★ロウバイ 見頃情報★in航空記念公園

みなさんこんにちは「所沢なび」ボランティアライターの“ぶん”です。

 

今日は所沢航空記念公園の蝋梅(ロウバイ)園の話です。

私が蝋梅の花を初めて知ったのは、都内から所沢に引っ越ししてきた翌年の今頃でした。

自宅の近くの住宅に黄色の甘い香りがする花があり、気に入ったので、そのおうちのかたに訪ねてみると、「蝋梅」という花でした。

 

それから蝋梅に魅了され、蝋梅の名所、秩父の宝登山頂臘梅園に行きました。

約2,500本の蝋梅園は見事でしたよ。

 

航空公園ロウバイ園の場所は日本庭園・茶室「彩翔亭」に隣接しているところにあり、約100本のロウバイが植えられています。


 

見ごろ1月上旬~2月中旬。

蝋梅には「満月ロウバイ」・「素心ロウバイ」・「和ロウバイ」の3種類があります。

 

ソシンロウバイ(素心蝋梅)

花の中心に赤色の斑が入らず、黄色一色です。

朝の光に照らされて、甘い香りを放つロウバイ!

 

朝早くに、この日はすでに4,5人の方が訪れていた。

その中に老夫婦の方がいたので「お早うございます」とあいさつを交わし、そのご主人が蠟梅に詳しく、敷地内の図書館の横に「和蝋梅」があることを話してくれ、すぐに行ってみた。

 

↓↓↓こちらが原種↓↓↓

 

中心紫褐色の斑赤くなっていますよね!

感激してしまいました。

 

 

いろいろ調べてみると・・・

蝋梅は中国中部原産、江戸時代初期(1600年代)渡来していています。

のち、200年位後明治初期~中期(1800年代末) ソシンロウバイ(素心蝋梅) 渡来しているようです。

 

見頃となっている今、是非、航空公園へ足を運んでいただき、甘いフルーティーな香りを味わってください。

記事の執筆者プロフィール

bun
ぶん ライター
2016年10月“所沢なび”ボランティアライターとして生まれたボクの名前は「ぶん」! 仕事は、所沢を中心に身近にある自然やおいしいもの、楽しいものを見つけみんなに知ってもらうこと。 魅力いっぱいの「所沢なび」これからもよろしくね。
  • homepage