とこモールとは

今の時代だからこそユーズドファッションを楽しむ。ビンテージ!アメカジ!「サンディニスタ!スタジオ」

今の時代だからこそユーズドファッションを楽しむ。ビンテージ!アメカジ!「サンディニスタ!スタジオ」

▲店前の赤い看板

「みんな同じでなくていい」。近年、「個」が大切にされる時代になりました。このコロナ時代でそれが一層加速し、自分らしいファッションを求める人も増えています。
アメカジスタイルのファッションで自分らしさを大切に演出できる所沢のお店「SANDINISTA!STUDIO(サンディニスタ!スタジオ)」を取材しました。

2021年11月成田知栄子


アメカジテイスト取りそろえ1000点以上!

▲店の壁面には、所沢のARAYANさんのグラフィックアートが描かれています

所沢で個性的なファッションを提案する店として知られているのが「サンディニスタ!スタジオ」。所沢で一番賑わう通り「所沢プロぺ商店街」のわき道に入った、通称「コーヒーストリート」と呼ばれる通りにあります。コーヒーストリートとは、こだわりのコーヒーショップが集まっていることから呼ばれるようになったネーミングで、ここ数年で市外からのお客さんも訪れる、知る人ぞ知る人気のスポットです。

「サンディニスタ!スタジオ」は、民家を改装した店構えで、壁面に描かれた所沢のアーティストARAYANさんのグラフィックアートが目をひきます。

店内には、アメリカやヨーロッパの輸入物がほとんどで、店主の船戸雄次さん好みのアメカジテイスト(アメリカンカジュアル)のメンズファッションや雑貨1000点あまりがずらりと並んでいます。中にはほかでは手に入らないようなビンテージものも!

ちなみに、店の名前は、70~80年代のUKパンクロックバンド「クラッシュ」のアルバムタイトルから付けたそうです。


「お客さんと好きなものを共有できることが楽しい」
「らしさ」を大切に、もっとファッションを楽しく!

▲店内入口の様子

すべてのアイテムは、船戸さんの感性で選んだものばかり。
店内でお客さんに好きな洋服を見つけてもらい、コーディネートなどをアドバイスしています。「お客さんと好きなものを共有できることが楽しい」と船戸さん。

「このズボンをもっとカッコよく着れるシャツが欲しいんだけれど・・・」という手持ちの洋服のコーディネートを探すお客さんや、「はき心地の良いズボンを探しているんだけど…」など、お客さんの相談はさまざま。

船戸さんは、常に自分のテイストを押し付けることはせず、それぞれの「らしさ」が際立つような、またファッションがより楽しくなるようなアドバイスを心がけているそうです。


高校時代に抱いた志を実現。「自分で古着屋やる!」

▲オンラインショップでもゆっくりと選ぶことができます。ただし、1点ものがほとんどなので、お早めに

船戸さんは、所沢育ちの所沢っ子。中学生のころ、ファッション雑誌を読みファッション業界に憧れを抱きはじめ、高校生ですでに「自分で古着屋やる!」と決心していたのだそうです。

その後、数カ月にもわたるヨーロッパ旅行や、ファッションのメッカ原宿での勤務を経て、2007年に地元所沢で独立。プロぺ通りで古着屋さんをオープンさせ、高校時代の志を実現させました。その後2013年に現在の場所でアメカジテイストのお店をオープンさせ、ネットショップも運営しています。

ネットショップ


ちょっと安くないですか?
年齢に関係なくおしゃれは気分を上げます!

▲洋服や小物、雑貨なども輸入ものが販売されています

 

「サンディニスタ!スタジオ」は、〝自分らしくキマル!〟を叶えられる店。そしてもう1つの特徴は、ビンテージ物やお気に入りが、比較的安く手に入ること。それには、船戸さんの想いが…。

「中高生のころ、ファッション雑誌を見て欲しいと思った洋服が高くて手が届かなかったということがありました。そんな思い出から、〝多くのお金をかけなくてもファッションを楽しんでもらえる店でありたい〟という願いがあるんです。好きな仕事だからこそ、あまり儲けは考えないようになってしまっているんですね」と船戸さん。

「女性も男性も年齢も関係なく、誰でも自分らしさを表現している洋服を身につけている日は、気分が明るく過ごせるものですよね。洋服1つで気分を前向きにできるのです。だからこそ、お客さん一人ひとりに合ったファッションを提案していきたいと思っています

そんな船戸さんの気持ちが、コアな層だけでなく、地元の人にも伝わっているようです。船戸さんのお店には、若い世代はもちろん、上は80代の地元の男性も訪れています。80代とはいえ、アメカジファッションを取り入れて楽しんでいることで、若々しく元気に見えます。まさに、おしゃれは永遠のテーマ!

▲ビンテージ物もあります

ユーズドファッションの良さとは…
ファストファッションにはないものがある

▲輸入時期は不定期ですが、年3,4回仕入れを行っています。たびたびのぞくとお気に入りが見つかるかも

 

ファストファッションが主流になった昨今ですが、ユーズドファッションの良さを船戸さんに伺ってみました。

「ユーズドの良さは、他の人とかぶらないということ。それに新品の洋服にはない味わいを演出できることも良さだと思います」

古着やビンテージは、使用感の味わいをファッションとして取り入れ、幾通りもの着こなしが楽しめます。
サンディニスタ!スタジオが大切にしている「自分らしさ」を演出しやすいファッションでもあるようです。

これからますます「個」が大切にされる時代だからこそ、古着のニーズも高まりつつあります。

店舗に来れば、船戸店長との会話も楽しめ、さらなるファッションのアイデアが生まれそう。

ネットショップでも船戸さんの想いが伝わるファッションアイテムがたくさんアップされています。是非、あなたのお気に入りの1枚をみつけてみては?1点ものがほとんどなので、気に入ったものがあれば、お早めに。

SANDINISTA!STUDIO

Instagraはこちら


古着屋SANDINISTA!STUDIO

〒359-1123 埼玉県所沢市日吉町6−5
営業: 14:00~
電話: 04-2941-3622

代表 船戸雄次

https://sandinista.theshop.jp/

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。

店舗情報

SANDINISTA!STUDIO

  • 埼玉県所沢市日吉町6−5
  • 04-2941-3622
  • 14:00~
  • 船戸雄次