夜明けの…キミが鳴いた♪2021年の中秋の名月は8年ぶりに満月の日と重なりましたね


皆さま2021年の中秋の名月を楽しまれましたか?我が家からは雲間をぬってのお月見となったのですが、月が出るまで長時間夜空を楽しむことができました。いろいろな光を楽しむことができたのは楽しかったのですが…やっぱりクリアな状況でお月見してみたい!と思い、早起きしてみました。


中秋の名月とは、旧暦の8月15日の夜に見える月。2021年は9月21日午前8時55分が満月。

8年ぶりに旧暦の8月15日と満月の日付とが重なるということで話題になっていましたね。

さて、仕事が終わって空を見上げると…。


▲ちょっときびしい状況でした(2021年9月21日午後7時頃)

でも雲の様子を観察していたら、ところどころに隙間がありゆっくり流れているのが分かったので、もしかしたら月を見ることができるかもしれないと思い、待ってみました。


▲曇り空のお月見もいいものですね…


▲雲間からのぞいたお月さま

なんとか丸い形を見ることができました。はじめは雲の多さを少し残念に思いましたが、曇り空だったおかげで長時間夜空を見ることになり月の光を楽しむことができました。


さて、一夜があけ、午前5時過ぎ頃空を見上げると雲はすっかり流れていてお月さまが綺麗に見えていました。

▲雲が少ない朝でした(2021年9月22日午前5時ごろ)


▲右下が欠けてきているのがわかります(月を撮影するために明るさなど調整しています)

今宵は十六夜(いざよい)を楽しむことができるでしょうか…。

だんだん空が明るくなってきました。
食事をとろうとしたら、ギーギッギッギッギ…と鳥の鳴き声が響いてきました。コゲラです!

我が家の周りではよくこの声が聞こえるのですが、姿を見つけてカメラを構えると逃げられることが多いです。今日も逃げられるんだろうなあ…と諦めつつ、でも月と写してみたい!という欲望に駆られチャレンジしました。


▲撮影できました!お月見コゲラさん♪


▲後頭部にオスである目印の赤い毛があるかは確認できません


▲お月さまに向かって?しばらくギーギッギッギッギ…と鳴いていました


▲そして羽を広げ…飛んで行ってしまいました

耳をすませるとシジュウカラ、ヒヨドリ、カラス、セキレイにスズメにハト…いろいろな鳥の鳴き声がひびいていました。いい朝です…。


▲太陽が昇り始めて雲がピンク色に染まってきました

明け方のお月さまも…いいものですねえ〜。

ところで、旧暦の9月13日の夜を十三夜と呼びその日もお月見をする習慣があるそうですよ。今年の十三夜は10月18日。楽しみですね。

2021年9月22日カケミヅ



記事の執筆者プロフィール

カケミヅ KakemiduPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はiPadでイラストを描くことです。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。