オナガちゃんが落ちてきた!~ななめ上からの訪問者~



関東では東京都清瀬市・東久留米市・世田谷区、埼玉県狭山市、千葉県柏市、神奈川県横浜市・瀬谷区・大和市でシンボルの鳥に指定されているくらいおなじみのどこでも見かける鳥ですが、四国と関西で生活してきた私には全く馴染みのなかった「オナガ」。自宅のベランダから見かけては撮影するのを楽しみにしています。我が家にはそろそろ幼鳥が訪れるシーズン。今までの訪問の様子をご紹介します。

鈍い衝撃音とともにこんにちは

3年前の在宅中、外壁に鈍い衝撃音とともにカラスとオナガのけたたましい叫び声が響き渡りました。いったい何事か?とベランダに出てみると、


▲オナガの幼鳥がベランダのすみに落ちてきていました。


▲幼鳥はすぐには逃げないようでいろいろな角度から観察することができました。

しばらくしてなんとか手すりに飛びあがり、我が家からの脱出に成功しました。

それから毎年、ななめ上からの訪れを楽しみにしています。

襲撃は突然に⁉︎

翌年は「恐怖の訪問(笑)」でした。いきなりだったのですよ!着地に失敗したのか、室内に入りたかったのか…。アルミサッシの窓枠に触れる爪のガシャガシャ言う音、羽根が網戸にバサバサ当たる音、困っているであろう金切声、かなりのホラーでした。

▲恐怖⁉︎の訪問
①突然降ってきて大暴れ(笑)怖いっちゅうねん!
②不思議そうに中を見つめているようでした。
③そうっとベランダに出て外から撮影してみました。侵入は諦めたようです。
④ベランダの手すりに上がって
⑤飛んで行きました。


▲お迎えが来ていましたよ。

オナガの特徴はなんと言っても長い尾(笑)。


▲少しずつ伸びていく様子がかわいらしいです。(頭は寝癖でしょうか??)

2羽の間に何があったのでしょう?

こんなに美しい鳥が、どんな鳴き声なのかと思いきや、なかなか騒々しい。「やかましい!」と腹立たしく思うこともありましたが、耳障りな鳴き声は「警戒音」らしく、いつもギューイギューイと大騒ぎしているわけではないそうです。

以前建物の3階くらいでカラスと戦っている状況に遭遇しました。近くに巣があるのか?縦横無尽の空中戦。(ものすごい迫力でしたよ。)でも写してみたく、常に持ち歩いていたコンパクトデジタルカメラで、方向に辺りをつけてシャッターを切るとこんな様子が写せていました。


▲自分よりかなり大きなカラスに攻撃。一体何があったのでしょうか?

自宅のベランダから富士山とオナガを撮ってみたい!

我が家のベランダからは小さいですが富士山を見ることができます。
富士山とオナガの組み合わせが、今の私にとっては「ザ・関東」のイメージ。一緒に写してみたく、挑戦しています。

住宅街なので電線が写る上に、飛んでいる鳥の撮影は私には難しいのですが、この状況でどこまで写せられるか、楽しみにしています。

▲現在のベストショットです(笑)

2021年6月


自宅の周りで見かけた幼鳥はこちらの記事で紹介しております。

●カッコウ、オナガにも托卵するんだってよ!(https://tokorozawanavi.com/news-kakemidu20210531/

●そのかわいさ反則級、シジュウカラ幼鳥(https://tokorozawanavi.com/news-kakemidu20210607/

●深さ18センチの世界を16分29秒〜スズメの子育てのぞいてみた〜https://tokorozawanavi.com/news-kakemidu20210617/



記事の執筆者プロフィール

カケミヅ KakemiduPRO
高知で生まれ育って2018年に埼玉に引っ越してきました。所沢なびライターとしてふるさとの文化についてご紹介できるようになれればと思っています。趣味はiPadでイラストを描くことです。

応援メッセージ大募集!

※採用されたメッセージを掲載いたします。
※ご質問やご要望などは「お問合せフォーム」からお願いします。
お問い合わせフォームにお寄せいただいたご質問は、1週間以内にご返信させていただきます。


この記事を気に入って頂けましたか?
所沢なびをフォローすると最新情報をお届けできます。