【リポート】吾妻教養講座「文学のススメ 宮沢賢治〜なめとこ山の熊〜」を終えて



▲令和2年度 吾妻まちづくりセンター主催「吾妻教養講座」が開催されました。
 

▲講師:及川 道之さん(秋草学園短期大学教授)
 

「読んでおいてよかった」と思える出会いのきっかけに

まず及川先生の、読書体験のお話から始まりました。
それは「星の王子さま」。
「童話だと思って読みはじめたら大間違い。分かろうとすると分からない本だった。」と…。
 
そんな及川先生、ある時快速電車に乗ったために降りる予定だった駅を通過。珍しく、乗り越してしまいました。
 
電車を乗り換えるために駅を降りてふと目をあげると、そこには青空に映える紅葉。

▲写真はイメージです
 
先生のふるさと岩手県ではそろそろ冬景色になる頃。この景色の素晴らしさに感動し、「これを見るために乗り過ごしたんだ。」と思うことができたそうです。そう思えたのは「星の王子さま」を読んだから。読む前だったら、「あー、乗り過ごした。時間がもったいない。」などと思ったかもしれないのに、と。
 
「この講座も読んでおいてよかった、と思えるきっかけになればいいなあと思っています。」と言う先生の言葉がとても心に響きました。
 
所沢の地にまだ疎い私は、まさに講座当日こんな経験をしていていました。
 
自宅から初めて伺う吾妻まちづくりセンターへ自転車で向かったところ、予想以上の道のりに少々苦戦。時間に間に合うだろうかと不安になり、ふと目をあげた時にあったのがこちらの景色。
 

▲小さな桜の木にこんなに花が…
 
講座開催日周辺は記録的な暖かさでした。とは言え11月後半。こんな時期に桜を見たことに戸惑い、少々混乱したまま会場入りしたところだったのです。この経験はこの講座を聞くための準備だったに違いないと思い、期待で胸が膨らみました。
 

故郷とどう向き合うのか

資料として、及川先生がかつて「故郷とどう向き合うのか」という講演をされた時のレジュメが配られていました。
 
同じ場所にずっと住んでいると「故郷」という言葉はピンと来ないかもしれません。でも故郷は「離れてみないと向き合うのが難しい」というわけではありません。「自分の人生とどう向き合うのか」「記憶をもう一度思い出す作業」「人生の中で手にしたもの、できなかったものを振り返る作業」が、「故郷と向き合うこと」ではないでしょうか。
 
そんな前置きの後『なめとこ山の熊』を読み解いていかれました。
いきなり登場する有り得ない高さの滝。あまりにも美しい母子熊の会話。幻想的にも思えた物語は突然現実味を帯びます。山では熊捕りの名人である主人公・淵沢小十郎が、熊の皮と肝を売りに行く段になると突然惨めな存在に…。語り手の「僕」の感情も溢れ出します。
 
及川先生はこんな風におっしゃいました。
「賢治先生が故郷岩手県花巻を『イーハトーブ』という理想郷に置き換え、出版の予定のない童話を手直ししながら生活していたのは、自分の故郷、おいては人生と向き合い、折り合いをつけながら生活をしていたからではないでしょうか。」
(※岩手県出身の先生は「賢治」と呼び捨てるのは憚られ、「賢治さん」「賢治先生」と言う方がしっくりくるそうです。そう言えば岩手県出身の私の友人も「賢治さん」と言っています。)
 
講座の最中、いろいろな記憶が呼び覚まされました。
 
私は学生の頃、宮沢賢治の講義をとても楽しみに受講していました。卒業して数十年。国文学とはだんだん疎遠になり、宮沢賢治が亡くなった年齢よりずいぶん年上になり、故郷を離れ、コロナ禍でもある「今」、吾妻まちづくりセンターという「この場所」で岩手県出身である及川先生の、3月に行われるはずだった講座を受講する機会に恵まれて、「なめとこ山の熊」と言う作品に再会できたこと…。「めぐりあわせ」ということについてしばらく思いを馳せました。
 
忘れられない読書体験になりました。
 

2020年11月20日 カケミヅ

 

大きな地図で見る



記事の執筆者プロフィール

カケミヅ Kakemidu
カケミヅ KakemiduPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はI Padでイラストを描くことです。

頂いた応援メッセージ

  1. 先日はご参加ありがとうございました。よろしければタグに吾妻分館・図書館も加えてください(^^♪よろしくお願いします。

  2. 突然の取材をご快諾いただきまして、ありがとうございます。私はたまたまホットメールで見つけて受講するチャンスができました。拙い文章ですが、あの講座の事をお伝えしたかったです。貴重な経験をさせていただきまして、本当にありがとうございました。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。