【日本料理】大根とキュウリと油揚げのあちゃらあえ!


みなさんこんにちは。

「所沢なび」ボランティアライターのぶんです。

今回で3回目になります。ボランティアライターをお手伝いするようになり、変わったものはないだろうか?題材になるものはないだろうかと、気にかけるようになり新しい発見ができそうです。

 

 

今回は、大根を使った日本料理「あちゃらあえ」を紹介します。

もちろん、ぶんが作りました。

1

あちゃらあえとは、ポルトガル語で「野菜・果物の漬物」。

果物や野菜を甘酢で漬け込んだものですね。

 

≪材料≫

大根・・・5㎝

きゅうり・・1/2本

油揚げ・・・1枚

昆布・・・5㎝

a酢・・・大さじ2

a砂糖・・大さじ1

aだし・・・小さじ1

a塩・・少々

 

≪作り方≫

1:油揚げは網で焼き、1㎝の幅に切り、さらに長さ3㎝に切る。

2:大根とキュウリは細切りにし、塩水に浸す。しんなりしたら手で絞り水気を切る。

3:ボウルに細く昆布を切り、aの材料を入れ混ぜ合わせる。

4:3に①と②を加え、あえたら出来上がり。

2

 

“所沢なび”では「楽しむ」「食する」「得する」「探す」「学ぶ」の情報を発信しています。

その中の「食する」=食べることは、基本的に必要な栄養をとり健康的な生活を過ごすためでしょうね。

また、気の合った仲間と一緒に「食する」ことは、楽しいことでもあり、コミュニケーションの場として大切です。

家族やお友達を招待して心こもった手作りの料理を「食する」。

作ってくれた人への感謝と美味しさを楽しみ、一緒に満たされた時間や空間を和やかに過ごせます。

何よりも楽しくおいしく食べることで、人と人のいちばん大切な人間関係の「和」が生まれます。

 

3

秋の夜の晩酌の楽しみは、美味しいものをちょこっとつまんで、焼酎のお湯割りをぐいと!

秋の夜の晩酌のおつまみは、冷蔵庫のなかにある材料でちゃちゃと作り、焼酎のお湯割りをぐいと!

秋の夜の晩酌は、仕事から帰りこたつに入り、ほっとする楽しみは、焼酎のお湯割りをぐいと!

 

 

≪大根のいろいろ≫

上の方は少し甘味がありサラダや酢の物に向いています。

中間分部はふろふき大根、含めの煮物等に向いています。

下の部分ちょっと辛みがあって大根おろしや味噌お汁など汁の実、お漬物に向いています。4

これからの季節、お鍋や煮物に大活躍ですね✨

 



記事の執筆者プロフィール

ぶん Bun
ぶん Bun ライター

2016年10月“所沢なび”ボランティアライターとして生まれたボクの名前は「ぶん」!
仕事は、所沢を中心に身近にある自然やおいしいもの、楽しいものを見つけみんなに知ってもらうこと。 魅力いっぱいの「所沢なび」これからもよろしくね。

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。