所沢コーヒーストリートに新店が!【MITARU COFFEE ミタルコーヒー】


所沢の「コーヒーストリート」を知っていますか?

所沢駅西口から繁華街プロぺ通りを進み、プロぺ通りのおしりあたりで右に曲がると、オリジナリティあふれるコーヒー屋さんが軒を連ねる、所沢の裏通り、通称「コーヒーストリート」があります。

別名”うらトコ通り”とも呼ばれていて、お洒落なイタリアン・ビアバー・美容室なども軒を連ねています。
所沢市民にとっては駅前の喧騒を離れた憩いの場として存在しているような、そんな通りです。

そのコーヒーストリートに2020年11月28日にオープンする「MITARU COFFEE(ミタルコーヒー)」はいったいどんなお店なのか?

「所沢なび」がレセプションに伺わせて頂いた模様をお伝えします!

2020年11月取材


 

入口にはウッドデッキが 茶を基調とした内装は居心地の良い空間を演出

入口のウッドデッキが印象的です。店舗のその扉の向こうにどんな空間が待っているのか期待感が高まります!
 
width=
 
入店すると、天井も高め、奥行きもあり、横一面は窓なので開放感があります!
 

 
窓際には、電源のあるカウンター席が。
 

▲カウンター席には電源が16口もある!

「ここで仕事をするのも大歓迎です!」とのこと。コーヒー飲みつつPC作業したい!というテレワーカーやノマド族にはありがたいですね!

 

自家焙煎スペシャルティコーヒーとこだわりのフードに注目!


 
コーヒーは生豆で仕入れたものを自家焙煎したスペシャルティコーヒーです。
 

▲焙煎機が店内にありますよ~!ぜひ皆さんもチェックを!「MADE IN KYOTO」の文字が。
 

▲エスプレッソベースのカフェラテもあります!コク深い味わいと鼻に抜ける香りに癒されます。+50円でアーモンドミルクや豆乳に変更も可能です。
 
フードメニューには、カレーやサンドイッチをご用意。


▲看板メニューの「MITARUサンド熟成パストラミポーク」
 

▲「欧風カレーとタンドリーチキンのカレープレート」付け合わせのかぼちゃサラダにいぶりがっこが入っていました! 面白い組み合わせですが、意外に合う!

 
実はこの「フードメニュー」が、”ただものではない”んです!

メニュー監修を行ったのは知る人ぞ知るフードコンサルタントの宮崎政喜さん。


▲忙しい中、取材に応じてくれたフードコンサルタント宮崎政喜さん
 
看板メニューの「MITARUサンド熟成パストラミポーク」には自家製のアイオリソース(にんにくとマヨネーズのソース)を使用。
 
肉は、日本人の口に合うように宮崎さんの手で研究開発されたパストラミがたっぷり入っています。
このパストラミ、なんと3日かけて作られるのだそうです。
熟成ポークの塩気とザワークラウトの酸味が絶妙。
一度食べたら、また食べたくなる味です。ぜひご賞味あれ!
 
デザートも抜かりなく!
お皿も、盛り付けも素敵。これは女性のハートをキャッチしますね~!


▲ストロベリーケーキ


▲自家製マフィン ベリー


▲チョコレートケーキ
 

「幅広い世代に楽しんでほしい」と語る代表の河井俊輔さん


▲MITARU COFEEEを運営する株式会社MOVE代表の河井俊輔さん

代表の河井俊輔さんにお話を伺いました!

都内・所沢市内・その他周辺エリアで複数店舗を持つ飲食店グループを経営する河井さん、実はこの場所で2020年7月に”居酒屋横丁”をオープンする企画を進行していました。

チェーン店ではなく、個性的な店がいくつか軒を連ねる「所沢の食の発信基地」とも言うべき空間です。
周辺をよく歩く方なら、「どんな場所になるのかしら?」と興味津々だったのではないでしょうか。
当時、所沢なびでも横丁のネーミング募集の記事を配信させていただきました。

ところが……、2020年春以降の新型コロナウイルス感染拡大により、横丁オープンは中止を余儀なくされました。


▲しばらくの間、このような姿のままでした。
 
それならば、と河井さん、この広々とした空間を生かし「カフェ」を作ろうと決めます。
 
心にあったのは20代の頃留学したアメリカ・サンフランシスコで通っていた自由な空気が漂うカフェ。
コーヒー豆は自家焙煎し、ハンドドリップして提供する、いわばサードウェーブ系「ロースターカフェ」です。
実は10年前から温めていたというカフェ構想、準備期間は6か月というスピードで、ミタルコーヒーがオープンすることになりました。

どんな人に来てもらいたいですか、との質問には「そういうのはないんです。どんな世代の方にも、どんなシチュエーションであっても、ここでの時間を楽しんでもらいたいですね」とすがすがしく答えてくれました。
 

▲オムツ替えも可能でママにはうれしい!店内にはスロープもあり、ベビーカーでもラクラク。

 

メニューには所沢エリアの食材を使用したものも!

所沢食材を使用したメニューにも注目しましょう。
 
自家製酵母ぱんが人気のベーカリーカフェ「いちあん」のパンと手づくりあんこを使用した、「あんバタートースト」がこちらで楽しめちゃうんです!
 
いいお店なんだけど駅から歩いていくにはちょっと時間がかかるなあ、というお店。
それが、駅近で楽しめるなんて嬉しいですね~!
 

もうちょっとお写真載せますね

レセプション時のお写真をもう少し載せていきましょう!


▲店舗脇のテラス席をご利用されていたお客様。「サンドイッチはいかがですか?」と伺うと「パンがパリパリでおいしい!」と答えてくださいました。


▲なんと薪ストーブもあってあったかい! 「所沢駅から最も近い薪ストーブのあるお店」なのではないでしょうか?(当社調べ)


▲サーブしてくれた店員さんもさわやか!


▲モーニングメニュー・ランチメニュー・ディナーメニューと時間帯を分けて営業。

今回、お写真でお伝えしましたが、ぜひみなさんもお店に足を運んで、その空間の居心地の良さや、おいしさを味わってくださいね!
 

■店舗詳細


【住所】埼玉県所沢市東町12-40
【営業時間】8:00~21:00 (12/5 より、閉店時間19:00となります) 年中無休
 
▶Facebook:mitarucoffee
▶instagram:mitarucoffee



記事の執筆者プロフィール

所沢なび編集部 ライター
2010年8月に所沢プロペ商店街に立地します商業施設「所沢サンプラザ」のメンバーにて設立しました。2011年3月の東日本大震災を機に、正確な情報発信の大切さを改めて実感し、本格的に活動を開始しました。

この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。