には「買う人の氣持になつて賣る店」と書かれています。下の写真は、現在のプロペ通り側の入り口からの店舗。撮影場所はほぼ同じ位置

大人気の〝鬼滅柄〟もネットで
「コロナ禍だからこそ‥‥」お助け新サービス!

「いせき」の店内には、人気の手芸キットや人気キャラクターの生地がずらり!ハギレも選り取り見取りでお手頃価格!創作意欲がわくアイテムがたくさんあります

例えば、2020年秋に大ブレイクの「鬼滅の刃」シリーズの生地もいち早く入荷しました。キャラクター物や柄物がそろっているほか、キルティング、ダブルガーゼ、ブロード、ラミネートなどいろいろなタイプのものをつくるのに適した布の種類が選べます。

▲人気の「鬼滅の刃」コーナー。いち早く「鬼滅の刃」の柄を入荷するなど、トレンドや消費者のニーズを敏感にとりいれています

 

「いせき」では、ネット通販もいち早く導入し、ネット店「Fabric House Iseki」をオープン。「楽天サイト」「ヤフーショッピング」「Amazon」など、ユーザーが好きなショッピングサイトで買い物ができるように整えています。

「コロナ禍だからこそ、もっとネットでお客様の要望に応えたい」と、来年春から新サービスが登場します!

これまで店頭受付のみでおこなっていた、入園入学のバッグやお弁当袋などの「製作サービス」を、2021年春からネットで「セミオーダー」サービスの開始を決定したそうです。忙しいママさんや裁縫が苦手なママさんは大助かり!

「市内幼稚園・保育園のバッグの仕様は、ほぼ熟知していますので、仕様にあったパターンを用意しました。お好きな生地を選んでご注文ください」とネット店の松田夏美店長。

コロナ禍でもお子さんと一緒に、パソコンやスマホを使って自宅でお子さんの好きな生地選びを楽しんで、新入学・新学期の準備ができますね。

詳細は、ネット店「Fabric House Iseki」で確認できます。

取材:2020年11月 成田知栄子

ご購入はこちら


株式会社いせき
〒359-1123
埼玉県所沢市日吉町9-22
TEL.04-2922-1355
FAX.04-2923-8857

ネット店 Fabric House Iseki
https://iseki-tokorozawa.jp/

https://www.rakuten.co.jp/iseki-tokorozawa/

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?

店舗情報

いせき Fabric House Iseki

  • 埼玉県所沢市日吉町9-22
  • TEL.04-2922-1355
  • FAX.04-2923-8857
  • 10:00-18:00
  • 代表取締役社長 井関克行

いせき Fabric House Iseki 商品

こんな商品もおすすめ