所沢の和菓子で春を先取り


和菓子宝月満開宣言

〜3月のお菓子「早春」「桜」「満菊」〜

▲3月のお菓子の様子(写真提供;和菓子 宝月)

 

季節を先取りして作られる和菓子の世界。3月になるとお菓子の花がさきほころびます。宝月さんオススメのお菓子を、少しだけお茶席風に紹介します。

                          2020年3月5日取材 カケミズ

 


【もくじ】
1.小さい春を見つける3月
2.宝月の3月のお菓子

 

1.小さい春を見つける3月 

大先輩には書を、友人からは茶花の写真を協力していただきました。

▲ボランティアライター ぶんさんの書

 

読み方「池塘(チトウ)春草(シュンソウ)を生(ショウ)ず」。

 

意味「池の堤には春の草が生えている」。待ちわびていた春が来た喜びを表している句です。

 

春の草がイソイソ芽吹く春の陽気。小さい春を見つけてはうれしくなる季節ですね。書や茶花を見る時のほっこりする気持ち、味わっていただけましたか?

 

さて、今月はどんなお菓子が並んでいるでしょうか?

 

2.宝月の3月のお菓子

春を代表するお菓子に「菜の花きんとん」「菜種きんとん」と呼ばれているものがあります。黄色と黄緑の練り切り菓子、見た目はちょうどこんな感じなのですが、…宝月さんの「早春」の中身はあんではないんですよ。

▲和菓子 宝月 「早春」

▲「早春」の断面

 

中身は栗。…この色合い…春ですねえ。

▲和菓子 宝月 「桜」

▲中はこしあん お菓子の蜜にも鳥が寄ってきましたよ

 

お店の方がちょっと変わったものがあるんです、と言って紹介してくださったのがこちら。

▲和菓子 宝月「満菊(マンギク)」

 

このお姿の神々しさ!ちらりと見えている紫と黄色の組み合わせがなんともいえません。

皮は求肥(ギュウヒ)と羊羹の張り合わせ。

▲中は白あん

 

和菓子を切る瞬間ってドキドキします。(楽しみにされていた方、見せてしまってごめんなさい。)

 

和菓子で気軽に季節を先取りしてみてはいかがでしょうか?

▲お菓子につられて桜も咲かないかなあ

 

和菓子 宝月

TEL/FAX 04-2943-0032

URLhttps://hougetsu-tokorozawa.jimdofree.com/

所沢市美原町1-2924-24


大きな地図で見る

 


記事のタグ:

記事の執筆者プロフィール

カケミズ Kakemizu
カケミズ KakemizuPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はI PadのアプリProcreateでイラストを描くこと。カメラは始めたばかりです。

頂いた応援メッセージ

  1. 色味がどれもきれいです。和菓子を食べてみたくなります。

  2. コメントありがとうございます。「満菊」が、色も味の組み合わせも初めてで特に感動しました。おすすめです☺️

もしよければ応援メッセージを頂けませんか?


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。