羽釜で炊いたおにぎりはいかが?


こんにちは!所沢なびライター兼イラストレーターの飯塚まりなです。突然ですが最近美味しいおにぎりを食べましたか?所沢市狭山ヶ丘の商店街にある【米米カフェハナコ】には美味しいお米でご飯が食べられますよ。

「商店街のお母さん」になれれば ~店主の想い~

米米カフェハナコがオープンしたのは5年前。店主の中澤さんは開店時からお客さんには家族のように親しみを持ちながら縁を築いてきました。若いお客さんには「野菜は取れてるの?」、年配者には「今日は暑いから水分をよくとってくださいね!」と優しく声をかけています。商店街のお母さんは羽釜で美味しいご飯を炊き、今日もお客さんとの交流を大切にしています。

お米は富山産コシヒカリ!一粒一粒がしっかりした食感で、おいしいお水と豊かな土壌で育てられたお米を使い羽釜で炊いています。おにぎりは16種類の具材を選べ、小鉢やお味噌汁、漬物も毎日違いリピーターで通っても飽きのこないメニューになっています。

広々とした店内。他の人に米米カフェハナコの場所を説明するときは「商店街にある三角のお店」と伝えます。

ほら!こんな三角形のお店滅多にないですよ!可愛いですね!

デザートにアイスコーヒーと水出しゼリーを頂きました。つるんと喉越しの良いゼリーに甘いあんこときな粉、黒蜜が絶品!夏ならいくらでも食べられます。他にも米米ハナコはおにぎりだけでなくカレーやガパオライスなどおにぎりだけではないメニューも揃えてます!

お子さんが来ても大丈夫!ママ友同士で子供を遊ばせながらゆっくりおしゃべりもできます。

羽釜である理由

「いつか自分のお店を持ちたい!」とずっと思っていた店主中澤さんはホテルの飲食店で経験を積み飲食の基本を学び、夢に向かって突き進んできました。紆余曲折の中「自分でできることは何か」と考えると、思い出すのは子供の頃から釜炊きご飯を食べてきたこと。ご自分のお子さんが実家の釜炊きご飯を喜んで思わず手で食べたことなどが蘇りました。中澤さんは今でも炊飯器ではなく土鍋でご飯を炊いて食べています。そこで「羽釜で炊いたお米でカフェをやろう!」と決意しました。それがこうして身を結び今では所沢市民を中心に愛されるカフェになりました。

商店街のお買い物で歩き疲れたら、ホッとできるオアシスのようなカフェ。まだ食べたことのない人は、ぜひおいしい羽釜のご飯を召し上がれ!

ショップ情報

店舗名 米米カフェハナコ
住所 埼玉県所沢市和ケ原1-46-8
電話番号 04-2948-2737
営業時間 11:30~18:00
定休日 水曜日
HP https://cafehanaco.amebaownd.com

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

飯塚 まりな Marina Iizuka
まりな
イラストレーター飯塚まりなです。 親しみや共感をテーマに作品作りをしています。 地元の気に入ったお店や場所をイラストで表現して発信中! 仕事では現在、学習塾やサロンのチラシ、キャラクターデザイン、4コマ漫画など多数描いています。 今年2019年3月、介護福祉士を取得。 介護ではレクリエーションに特化して介護予防に力を入れてきました。 住みやすく、働きやすい所沢でホッとな情報をお届けします!

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。

スポンサー

所沢なびを応援して頂いているスポンサーの皆様