紅葉写真館2021 ~お散歩しながら撮影してきました~


 ボランティアライターじんです。所沢なび編集部さんから「紅葉の記事、誰か書きませんか?」って投げかけがあった際に手をあげて記事を作成したのがきっかけで、実は毎年のように作成しているこの「紅葉写真館」、今回はお散歩しながら途中で撮影してきた紅葉の写真を散策コースととともにお伝えしようと思います。
 

 

取材日:2021年12月12日 ボランティアライターじん

 

 
 所沢駅西口から西武園駅行きのバスに乗って「将軍塚」バス停で下車、松が丘の住宅地の中を歩いていくと八国山の入口に到着します。ここから尾根道を進んでいきました。
 

 
 尾根道からほっこり広場に下っていきました。この辺りは昨年、「いいトコ発信ところざわ トトロの生まれたところ!」https://tokorozawanavi.com/news-jin20201225/で訪れたところになります。
 

 
 ふたつ池を経由して八国山を後にしました。八国山たいけんの里、下宅部遺跡はっけんのもりを通っていきます。ここは縄文時代の生活様式を伝える出土品が多数出土された貴重な遺跡になります。ここから北川にそって歩き、上流の多摩湖を目指しました。
 

 
 多摩湖の堤防下に広がる狭山公園に到着しました。ここは12/16に公開されました「いいトコ発信ところざわ 秋のフォトウォーキング!」
https://tokorozawanavi.com/news-jin20211216/で訪れたところになります。季節が進みだいぶ公園の装いが変わりました。
 

 
 狭山公園を後にして、多摩湖の堤防を渡ってトトロの森6号地に進みました。ここからアルペンロードを通って菩提樹池を目指していきます。
 

 
 「いいトコ発信ところざわ 梅雨の合間の狭山丘陵を散策してきました」
https://tokorozawanavi.com/news-jin20200715/で訪れましたが、今回逆方向に進んでいます。
 
 菩提樹田んぼを経由して菩提樹池に到着しました。
 森の中にたたずむ水源の溜め池です。
 

 
 菩提樹池から雑魚入樹林地に向かいました。今回は堀口天満天神社の正面にでる道をたどって行きました。
 

 
 茶畑と紅葉が織りなす里山の光景に癒されました。
 

 
 長い距離を歩いてきたのでだいぶ日が傾きました。本日のお散歩のフィナーレはここ狭山湖です。
 

 
 紅葉に勝るとも劣らない夕焼けです。お散歩しながら紅葉を眺め、最後に湖の夕焼けで癒される、秋の一日を存分に楽しむことができました。身近に自然豊かな環境が残る所沢、やっぱり素敵なまちだと思います。この風景がずっと残っていきますように。



記事の執筆者プロフィール

じん Jin
写真を撮ったり、ランニングしたり、サイクリングしたりしながら、自然の中で過ごす時間を大事にしています。 すぐそばに素敵な自然が残されてる所沢が大好きです。 少しでも所沢の魅力がお伝えできるようにがんばります。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。